沖縄戦証言 (2) 座間味

 

コンコーダンス用の書きおこしです。誤字などがありますので、必ず原典をお確かめください。《沖縄県史第9巻(1971年琉球政府編)および沖縄県史第10巻(1974年沖縄県教育委員会編)》

 

資の係であったため、必要となれば、相手が将校さんでもありますから豊富に物資を手に入れることができ、その点では、全く、不自由することはありませんでした。戦争とはいっても、十九年の十月十日以来それといったはげしい空襲もなく、そんなに不安のない日々を送っていました。

 

二十年、三月二十三日、翌日の卒業式に備えて事務所でガリ刷りの仕事があったため出勤していると、何かいやに飛行機が飛びまわっているので、「また港の船を攻撃しに来たな」とばかり思っていました。ところが午前十一時を過ぎた頃、突然、低空と共にすごい射撃に見舞われたため、みんな大さわぎしてしまい、それが止むまでは近くに掘ってあった事務所の壕に避難することになりました。避難していながら、家族の事が気になり「親子別々に死んでいくのか」とばかり思っていました。「やっと日が暮れて空襲も下火になった頃、それとばかりに壕を飛びだして我が家へ戻ってみると、家はほとんどこわされてしまい、みんな山へ避難したらしくだれ一人残っているものはいません。何を考えたのか、家族が避難している山へ行く気はせず、部落内をただ、ブラブラと歩き回ってみました。

 

所々、瓦礫が散らばり、人一人と歩くようすがありません。歩き続けていると山の方の壕へたどりつきました。そこの壕に避難していた人々は、全員爆風にやられ、ずいぶん死傷者を出していました。その中に健ちゃんという子が腹をやられ死んでいたため、私はその子を抱いて遺体を家へ届けてきました。再び壕へ戻ってみると助役さんがいたので、いろいろ事情を聞かせてもらいました。そして二人で学校の方の状況を伺いに行ってみますと、爆風で大ケガした人や、死人までいるのでかたづけてまわりました。その時、水谷少尉という方が私の行動を見て、「おツルさん、(当時、私の名前はツルとよばれていたため、水谷少尉はいつも、おツルさんといっていました。)あなたは戦争が終わったら勲章がもらえるよ。頑張りなさいよ、おツルさん」と言って去っていきました。

 

片づけが済んで、私の家に宿泊している将校の長谷川さんが、爆風でケガをしているという事を耳にしたので、何かかわいそうになり、その人を夢中でさがしていると、私の近くに爆弾が落ちたため、いそいで通信隊の隊の中に逃げこみました。その時からは激しい空襲で、長谷川さんをさがしに歩き回ることなんてとうていできません。ところがしばらくして気がついてみると何とその壕の中にさがし歩いていた長谷川さんがはいっているのです。やはり大ケガをしていました。

 

少し空が止んだと思った頃、「今だ」ということでケガした長谷川さんを同僚がかつぎ、私はひきずっている足をささえて医務室の壊に向かいました。逆方向からは故機の来襲があるため、かくれては歩きのくり返しをしながらやっと医務室にたどりつくことができました。

 

長谷川さんを無事医務室まで運んで安心した頃、両親や我が子の安否が気になり出したため、それからは山へ家族をさがしに行きました。やっとさがしあてて胸をなでおろすや否や、父にさんざん叱られるはめになってしまいました。しばらくして、私達が避難している壕は立ちのきを命ぜられたため、産業組合の壕へ行くことになりました。

 

産業組合の壕はさいしょ、帳簿や食糧がたくさん保管されていたため、特別に公職以外の人ははいれませんでしたが、連れの老父母や子供たちがかわいそうなので、家族をつれてそこに避難しました。私達だけでなく、いざとなると帳簿や食糧をすみに片づけて大ぜいの人がはいってきたものでした。

 

二十三日から始まった戦闘は相変わらず衰えることなく、二十五日晩の「全員自決するから忠魂碑の前に集まるよう」連絡を受けた頃などは、艦砲射撃が激しく島全体を揺るがしている感じです。「このような激しい戦闘では生きる望みもないから」ということで、命令を受けると、みんなは一張らの服を取り出して身仕度を整えました。

 

私の主人は戦争前に亡くなっていたため、忠魂碑に向かう前に子供たちに、「死んだらお父さんに会えるから、一緒にお父さんの所へ行こうね。」と言うと、子供たちは目を輝やかせて、いじらしくもうなずいてくれました。

 

私はきれいな服も何もないので、そのままの恰好で帳線と現金をもって娘をおぶり、父と母は上の二人の子の手をひいて、私の家族が先に壊を出て行きました。

 

阿佐道の方に出てみると、艦砲射盤が激しいので、私達は伏せながら歩き続け、やっと忠魂碑前にたどりつきました。しかし、そこには私の家族の他に、校長先生とその奥さん、それに別の一家族いるだけで他にだれも見当りません。死にに来たつもりのものが、人が少ないのと、まっ赤な火が近くを飛んで行くのとで不安を覚え、死ぬのがこわくなってきました。

 

ほんとに不思議なものです。「死」そのものは何もこわくないのです。けれども、自分たちだけ弾にあたって「死ぬ」という事と、みんなと一緒に自ら手を下して「死ぬ」という事とは、言葉の上では同じ「死」を意味しても、気持ちの上では全く別のものでした。その気持はうまく言えません。結局、逃げようということで、産業組合の塚にひき返してきました。

 

ところが、私達が戻って来た時にはすでに組合の壕は閉じられて内鍵がかかり、はいれなくなっていたのです。先程まできれいに身仕度を整えていた人たちは、私の家族以外、だれ一人出てきていません。しようがないので、どうせ死ぬのに変わりないからと、ちょうど向かいにあいていた壕を死に場所に決めることにしました。

 

さて、いざその壕へはいろうとした時、父がいないことに気がつきました。あまり、足が丈夫ではないので歩くのが遅くてどこかではぐれたのでしょう。しばらくは心配で待っていましたが、しまいにはもう自分たちも死ぬのだからどうでもよいという気持になり、先に壕へはっていることにしました。

 

壕の入口には古昼が立てられていて、半間ほどは開けられていました。私はその半間から、持っていた荷物を中に押しやり、母と子供たちは奥に、私は入口の方に概たわっていました。授つかれないままにじっと身を横たえていると、突然、畳が動き出したのです。人の姿は見えないのに、ゆっくりゆっくり止まっては動きと、再三同じ行動を繰り返されました。

 

