150516『沖縄返還と密約 ~アメリカの対日外交戦略~ 』

BS世界のドキュメンタリー 「核抜き、本土並み」を謳い文句に進められた沖縄返還から38年。その交渉の舞台裏で結ばれた“密約”が明るみに出た。(※この番組の放送は2010年) 有事の際の日本への核兵器の持ち込み。 協定で定めた日本の財政負担、3億2000万ドル…

一中鉄血勤皇隊 急造爆雷を背負わされ

【Archive 2-14】今回の復刻は一中鉄血勤皇隊について 琉球新報『戦禍を掘る』 一中鉄血勤皇隊 砲音の中 卒業式 生徒たちも不安と緊張 修業年限を短縮 レコードではかない抵抗 激しくなる空襲 女学生は看護隊員へ 階級の違い実感 初めて軍服着てはしゃぐ 初…

皇軍には「皆無」!? ~ 『隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~』

イラク派兵の自衛官自殺率は一般男性のそれより低い !? 皇軍には砲弾病は「皆無」!? 沖縄戦の戦闘疲労症 (battle fatigue) 米軍の対応 - 第82野戦病院 ❶ 隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~ 前編 ❷ 隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人…

160820 沖縄 空白の1年 ~ 基地の島”はこうして生まれた ~

NHKスペシャル 沖縄 空白の1年~“基地の島”はこうして生まれた~ 1945年8月15日、本土の人々が太平洋戦争の終わりを告げる玉音放送を聞き、悲嘆に暮れる中、沖縄では、人口のおよそ9割が「収容所」に入れられるなど、全く別の「戦後」がはじまろう…

終わりなき沖縄戦 ~ 牛島司令官、最後の命令

6月23日は、沖縄の慰霊の日。この日は、多くの人が「沖縄戦が終結した日」と考えているのではないでしょうか。しかし、正確ではありません。 牛島満軍司令官は自決の前に最後の命令を出しました。それは、「最後まで敢闘し、悠久の大義に生くべし」…つま…

「チビチリガマとシムクガマ ~ 二つのガマから見えるもの」

youtu.be

北海道と沖縄、を捨て石として利用する政府のやり方 ~ 『沖縄 終わりなき持久戦の結末 ~ 陸軍第24師団 ~』

イラク派兵の時も北海道の部隊からおくりこまれた。 北海道では、「軍都」と言われた旭川市が、郷土部隊の編成地となり、北海道出身の兵士で構成された部隊が次々に激戦地に送られました。そのうち、旭川・歩兵第28連隊は、昭和14年の「ノモンハン事件」…

『沖縄戦 住民を巻き込んだ悲劇の戦場 ~山形県・歩兵第32連隊~』

沖縄戦 住民を巻き込んだ悲劇の戦場 ~山形県・歩兵第32連隊~ [証言記録 兵士たちの戦争]NHK 戦争証言アーカイブス 太平洋戦争で、国内 最大規模の地上戦の舞台となった沖縄本島では、住民を巻き込んだせい惨な戦いが繰り広げられた。 日本の敗色が濃厚…

戦後70年の地平から『伊江島での戦闘』 ~ 東洋一の日本軍の基地は島を守っただろうか

なぜ沖縄は基地に反対するのか。 その答えは、そんなに難しくはありません。 日本軍は伊江島にやってきて、東洋一とよばれるほどの飛行場基地を構築した。 戦争がやってきたとき 東洋一の基地は、島を守っただろうか。 その重い答えを、 本土のみなさんでし…

150614『沖縄戦 全記録』

NHKスペシャル 沖縄戦 全記録 70年経った今も続々と見つかる物言わぬ遺骨。太平洋戦争中、地上戦としては最大の民間人犠牲者を数えた「沖縄戦」。なぜ、9万人超もの住民の命が奪われるに至ったのかー。NHKは、これまで明らかになっていなかった沖縄戦…

090125『女たちの地上戦』

ETV特集 1月25日 「女たちの地上戦」 沖縄戦の惨劇を、200人以上の人々が赤裸々に証言した録音テープが見つかった。まだ戦争の記憶が生々しかった1960年代に収録された沖縄戦の聞き取り調査の録音テープだ。その多くは、ワカメ状に変形していたが、特殊な溶…

