一枚の写真が物語ること

一枚の写真が物語ること - 沖縄の孤児院で働いていた女性たち - 沖縄戦孤児と朝鮮人慰安婦

[ AI によってカラー化しています。] 【原文】 Life in Shimobaru, one of civilian camps established on Okinawa in Ryukyus by U.S. Military Government. Old ladies' home and orphanage. Maintained by Military Government and manned by ex-geisha g…

伊江島にあった「慰安所」 - 伊江島の戦いを生き延びた一人の女性の写真が物語ること

沖縄には、わかっているだけで 140か所の日本軍の慰安所がありました。 日本軍は、その島に、東洋一とよばれるほどの立派な飛行場を作った。 そのため、いったん戦争が起こると、この島の住民の半数の住民が命を落とした。 伊江島の戦い、である。 それに先…

一枚の写真が物語ること「うつろな目の少女」 ~ 日本兵から殴る蹴るの暴行をうけ右目を失明した当時12歳だった男性が訴える、「沖縄県民はもっと怒って立ち上がらなければ」

《AIによるカラー処理》傷の手当を待つ少女。具志頭では軍医によるこのような治療が多く行われた。(1945年 6月21日撮影) A young Okinawan girl waits to receive medical treatment. The military government's doctors are treating a number of such ca…

沖縄戦 日本軍からも米軍からも「支配者のまなざし」をむけられる女性たち - その時、軍は女たちを守ったのか

PFC Criton P. Constantinides of 1035 Rosewood Drive, Atlanta, Ga. is shown combing comely Okinawan girl's hair. 顔立ちのよい沖縄女性の髪をくしけずるコンスタンティニディズ1等兵 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 沖縄の戦時性暴力についての…

一枚の写真が物語ること ~ 米軍に「パンチョ」と呼ばれた教師について

資料コード:0000112250 (1945年4月3日)「捕虜になるより銃殺」 《AIによるカラー処理》【原文】 An Okinawan teacher about 42 years old and a farm boy, 14, are brought in for questioning. The old man wanted to be shot rather than be taken. The b…