また、外に於いては機関銃の音がしたり話し声が聞こえるので、朝鮮人か友軍が応援にかけつけたのだろうと思いました。しかし、やはり安心できません。緊張し続けていると昼の間から、中の方へいきなり手りゅう弾ふうなものが投げ込まれ、私の足元で爆発しましたが自分の事より母や子供たちの事が気になり、破裂音と共に反射的に母や子供たちの名を呼んだものです。幸い、私はズックをはいていたため、また、あまり多くは投げこまれなかったため、だれもケガすることはありませんでした。その塚は私の家族だけとばかり思っていたら、爆発音を聞いて奥の方から二、三の家族も出てきました。もう、壕の中の人たちも安心してはおれない表情です。おまけに、動き続けている昼も、やむ様子がありません。私は、最初は不思議だ、不思議だとばかり思っていましたが、外に出て、確めなければ気が済みません。思い切ってとび出してみました。

 

何とマア、外には米兵が壊の前から山のあたりまでずらっと並んで立っているのです。畳が動いていたのは、彼らが壕の中を確めるつもりだったのでしょう。

 

大ぜいの外人を前にして私は何を思ったのか急いで米兵の方にかけより、「兵隊さん、こんにちは」とあいさつをしたのです。そして手まね、足まねで、「兵隊さん、私達はどうせ死ぬ身ですから、私達だけここで死ぬよりは、向こうの方の壕にはたくさんの人がいますので、みんなと一緒に死なせて下さい。みんなの所に案内しますから、さあ、ついてきて下さい」

 

言葉の相違なんて念頭にないものですから、夢中でゼスチャーたっぷりに語りかけると、一人の米兵が流ちょうな日本語で、「おばさん、心配するな。」と言ってくれたので、何か、親しみがわいてくるようでした。

 

彼らとのやりとりに一生懸命になって、母や子供たちの事をすっかり忘れていた頃、壕の中にかくれていた一人の知人が私のそばからスッとでてきて別の方の塚へと逃げて行きました。それに釣られて母や子供たちも婦人の後を追って走っていったため、「一人残されては......」と米兵たちをそっちのけに、私も後を追って行きました。

 

やっとたどりついた袋の入口に、今度は、一人の日本兵が倒れていたので最初に逃げた婦人が、「ここに人が死んでいる」というのでびっくりしてしまい、今来た道をさらにひき返したため私達もその後を追って内川の塚の方へ走り出しました。前に、内川の壕に手りゅう弾を持っている人がいると聞いていたので、とっさにひらめいての行動でした。その場の中には校長先生はじめ、学校の職員がはいっていたので一緒に入れてもらうことにしました。

 

そこで、私の姉が校長先生に向かって、「先生、たくさんのアメリカー達が上陸してきました。産業組合の壕ではみんな自決しています」と言ったので、もう、みんなびっくりした表情です。

 

私は校長先生に一緒に玉砕させてくれるようお願いしました。すると校長先生は快く引受けてくれ、身仕度を整えるよういいつけました。「天皇陛下バンザイ」をみんなで唱え、「死ぬ気持を惜しまないでりっぱに死んでいきましょう」と言ってから、一人の年賢の女の先生が、だれかに当たるだろうとめくらめっぽうに手りゅう弾を投げつけました。その中の二コが一人の若い女の先生と女の子にあたり、先生は即死で、女の子は重傷を負いました。私は校長先生に、「先生はみんなが死ぬのを見届けてから死ぬようにして下さい。」と頼んでから、みんながのどがかわいたというので、壊の前を流れている川へ洗面器や、やかんをもって水をくみに行きました。

 

外では月が壕の中の悲劇を無視するかの如くこうこうと照り、その光りで米兵が鉄帽をかぶって立っている様子がはっきり伺えます。

 

水をくんで壕に戻ると、重傷を負った女の子が、「おばさん、苦しいよー、水、水......」と水を要求してきました。傷口からは息がもれて、非常に苦しそうです。その子とかかわっている最中、突然、校長先生が、奥さんの首を切り始めました。すると奥さんの方は切られながらも、「お父さん、まだですよ。もう少しですよ」と言っています。そこら一帯は血がとびちり、帳簿などにも血がべっとりとくっつきました。

 

校長先生は奥さんの首を切り終えると、先程最後に死んでくれるようお願いしたにも拘らず、今度は自らの首を切ったため、「シューッ」と血の出る音と同時に倒れてしまいました。私達はびっくりして校長先生の名前を呼び続けましたが、もう何の反応もありません。私の着ている服は返り血をあびて、まっ赤に染まってしまいました。

 

未遂に終わった奥さんは私に、「お父さんのそばに殻かせて手をくませて下さい」だとか、「もし私が死んだら、故郷(佐敷村)に連れて行って下さい」だとか、後々の事を要求してきました。最後には、重傷の女の子も息をひきとりました。二、三の家族は死ぬのがこわいということで別の場へ行ってしまいましたが、私達や残った家族は最後まで死ぬ覚悟で、いつまでも壕の中にいました。

 

さて、どのようにして死んだらいいものかと、武器を調べてみると、手りゅう弾一コとカミソリしかありません。手りゅう弾では失敗するかも知れないと、年輩の女の先生は、カミソリを取り出して自分の子供たちの首を切り、最後に自分の首をきりましたが、みんな未遂に終わりました。私はそれを見てかわいそうになり、「どうせ死んでしまうんだから」と水をくんできて与えようとしましたが飲みたがる様子もありませんでした。私遂のいた嫁は入口が二つになり、中の方で一つになっていたため、米兵をごまかす意味である作戦を考え出しました。つまり、二つの入口のそれぞれに、自決ですでに息をひきとった人を一人ずっ出して横たえ、「中の人間はすでにみんな死んでしまった」と米兵に思わせようという、今から考えれば、ほんとに単純な考えなのです。

 

ところが、実行に移ろうか、どうしようかという所へ、父が私や子供たちの名を呼びながらやって来ました。「これは大変な事に!なった」と思い、しばらくは返事をしてやらなかったので、父はさかんに呼び続けています。あまりにもただならぬ様子なので、声のする方へ出てみると何とうしろにたくさんの米兵を従えて来ているではありませんか。今まで行方をくらましていたのは、どうやら真-先に米兵につかまっていたようです。父は子供たちを連れて出てくるように言うので、私は断わりました。すると、「役所の人や村の人たちはみんな出てきた。お楽子やたばこ、毛布もたくさんある。ここで子供たちを飢えさせないで早く連れてきなさい」と言うのに対して、私はさらに断わり続けると、「お前はいいから子供たちだけは出しなさい」と言う。

 

私は父が言っていることがほんとかどうか確めたくて、一応中に、いる人たちに断わってから役所まで見に行くことにしました。米兵につきそわれて通りを歩いていると、カメラを向けている人がいるのには、機関銃を向けているのと間違てびっくりしました。

 