150815『“書きかえられた”沖縄戦 ~ 国家と戦死者・知られざる記録』

“書きかえられた”沖縄戦 ~国家と戦死者・知られざる記録~ NHK ETV (2015/8/15) アジア・太平洋で膨大な戦死者を出したあの戦争から70年。日本人だけで310万人を超す犠牲に、国はどう向き合ってきたのか? そのことを考える上で、重要な場所がある。太…

【Archive 1-8】糸満市喜屋武 - ギンネムの林の中でひっそり眠る遺骨

戦禍を掘る 出会いの十字路 [16]ギンネムの林の中でひっそり眠る遺骨 肉親救出の間もなく逃避 また一つ戦時中の遺骨が発見された。沖縄戦の激戦地の一つ、糸満市の喜屋武岬近くのやぶの中だ。近くに釣りに来た那覇市小禄の I さん(35)がエサになるヤ…

読谷村伊良皆クニー山壕の悲劇 - いまも嘉手納弾薬庫内のどこかに眠る16名の遺体

[8]クニー山壕(上)薄暗い壕内で沈黙 [9]クニー山壕(下)日本兵が米兵射殺 クーニー山壕での「集団自決」 1945年4月2日 伊良皆クーニー山壕の集団自決 伊良皆の人々は生き残った人たちもみな4月3日までには米軍にとらえられ、楚辺の収容所に送られた…

【Archive 2-14】県立第一高等女学校 ひめゆり学徒隊 - 女学生の「集団自決」

[81]女学生の集団自決(1)「太陽見て死にたい」 [82]女学生の集団自決(2)投降呼びかける米兵 [83]女学生の集団自決(3)捕まったら八つざき [84]女学生の集団自決(4)自決覚悟、身の回り品整理 [85]女学生の集団自決(5)避難…

農林鉄血勤皇隊 見捨てられた学徒隊

農林鉄血勤皇隊 戦禍を掘る 第2部・学徒動員 空襲受け級友即死 壕を出て空き家で休息中 南下か、北上か… 壕の中で“運命の選択” 宇土部隊に合流 本部の伊豆味 銃と軍服支給される 見捨てられた学徒隊 真部山を脱出 「このままでは死ぬ」 食料分け与えぬ日本…

宮古島の沖縄戦

《東京新聞》 「餓死」の島 戦争マラリアの悲劇(上)飢えと病の地獄があった 2018年8月5日 朝刊 「宮古ブルー」と呼ばれる美しい海に引かれ多くの観光客が訪れる。後方は無料で渡れる橋としては日本最長の伊良部大橋=沖縄県宮古島市で(潟沼義樹撮影)写真…

沈黙に向き合う - 伊是名島虐殺事件

琉球新報・連載 2018年1月10日 沈黙に向き合う・沖縄戦聞き取り47年 石原昌家(9) 伊是名島虐殺事件①陸軍中野学校出身者と日本軍将兵らが、漂着した米兵3人と、奄美の少年らを虐殺。島の「駐在巡査」も加担。 2018年1月11日沈黙に向き合う・沖縄戦聞き取…

カンカラ三線と、ナバホのドラム - アメリカ先住民暗号部隊の沖縄戦 - 写真に記録された三人のナバホ・コードトーカーズ

アラカキ自転車店の前で写真に写るナバホ・コードトーカー。 沖縄戦とアメリカ先住民 米軍の諜報戦略とマイノリティー レスリー・ヘミストリートとナバホのドラム サミュエル・サンドバル、ナバホ戦争暗号の創設メンバー ジミー・D・ベナリーとアラカキ自転…

久米島の日本軍 海軍通信隊の鹿山正隊長と陸軍中野学校の上原敏夫

久米島は那覇市の西方100 km の東シナ海に浮かぶ周囲48 km、人口約一万数千人の島で、 沖縄戦では米軍の作戦計画(アイスバーグ作戦)の攻撃目標からもはずされ、日本軍の守備部隊も配置されない孤立した島であったから、本来は戦争の惨劇とは程遠い平和の島の…

沖縄戦 震える少女 「あんねーる戦でぃ、むるうらんなてぃ」

こんな小さな子供が戦場をさまよった。 今日は慰霊の日。 74年の月日を経て、 米軍の記録映像で有名な、あの戦場で震えていた小さな子ども。それは自分だったと名乗りでられたかたがいます。 「あんねーる戦(いくさ)でぃ、むるうらんなてぃ(あんな戦争…