役所に着いてみるとなるほど、村民はみんな集まっています。それを確認した後、帰ろうとした所へ米兵が、ケガをした人がいるかどうかたずねてきました。私が「いる」と答えると、その状況をいろいろ聞かしてくれるよう言われたので、ありのままのことを話しました。話し終えると米兵は急いでタンカを持ち出して来たのです。私は、壕の中にいる人たちをみんな出さざるを得ない立場になってしまいました。

 

しようがないので、壕に引き返すと、さっそく中にはいっている人達に、「みんな捕虜になってしまった。私達も一緒に出て行きましょう」と誘ったが、「いやだ」とだけしか答えてくれません。未遂で終った校長先生の奥さんは「私はお父さんの後を追って死ぬのです。どんな事があっても絶対出て行きません」というので私は、

 

「どうせ私達も生き延びようとは思っていません。出てから一緒に死にましょう」と説得した上で、やっと壕から逃れ出して病院へ行きました。病院とはいっても、焼け残った家を使用したものです。

 

その奥さんは、校長先生を失なってからは身内がいないため、一切、私が面倒を見なければいけなくなってしまいました。その上、若い女性が少ないため、看護婦の仕事まで引き受けなければいけません。幸い、私の家族は役所に収容されていたので別に手をやくほどでもなく、私は与えられた仕事に専念することができました。

 

普通でも忙しさに追われているにもかかわらず、校長先生の奥さんの病状が悪化したことと、さらに座間味村の多くの病人の他に、渡嘉敷村や阿波述部落からも次々病人が述ばれて来るのとで、目の回るほどの忙しさです。

 

渡嘉敷村の人たちは、鍬や、ナタを使って自決を計ったらしく、体の一部分に敏のたてられた跡が残っている人もいます。私は後か随ら運ばれてきた患者に対しても、外人から食物をもらって与えたり、水や、さがしてきたカツオ節などを与えたりしました。しばらくしてから、伊江島からもたくさんの病人が運ばれてきたため、私の忙しさは、さらに輪をかけられる状態になりました。

 

渡嘉敷から来た重体思者の中に、一家玉砕し、一人だけ未遂に終わり、米兵に救われた女の子が運ばれてきていました。名前は房子と呼ばれていました。房子はあまりにも残酷な父母の玉砕を見せつけられたため、米兵に対してひどい敵がい心を持ち、その上、生きる気力を全く失っていました。私はその子がかわいそうに思えてならないので、ずっとつきっきりで看病していましたが、顔色は悪く、食事を与えれば、すべて吐き出してしまうといった始末です。

 

その日の晩は大雨が降ったため、「自分の家族はこの大雨でみんな流されてしまうに違いない」と房子は家族の事が気がかりらしく泣き通しでした。精神的な負担も重なったせいか、彼女の片肺は内出血がひどく、手術を受けなければ三日ともたないという状態にまでなってしまいました。そして、その頃からは呼吸も正常ではなく、酸素ボンベを使用していました。

 

通訳を通して房子を手術室に連れてくるよう言われたため、すかして連れて行こうとするのですが、「死んだ方がいい」の一点ばりで言う事を聞いてくれません。「あなたが死ぬのだったら私も一緒に死んであげるから」とやっとすかすことができ、手術を受けさせました。手術室には、一緒に入れてもらって立ち会う事にしました。手術する時、まず最初に背中の方にメスを入れると、突然、内部にたまっていた膿が、ビューッとふき出し、手術を担当していた医者の顔にまともにかかってしまいました。ところが、何一ついやな顔せず、今度は、切口からゴム管を通して、膿が外に出るしかけをしました。医学の発達ぶりには、目をみはることばかりでした。

 

その後、入院中は、ずっと房子につきっきりで、我が子同様の事としてめんどうをみてやりました。

 

捕虜となって座間味部落で生活していた住民は、阿佐部落と阿真部落の二か所に分かれて生活することになったため、私達家族は、阿真部落へ行かなければなりません。私は、房子を手放すわけにはいかず、我が子として育てようと思い、一緒に逃れて行きました。

 

夜、寝る時は私の子供たちをおしのけて、必ず私のそばに寝るのだと、せまい中をわりこんで来る時もあり、それを見ていると、とても愛らしくなって、このかわいそうな子をどうしても一人前に育て、私の家から嫁に出してやるのだと決心までしていました。

 

ところがその決心も束の間、座間味部落の人が阿佐部落や、阿真部落で生活することになってから、渡嘉敷村の人や、伊江島の人々は全員帰されることになり、部落の一か所に集まるよう、呼びかけている様子です。それでも、私はこの子だけは帰すまいと頑張っていましたが、一人集まり、二人集まりで人数が増えた頃、何と玉砕して死んでしまったはずの房子の父親と祖父がその中に加わっているのです。自分の娘として育てようと思っても、肉親があらわれた以上、そうはいきません。帰るのをいやがっている房子を説得してやっと父親や祖父と共に帰してやりました。

 

これまで他人のために懸命になり、家族の事を両親にまかせたきりということで、悪口を言われた事も度々でしたが、自分は決してまちがった事はしてきてないつもりだ、という確信があったため、そのような悪口に屈するような事はありませんでした。

 

その甲斐あってか、現在では兵隊さんの奥さんや御両親と文通したり面会したりが続いていますし、また、三月二十六日の慰霊祭には役所宛や私個人宛に、毎年のように戦死された方々へのお供物や衣類、たまには、学校宛に替物が送られてきます。

 

そして、渡嘉敷の房子とは、今でも親子のようなつき合いが続いています。亡くなられた兵隊さんたちに対しては、今後、惜しむことなく供養を続けていきたいと思っています。

 

集団自決

座間味村字座間味宮平初子(十六歳)

昭和二十年三月二十三日、その日は空襲があるのも知らず、午前中は家族で畑に出かけていたため、空襲が始まってから死にものぐるいで家に帰ってきた。私達が山道を下りてくる時には、学校は焼け、近くの防空壕にかくれていた人たちはほとんどが爆風でやられたらしく、掘り出している所だった。私達は、その日から壕での生活が始まった。

 

二十五日の晩、忠魂碑の前で玉砕するから集まれ、との連絡を受けたため、今日は最後の日だから、と豚を一頭つぶしみそ煮をして食べたが、なまにえであったにも拘らずひもじさも手伝ってか、あの時の味は何とも言えないおいしさでした。食事を終えてからきれいな着物をとりだし身づくろいをしてから、忠魂碑の前まで家族で行ってみるとだれもいない。しようがないので部落民をさがして近くの壕まで行ってみると、そこには部落民や兵隊らがいっぱいしている。私達の家族まではいると、あふれる状態でした。それでもむりにつめて、家族はまとまってすわれなかったが適当にあっちこちにすわることにした。中にいる兵隊が、「明日は上陸だから民間人を生かしておくわけにはいかない。いざとなったらこれで死になさい」と手榴弾がわたされた。その頃から兵隊たちは頭に日の丸のはちまきをしめている。しかし例え手りゅう弾を手にしても、こわくて死ぬ気になんかなれない。その時の時間は午前四時頃と思われた。

 

私達はいつでもここに残っていてもどうしようもないので自分たちの壊で玉砕しようと再び引き返していった。私達姉弟三人は父母の後をただ言われるままについていった。

 

夜明け方、何となく外が騒々しいので、朝鮮人でもいるのかな、と思って耳をすませてみると音楽が何となく違う感じがする。もしかするとフィリピン人かも知れない、と思い入口をあけてみると、米兵が壊の前にずらりとならんでいる。あまりの数に私達はびっくりして、さっさと死ななければ、と思い、まず父がかたい紐で私達四人の首をしめたが、なかなか死ぬことができない。これではだめだと思い、今度は父が南洋から持ってきたカミソリがあったため、それで首を切ることにした。まず初めに、母の首を切り、次に私の首を切った。私は、何かノド元をさわったかな、と思うと同時になま暖かい血が胸を流れはじめたため、その時首が切れたんだな、と思った。そして次には、弟、妹という順で切っていくと、母が、「まだ死ねないからもう一度切ってごらん」というので父は、それでは、と再び母のノド元を切りつけた。その時に弟は、「おとうさん」という一声を出してそのまま倒れてしまい出血多昼で死んでしまった。最後に父も自分の首を切っていた。

 

昼に近い時間と思われた頃、米兵と父の友人が私達の壕の中にはいってきて、その人が父の名を呼びながら「どうしてこのような事をしたのか」というのが、夢うつつに聞こえていた。それから私と弟の二人は死んだものと思ったのか、二人を壕の前の道に引き出し父母と妹の三人を運び出していった。それから夕方頃、何かあたりの騒々しさに気が付いたので、私はまだ生きているのだな、と思っていたが起きる気力もないため、そのまま目をとじて道に投げ出されたままになっていた。

 

二、三日過ぎただろうか。ふと気がついてみると、米兵がやってきて目をあけたり脈をとったりしてさかんに私の体を調べている。私はそのまま連れて行かれると大変だ、と思い、せいいっぱい死んだふりして息をとめたりしたが、それだけでごまかせるものではない。生きていると思ったのか私をむしろに包み病院に連れていった。そこについて、あたりを見回してみると、すでに母や妹が治療をうけていた。やはり意識はもうろうとしているため、あっちこちから声がかかるが何を言っているのかさっぱり聞きとれない。私は重傷だということで別の病院に移され、リンゲルの注射をされた。

 

入院して二週間程で傷はなおっていたが、人と話しができるくらいの声はでてこない。今まで、兵隊たちと一緒に働いていたところが病院になっていて、「一体どうしてこんなことになったの」というのに、答えようとすると声にはならなかった。母の場合は二回切られたせいか米兵がひきあげるまで入院していたが、傷がなおるにつれてのどがしめつけられるため息ができないということでのどの方に穴をあけ、そこに管を通してやっと息ができるようにしているが、現在でも十分に声を出すことができずのどにはいつもハンカチをあて、話しをする時には、手でハンカチをおさえながら、穴をふさぐ格好にして話しをしなければ空気がもれて、聞きとれない状態である。

 

壕生活

座間味村字座間味宮里ヘ(四五歳)

親せきが病気で亡くなってから四十九日の日、私は焼香しに出か久けていた。是の日は朝から戦争の気流が頭い、外出にも家族の取を気にしながら出かけていった。焼香を済ませた後、何かしら飛行機の爆音が激しいため、その家のおじいさんが、様子が変だから、と帰るようにすすめてくれた。空を見ると敵機が島の前をさかんに飛び続けている。急いで家にひき返すと、娘がふろ敷包みをかかえて避難しようとしている様子が見える。その頃からは空襲が激しくなり、島全体が爆撃に包まれてしまった。あっちこちでいきずりの人がかくれているのが伺える。途中、知合いに会った所、危ないからさっさとかくれるよう注意されたため、言われるまま陰に身をひそめていた。私の前には孫を連れたおばあさんがかくれていたが、数分後、真っ赤に焼けた弾が私のすぐそばの木をかすってそのおばあさんにあたってしまい、その場で死んでしまった。連れの孫は、さかんにおばあさんの名を呼び続けているがおきるはずがない。それを見ていた人たちは泣き声になり、どうしよう、どうしようとあわてふためいている。しかしこう空襲がはげしくては遠くに逃げることはできない。それでも近くに壊があることを聞かされ、やっとかけつけていくことができた。その壊からは部落がさかんに焼けているのが見えるため、不安になって出ようとした所、一人の男の人がはいってきた。その人は私の顔を見るなり、

「おばさんは飛行機に見られてしまったから今、壕を出ていくとここに弾がとんできてよけい危くなる」

という。それでも私は家族の事が気になるため、無我夢中で自分たちの壕へ走っていった。壕に着いてみると、私の子供たちと一緒に日本の兵隊がはいっている。私はそれを見て、

「兵隊さんがこんな所にはいっていたら、部落民はどうなるのですか。兵隊さんは外に出て戦って下さい」

というと、

「おばさん、どうもないですよ。」

と口実をならべて出て行こうとしない。みんなが文句を言いだしたが、申し分けなさそうに塚のすみにちぢこまっているため、みんなに何も言わないよう注意した。

 

その晩、役所の職員から、産業組合の埃で米の配給があるから取りに来るよう、連絡をうけたため、娘二人を行かせることにした。その時、艦砲好撃で真っ赤な砲弾がとんでくるため、とうてい出られそうにない。これでは危ないからたちにしばらく待つように言おうとしたら、すでに出ていった後であった。もうあきらめの気持で娘たちを心配していると、やっと帰ってきてくれた。しかし、この壕にいるのも危険な気がしたため、別の壕をさがしにすぐさま、出かけていった。

 

やっとある壕の前まで来た時、中から知人が、早く中にはいるよう、すすめてくれた。子供たちも一緒に中にはいってからごはんをみんなで炊いて食べることにした。配給にもらった米を壊の前の水たまりに行って、暗がりなので水がどのようなものかさっぱりわからないが一度だけ洗い流し、土でかまどを作ってごはんを炊き始めた。その時、突然、飛行機から照明弾が落とされ、あたり一面が昼のように明るくなった。急いで火を消し、場所を移動してちょっとしたくぼみにはいった。そこはあまりにも小さすぎてすわることもできないし、また危険でもあるため、娘に弟を連れて別の壕に行くようすすめた。ところが、自分たちだけで行くのはいやだというので、私が息子を連れて出ていくことにした。

 