【試論】沖縄戦写真を AI (人工知能) で自動色付けして気が付くこと ① 「オリジナル」が適正な色調であるとは限らない場合、よりリアルな色調を復元することができる

( 1 ) オリジナルとして記録されている写真がすべて適正な色調の状態であるというわけではない場合 写真 ① の場合 (資料コード0000112184) 写真 ➁ の場合 (資料コード0000112184) 写真 ➂ の場合 (資料コード0000112184) 沖縄戦の白黒記録写真を AI (人工知能)…

うみんちゅの沖縄戦 - 兵隊は漁師を探しにきた

第3章 沖縄戦デジタルアーカイブ - 沖縄戦デジタルアーカイブ「戦世からぬ伝言」 | 沖縄タイムス+プラス サバニで参謀を与論へ 天妃小学校を卒業するまでは母と那覇にいた。卒業後に糸満で漁師修行をした。2年で叔母さんの元に移って、追い込み漁などをし…

一枚の写真が物語ること - 沖縄の孤児院で働いていた女性たち - 沖縄戦孤児と慰安婦

[ AI によってカラー化しています。] 【原文】 Life in Shimobaru, one of civilian camps established on Okinawa in Ryukyus by U.S. Military Government. Old ladies' home and orphanage. Maintained by Military Government and manned by ex-geisha g…

伊江島にあった「慰安所」 - 伊江島の戦いを生き延びた一人の女性の写真が物語ること

沖縄には、わかっているだけで 140か所の日本軍の慰安所がありました。 日本軍は、その島に、東洋一とよばれるほどの立派な飛行場を作った。そのため、いったん戦争が起こると、この島の住民の半数の住民が命を落とした。 伊江島の戦い、である。 それに先立…

「集団自決」とは何だったのか - テラブガマの「集団自決」

なぜこんな悲劇が起こったのか 生かされた子孫は、 その悲劇の暗い水底をしっかりと見つめていきたい。 そこかしこに日本兵がいた。 そしてガマにはたくさんの手りゅう弾があった。日本兵が銃を構えて、それを合図にみんなで死のうということになった。 沖縄…

沖縄戦当時、日本軍の駐留を拒み島民を守った「前島」で、自衛隊が渡嘉敷村に通知しないまま訓練を続けていたという件

日本軍基地を拒絶し、住民の命を守った前島 日本軍の基地を拒絶して島を守った「前島」 2018年12月10日、空自が通知なく訓練を続けていた実態判明 空自、通知なく訓練/渡嘉敷村前島「永久承諾」を主張 空自「理解されているものと…」渡嘉敷村「知らなかった…

閉鎖はありえない - 県は「沖縄平和学習アーカイブ」の管理運営を (県や企業でなく) 学術機関に委託してください !

( 1 ) 多元的デジタルアーカイブスとは? ( 2 ) 「記憶の解凍」ニューラルネットワークとは ? ( 3 ) 進化し続けるデジタルアーカイブスの可能性 ( 4 ) 一方、沖縄のアーカイブは・・・ ( 5 ) 沖縄戦の歴史は、県民の命の歴史である 沖縄平和研究アーカイブを…

なぜ !? 沖縄平和学習デジタルアーカイブが5年で運営停止 !? - 5千万近くの予算が投じられた未来の世代のためのアーカイブス、担当部署の方は早急に対応してください !

驚いています。 沖縄県が運営するサイト、沖縄平和学習デジタルアーカイブがアクセスできなくなっています。 沖縄戦から73年の年月を経て、沖縄戦の証言を生で聞くことも年々困難になり、昨年のチビチリガマ破壊事件にもみられるように、沖縄戦の歴史継承…

僕たちは野蛮人になってしまった - ある19歳の青年の沖縄戦 - 何もわからないまま戦場におくりこまれ、何も考えることできなかった

僕たちは野蛮人になってしまった - ある19歳の青年の沖縄戦 - 何もわからないまま戦場におくりこまれ、何も考えることできなかった。 勇ましく愛国的な言葉で戦争ムードを造成していくやつらは決して前線にたつことはない。沖縄戦で、箱爆雷を持たされて、…