私達が行った壕は壁が材木で作られ、床まで敷かれた立派なものであった。そこには二、三の家族がはいっていたが、私が息子を連れて中に歩みよって行くと、六か月の赤ちゃんを背負った一人の主婦が私の方に寄ってきて、「おばさん、生きられるだけ生きるようにして下さい。絶対死なないようにして下さいよ」と涙うかべて何度も言う。私ははげましの意味で、「何も言わずにだまっていれば殺されるような事はないから安心しなさい」というが、防衛隊に行っている主人もきっと殺されているに違いない、と涙ばかり流している。その時、婦人の弟がはいってきて、「おまえたち、何しにここにはいってきたか」とどなりちらしている。私は頭を深々と下げて、息子一人だけ、入口にでもいいから入れてくれ、と何度もお願いしたが、でていけ、の一点ばりでききわけてくれない。さらには私達をなぐるしまつである。それをみて姉にあたる婦人が、「あなたの命も、おばさんたちの命も同じ命だから、かわいそうに一緒に中に入れてあげなさい。そんなにいじわるをしなくてもいいでしょう」と言ったために、やっと何も言わなくなっていた。

 

私はお礼の意味で手ぬぐいに包んで持っていた黒糖を少しずつわけ与え、子供たちの手ににぎらせた。

 

しばらくしていると、近くの壕の主たちの話し声が聞こえる。どこからか移ってきたのだろう。私達と一緒に嫁の中にいた人たちはそれを最悪の状態と思ったのだろうか。カマを首にあてながら、

「サーどうしようか。これで首を切ろうか」とあわてている。私はまだまだ大丈夫だから、となだめるが言うことを聞いてくれない。しまいには少し上の壕にいる人たちを呼びながら猫いらずをくれ、と叫んでいる。「もうしかたないからこっちにいっしょに来てくれ」という。上にいる人たちはそれに答えて下の方に来て、みんなに猫いらずを手渡した。そして一升びんの水をまわした。猫いらずをなめては苦しみながら、早く水、水、とさかんに水を求めている。例の赤ちゃんをおぶった婦人は猫いらずを手にして口に入れる前に先程言ったように私の方にやってきて、「おばさん、ほんとに生きられるだけ生きていて下さいよ」とくり返しいいながら薬を飲もうとするので、私は、「あなた方だけ飲まずに私達にも分けて下さい」とお願いしたが、その婦人は、ゆのみをひっくり返しながら、ちうない、ということで自分の口に入れてしまった。すると、婦人の弟が入口の木に火をつけはじめた。しかし壕は土であるため、全部は燃えることなく入口だけをこがした程だった。

 

上の壕からおりてきた人たちは、猫いらずを口にすると、自分たちの嫁で死ぬんだ、ということで急いで走っていった。

 

私達は薬ももらえないし、どうして死んでいいかわからないのでそこらへんをブラブラしていると、となりの壕におじいさんがはいっている。私はその人に、「おじいさん、あそこの家族は死ぬといって泣いていますよ」と話した。するとその人は、

 

「オランダーは男は殺すが女は殺さないから心配するな。あなた方はこっちに入っていなさい」と言ってくれたので、しばらくそこで休むことにした。

 

その時、忠魂碑前で玉砕するから、ということできれいな着物を着た人たちが出てきたため、私達もついて行くことにした。ところが忠魂碑前にはだれもいない。しかたないのでそのままひき返すことにした。

 

後で聞いてみると、先程、猫いらずで自決した人たちの中で簡単に死なない人はカミソリで首を切ったり、カマで腹を切ったりして死んだという。

 

私達が壕に戻った頃、自分の壕で死ぬといって猫いらずを口にしながら戻っていった人たちはまだ死なないため、父親がそばにあった丸太棒で奥さんや子供たちをさんざんになぐりつけて殺した後、小さな男の子が薬のためか下痢をして苦しんでいるのをみて手をつかまえ、まるで猫の子をふり回すかのようにふりまわした。そして何回か石にぶっつけ、最後に丸太棒でなぐりつける。「ぐあっ」という一声で下痢をしながら死んでしまった。

 

私達はそれをみてびっくりしたため、別のところに逃げることにした。その頃からは米兵が上陸しているのが見えるので見つからないよう逃げるだけであったが、内心あきらめきっていた。途中、一人の年寄りが、「おまえたち、今ごろから逃げてもどうしようもない。こっちに並べ、すぐ殺してやるから」とさかんに呼び続けているが、私達はそれを無視して夢中で逃げていった。

 

山が焼けているため船からはっきり見られるのでできるだけ小さくなって歩き、やっと川原の方にやってきた。そこはあまり焼けてないため、四、五十人の人たちが集まっていた。しかしあまりの人でそこにおちつけそうにないので、島の裏側の自然壕に行くことにした。途中道が悪いため、石と一緒にころがりながらやっと目的地にたどりついた。中にはふとんを持ちこんでいる人もいる。私達が行った頃、壕はいっぱいして、入口にしかすわれない。雨が降って雨だれでびしょぬれになるがどうしようもない。しばらくすると、娘が、上に敵がいる、というのでよくみると、部落民が子供をおぶって琴の上をウロウロしている。壕がせまいと知って遠慮しているのかなかなかはいろうとしないのでやっとすかして中に入れてやった。

 

人がいっぱいしている中で子供たちはあまりいい気持ではないのか一人の女の子が泣きだしてしまった。ただですら声を出すのも禁じられているのに大声を出したため、母親はびっくりしてなだめようとするが言うことをきかない。周囲の人たちの中には、敵に見つかるから殺せという声がきこえた。しかし、その日は運がよかったのか敵に見つかることはなかった。

 

壕での生活は昼になると、少しずつ食糧をさがしに出かけたりした。途中、兵隊さんたちに会うと、わずかの食糧から私たちにわけてくれる人もいた。

 

何日か壕の生活を送ったが、みんなが捕虜されていることを知ってからは、ほとんどが部落の方におりて行った。

 

爆弾を受けて

座間味村字座間味中村春子(二五歳)

昭和二十年三月二十日は彼岸のため、家ではごちそうをこしらえていたが、その日に沖に停泊中のダイハツが敵機にやられたため、一時は避難さわぎができるほどであった。

二十三日は朝から戦争の気配が漂い、午後になると学校を中心に多くの民家がやられてしまった。

午後三時頃、私達は遠くまで行く余裕がないため、部落の西の方の山ろくに十一人程でかくれていた。そこは壕のようになっているが、安全なものではなかった。私は一番奥にはいり、すぐとなりに十歳の男の子、そして数人の年寄りや親子づれがはいっていた。翌日の午前十時頃、爆弾がおち、ものすごい爆風に見舞われた。

 

私たちの入っていた防空壕というのが、地面に穴を掘りすぐ上にわらや何やらいろいろかぶせた壕であったため、爆風によってそこが埋まってしまった。そのため、私達は生き埋めになり、ものすごく息苦しくなり出した。私は全身埋まった恰好であったが、少しだけすきまがありやっと息ができるくらいの穴があいているためそこから出ようともがいたが、どんなに頑張っても自力ではい上がることはできない。そこで何人かの人たちが私達を助けるため、さかんに穴をほり始めた。その頃からは息をするのがやっとで、すでに破片でうなじをやられて大ケガをし、髪の毛はちちれて砂まみれになっているがそれにも気づかず、ただ息をしようと懸命になっていた。

 

やっとの思いで助けてもらい、穴からはい上がってみると、その頃からはうなじからさかんに血がふきだすしまつである。ほんとに.すごい出血なので上着やモンペまで血でぐっしょりになったためいで診療所へかけつけていった。そして取をすべてハサミで切って沿療をうけたが、頭の中にもはいっている破片やゴミはとり去ることができないらしく、ただ、うなじの止血のため応急処置として注射しただけであった。したがって傷口にこれといった手当をすることもなく、少々の薬を傷口にぬりつけ、包帯をたくさん巻き、あとはほったらかしたままであった。その後は知人からかすりの着物をもらって身につけ治療に二、三度通っていた。「私が何度か治療をうけている間に、私のかくれていた塚の近くの山羊小屋にかくれていた母や姉が見つけ出されたが頭がなく、骨もさんざんにくだけて皮もつかず、ヌルヌルしていてつかまえられない。それ以上に私は目をむけることができなかった。母と姉の遺骨は親せきの人が家に持ち帰り、その日のうちに外式をして下さったという。私が再び行った時にはすでに埋葬した後だった。しかし葬式といっても、一人のおばあさんをのぞいてはみんな箱に入れることもなくそのままふとんに袋かせて穴を掘って埋めたようだ。

 

私達のはいっていた壕からの生き残りは二人で、母たちと一緒にいた人たちは一人だけが生き残り、あとは全部死んでしまった。私の隣にすわっていた男の子は、あとで聞いてみると横腹をやられ、内臓がとびだしていたらしい。

 

私の傷口は出血が一向に止かようすがないためおじに診療所に連れていってもらったが、その時からは診療所には多くの死んだ兵隊や、大ケガをしている兵隊がいっぱいしている。私は順を待ちながらあまりの出血に水を請求して飲んだが、水を飲んだ基だけ血もさかんにふき出すしまつである。それでも気分が悪くなると水を請求して飲まなければ今にも死にそうな気がしてならなかった。しかしやはり若さのせいなのか、多量の出血でもまだまだ元気であった。

 

二十五日からは艦砲射撃がはげしいため部落にはおれず、ケガを負ったまま山に逃げ出しはじめた。最初は近くの山の壊まで行ったがそこはとても安全とはいえず、さらに島の裏側に険しい山道を歩いて行った。やっと安全といえそうな場所にたどりつくと、壕をさがして中にはいっていった。その壕の中にはたくさんのふとんが樹まれていたのでそれに横たわって休むことにした。しかしその頃からは傷口からの出血がはげしく、いても立ってもいられない状態になってしまった。来る前に何日か雨にうたれたのも手伝ったせいだろう。もう足元もしっかりせず飢えも増してくる。助けない状態で十日近く傷をほったらかしふとんに樹たわったままでいた。その頃からは傷口がくさりかけたため、赤チンキをぬり、知人からもらった三角巾を首に巻きつけていた。しかし、悪臭があたり一面にただよい、自分でもくさくてどうしようもない。その時から叔母が私の傷口にあてている三角巾を流で洗ったり、くさった傷口を潮水でふいてくれたりした。その部分は、ちょうど冬瓜が図った時の状態とそっくりであった。傷口をおさえると化渡したうみがとびだすほどであった。それだけ脅った頃からは娘もわきだす始末である。

 

何日か終わって現在の場所では不自由を感じるため、別に移っていくことにした。しかし目的の場所についてみると、たくさんの敵が上陸しているためまたまた別の壕をさがさなければいけない。やっと適当な場所をみつけると、そこに落ちつくことにした。私もずいぶん歩きまわったが、傷を負ったまま、どんなに逃げても平気であったことにはわれながらびっくりしていた。他に友人や兵隊らも私の行動には目を見はる始末で、どのような目にあっても死ぬことはないよ、と冗談をとばす程だった。私の気持としてはどうせあとあとは死んでしまうものだからという気持が強かったため、何もこわいものはなくただ息が続くままに動いているに過ぎなかった。

 

旧の三月四、五日になると、潮干がりにはもってこいの日とばかりにみんなで海にでかけていってたくさんのさざえを取ってきた。何日も食事らしい食事をしてないため、さっそく火をたいて貝をやいて食べることにした。ところがその所を日本兵に見つかってしまい、敵に見られたらどうするつもりか、という事でさんざんになぐられてしまった。しかしその頃からは敵機は低空してくるが、けむりをみても民間人だとわかると決してうつようなことはしなかった。

 

一か月程してから場所をかえようと、別の隊を求めて歩いていくとそこには米兵が立ってさかんに何やら調べている。私達は久留米がすりを着て学生帽をかぶった朝鮮人と一緒だったため、呼びとめられ、米兵は朝鮮人日本兵だといってつかまえてしまった。朝鮮人はたくさんいたが、彼らは自分たちのことをいつも日本人だ、といっては朝鮮人といわれるのをきらっていた。私達は四月二十日頃、ほとんどの人が山をおりていった、というのを耳にしたため全員おりていくことにした。

 

部落に着いた頃には私の傷口は中から少し赤い肉がとびだしてきていた。その時からは米兵に治療してもらったが、米兵の治療のしかたが非常に雑であるため、「いたい」という声を出すと米兵が沖縄の方言で、「少ししか痛くないはずだ」と相手にしてくれなかった。

 

治療に来た人たちの中には皮ふ病をおこした子供たちが多く、っかまえてきてはタワシで子供たちの体をゴシゴシこすり、びっくりさせて泣かしていた。「私の傷口には何やら白い粉をふりまいていたようだが、それのためか一か月ほどではすっかりなおってきた。しかし、左肩にはいまだかつて破片がはいっているが、何の痛みも感じないのでそのままにしている。しかし体には大きな傷あとが残り、頭の中にはいっている破片は現在でも痛みが感じられ、特に最近は後遺症がひどくなってきている。

 

あの当時、穴に埋められた人をほり出してみたり、死人の上をとびこえて歩いても何とも思わなかったが、今はすぐ目の前にいるように思い出され、こわくてならない。

  

山の中へ避難

座間味村字座間味宮平カメ(四十歳)高良律子(八歳)

三月二十三日から空襲と艦砲射喉が始まった。その日、私は午前中は学校に行っていたため、空襲の恐ろしさに大声で泣いて帰り、家族と一緒に屋敷の壕にかくれていたが、これでは危ないと思い、午後からは山の壕に逃げていった。その日の三時頃から空襲も一段とはげしくなり、学校を中心に部落全体が攻撃されていったが、その時、私達のすぐ前の場に爆弾がおちたため、近くの山羊小屋とその壕にはいっている人たちの中から、山羊小屋からは兄一人、壕の中からただ二人だけがそれぞれ大ケガのまま生き残り、残りは全部爆風でやられてしまった。

 

二十五日の夜、母は私と弟の二人を残して、空襲のスキをねらっては家に戻り、二人の姉と妹をつれておにぎりをつくりに帰っていた。ちょうどその時、全員忠魂碑前で玉砕するから集まるよう私達の壕に男の人が呼びにきたため、小学校一年生である私は、母はいないしどうしていいものかわからないため、ただみんながむこうで死ぬのだというので、六戒の弟を巡れて忠魂碑へと歩いていった。そして母たちの方にも、おにぎりをもって集まれ、との連絡があったらしく、行動で忠魂碑へ行っていたのである。「弾が飛ぶ中を弟をかばいつつ歩いていく途中、多くの人たちが戻ってくるのに出くわしたため、そのまま元の嫁に戻っていった。やっと壕で母たちと一緒になり、ここでは危険だから、ということでまた別の壕を求めて歩いていった。ところが部落民のほとんどが島の裏や山奥に逃げていったのに対して私達は小さな子供達と、おまけにケガ人が一緒だったため、どうしても遠くまで逃げることができない。しようがないので安全な環を求めて脚の間をくぐり夢中で山をはい上がっていった。ふしぎなものであんなに真赤に焼けた弾が火花を散らしながら顔のそばをスッとかすってとんでいっても体にあたることはめったにない。

 

どれだけ歩いていただろうか。途中、役所の職員と会ったため、その人が私達の壕に行こう、というので産業組合の壕に行った。その壊は主に役所の職員の家族がはいっていたがしだいに安全な場所を求めてやってきた部落民で壕はあふれる状態になってしまい、私の家族までは到底入れてもらえなかった。仕方がないので壕からあふれた人たちと一緒に別の壕へと歩いていった。

 

私達の行った嫁は産業組合のすぐ下にあったため、子供たちが多くてはそう遠くまで行くのは危険なので近くがいいからと、その壕に入れてもらうことにした。ところが中にはいってみると、壕の主は遠くに逃げていったのかだれもいない。私達はこれ以上逃げることができないので許可なしにそのまま居すわることにした。しばらくすると二、三の家族もはいってきた。はいってきた人たちはこれ以上逃げることのできない年寄りと子供たちばかりである。その壕にはたくさんの砂糖がはいっていて食様には心配ないが外の方はものすごい艦砲射撃である。後で知ったのだが、ちょうどその頃に私達がはいれなかった産業組合の壕にいる大ぜいの人が集団で自決をとげたのである。つまり、産業組合の壕は常に役所の職員が銃剣をもって入口を警備しているため、兵隊とまちがえてその壕に攻撃を加えたのであろう。そこで助かる見込みがないと知り自決したのではないかと思われる。その壕からだれ一人生存者がいないためはっきりしたことはわからない。

 

私達は三日間、壕を移ることなく居すわっていたが、二十六日頃から私達の壕の上を米兵らしい者が行き来しているのが聞こえる。壕の前を水がチョロチョロ流れているがお腹がすいていてもごはんを炊いて食べることもできないし、砂糖ばかりなめていると水が欲しくてどうしようもない。その時、米兵は私達がいるのを知ったらしく入口の方でさかんに出て来い、と言っている。私達がしばらくだまっていると、入口をふさいでいた木を全部はぎとってしまい中がまるみえになってしまった。こうなってはどうしようもないので手まね足まねで手りゅう弾で私達を殺してちょうだいというと米兵はだまって見つめてばかりいる。母が両手を上げて米兵の前に近よると米兵は、「カマン、心配するな。あっちに水たくさんある」といって私達がなかなか出ていこうとしないので一生懸命説得する様子である。

 

もうどんなに頑張っても水が欲しいのとお腹がすいているのとはどうもガマンできないので、米兵がぶら下げてもっている水筒を指をやかんに入れて飲んだわけだが、そのやかんというのが、子供たちが大ぜいいるため、あっちこち大便した上にころがっているやかんであるため、全体に大便がくっついている。それでもしかたないのでそのまま飲むことにした。しかし飲んでみると消毒薬がはいっのだと思い、一人ではたくさん飲まないように、全員一緒に死ねるようみんないきわたるようにして飲みなさい、ということで毒を飲む思いで少しずつ口にして手わたしていった。しかし、なかなか死ぬ気配はない。さらに私の姉妹にガムやチョコレートをわたすためこれで殺すつもりだな、と思い、子供たちの持っているチョコレートから母が三分の一ほど割って口にしたが、やはり死なない。

 

このように長い間、出て行かない、と米兵をてこずらせている時、米兵の一人が手りゅう弾を投げようとした所、他の米兵が、少しまて、ととめてから壕を出ていき、通訳のできる人を連れてきた。その人の話しでは、ほとんどの人が出てきて、まだ出てこないのは私達の家族くらいのものだというので私達も出ていくことにした。

 

空には偵察機が飛んでいるため、米兵は私達をつれて歩きながら偵察機をみるとふせたり、かくれたりして私達もそれにまねながらついて行った。みんなが集まっているという役所に行ってみると一〇〇人くらいの人たちが集まっていて、私達でも出ていくのは早い方であった。

 

米兵は捕虜民をかこむように五メートルごとに銃をかまえ、みはりをし、部落民が用足しにいくにも、いちいちついてきた。役場の外には一メートルごしほどに立ちやはり銃をかまえて立っていた。これは友軍が夜、捕虜民を殺しにくるかも知れない、という予想からであった。

 

朝起きると、子供たちにおかしやチョコレートをわたしたりして非常に親切にし、また母親たちは毎朝おにぎりをつくり、みんなに二、三コずっ配ってあるいていた。

 

時々、焼けた山を、友軍が背のうをかつぎ逃げていくのを、米兵が四方八方から銃をうつのがよく見られた。私達がびっくりしてそれをみていると、米兵は、なるべくそういったものはみないようにと注意していた。

 

防空壕に忘れものをして取りに行きたい時は、班長のパスをもらって、そのパスを上に掲げてみせながら出ていかなければならなかった。

 

女子青年団

座間味村字座間味宮城初枝(二四歳)

昭和十八年から十九年初頭にかけて、私達青年団や婦人会が中心になって村当局の命令により防空訓練や防空壕堀りが行なわれていたわけですが、その頃はまだ戦争が始まるのだという実感はだれも持ち得ていませんでした。それだけにはのんびりとして、しばらくは平和そのものの生活が続いていたわけです。

 

ところが、情勢はいつまでも島の人々が望むような平和な生活を続けさせてはくれませんでした。

 

昭和十九年の十月十日の空襲でその歯止めが暗示され、二十年の三月二十三日には早くも、それが最も手荒な方法で強いられてきたのです。無抵抗のままに私達はただただ逃げるより他に選ぶ道は何一つ残されていませんでした。その時から部落民の壕生活が始まったわけです。

 

その日の空襲で村中ほとんどの家屋が全半壊しているか炎上するかし、部落の二十数名の人は述感く砲弾から逃れることができず死んでしまいました。

 

翌日もその翌日も空襲は烈しく、それに加えて艦砲射撃までが手伝ったため、島全体が揺れ動き、人々の不安を一層かきたてていきました。その頃から軍に手伝いできない老人子供の玉砕が呼びかけられ、青年団は軍の手伝いのため山へ入いり、私たち、友人三人と妹の五人は村長命令で重要書類を忠魂碑前に運ぶことになっていたため皆とは別の行動をとっていました。しかし、それも艦砲射撃の烈しさのあまり思うように行かないため、一弾でも多くの弾薬を運び、軍に協力してから自決しようということで整備中隊の壕へ向かいました。その頃、玉砕するはずだった者人子供が、沈黙のまま何処へともなく私達の目の前を通り過ぎて行ったのです。死を覚悟してはいたものの艦砲の烈しさに肌を冷やし死の恐怖と共に生への本能的な執着がよみがえったのでしょう。

 

二十六日、米軍の上陸が知らされ、その時から白兵戦が始まったようですが、圧倒的な敵に迎え撃つことはできず、後退のやむなきに到りました。そのため腕には部隊命令で軍民男女全員が斬り込み隊となって夜襲を敢行することになったのです。私達五人は斬り込み隊の生存者が集まることになっている稲崎山へ追撃してくる敵を迎え撃つための弾薬運びが命令されました。ちょうどその頃、部落民が各所で自決をはかり、私の家族を含めて惨事が繰り広げられていたことを私達には知るよしもありませんでした。

 

私達はあの重い弾薬をやっと目的地まで運び、斬り込み隊の生存者が来るのを待ちわびていましたがだれ一人として姿を見せるのはいません。急に不安と淋しさに襲われ、私達のとるべき道が口には出さずともそれぞれの胸のうちですでに決まっていました。自決です。弾薬箱を受け取って出発する間際に、軍曹から万一に備えての手榴弾を一個手渡されていたのでそれを使用することにしました。「焼け残りの推の木の生い繁る深い谷間を死に場所とし、岩つつじの花束をつくって自決の準備をととのえ、「君が代』を合唱しながら各々家族や友人に別れを告げていよいよ決行となったのです。五人が肩を寄せ合って輪をつくり、中火につつじの花束をそなえ、私が手榴弾の安全装置を解きました。・ところが、一分たち二分たっても手榴弾に何の変化もないため、今度は別の一人が私のやり方がまずいということでそれをとり上げ強く叩きつけましたがそれでも破裂しません。皆が交替で思うままに叩きつけてもだめだと知ると、新たな不安と胸さわぎで、ただたた顔を見合わせるばかりです。その頃、米軍のスピーカーがわけのわからない言葉で何やらしゃべっているのが聞こえたため一層不安になり、今度は裏海岸の絶壁をめがけて無我夢中で走っていきました。そこから一思いに飛びこんでしまえば私達は希望が叶えられるはずなのです。しかし海岸に着いてみるとすぐ目の前に敵の空母や巡洋艦、輸送船と大小さまざまの無数の艦艇が浮かび、艦上の米兵の姿まではっきり見えるではないですか。万が一、そこで失敗したら捕虜にされるかも知れません。私達は投身自決もあきらめ、とにかく生きてみようということになりました。

 

その後、折り込み隊の生存を確認し、私達五人は軍と共に行動しながら、何人かの友軍の最期を見届けてきました。何度空しい思いをしてきたことでしょうか。それから数日、相変わらず敵の攻撃は続けられ、友軍は完全に包囲されてしまいました。私たちもいつの間にか兵隊さんたちとは離ればなれの行動をとるようになっていたのです。そんなおり、懸命に逃げかくれを続けていた私達のそばに突然、飛来してきた迫撃砲弾が炸裂すると同時に私は右の大腿部を棒で叩かれたような気がしました。破片があたってしまったのです。しばらくはケガの痛みをおさえながらモッコでかつがれ逃げまわっていましたが、心身ともすっかり疲れ果ててしまった五人は、これ以上逃げまわるには限界を感じていました。

 

山を降りると私は負傷しているためすぐ米軍の病院へ運ばれましたが、そこへ着いてみるとカミソリで自決に失敗し米軍に収容された養母が声帯を切断して声も出せずベッドに横たわっていました。弟は経過が悪く、すでに死亡した後でした。

 

とにかく、私の方は手術を受け、破片を取り出し、ようやく元通りの体に戻りましたが、米軍がこんなに住民を保護し親切にしてくれるとは夢にも思いませんでした。今まで感命に逃げまわり、或いは自決まで試みたのは何も弾にあたって死ぬのがこわいということばかりでなかったのです。万が一、米軍につかまれば.........、さまざまなデマが脳を離れない事が最初の要因だったように思われます。そのデマがどこからどうして、まことしやかに伝えられたのか不思議でもあり、またそれを真に受けてきた日本の人たちを哀れに思わずにはいられませんでした。

 

軍と共に

座間味村字座間味吉田春子

当時、私は軍の炊事班の任務を負わされていたため、十九年の十月十日の空機の日から軍と共に行動をしていました。

 

二十年の三月二十三日の空襲の時、ちょうど軍の嫁にかくれていました。部落中が攻撃に見舞われていて、昼中は家族の事を心配しながらも、出て行くことは全く不可能な状態でした。やっと日が暮れて、米機が引き揚げてから、急いで家に帰ると、家は散々に荒らされ家族はだれもいません。ただ病弱の弟だけが歩行困難のため、近くの屋敷に避難していました。

 

弟と連れだって家族をさがしに恩納の方へ行ってみると、私の家族の他に、二、三の家族が一か所に集まって、かくれていました。そこに着いてしばらくしてから、再び、激しい艦砲射撃がはじまったので、一緒にいたおじいさんが、別の壕へと、移っていってしまいました。それからという名の、わずかの残された家族は不安で、びくびくのし通しです。どうせ死ぬものだから、私は妹を連れて、照明弾の中を縫いながら、突査隊の三中隊の壕へと走っていきました。兵隊さんと一緒におれば、いざとなっても大丈夫だと思ったからです。

 

私達が着いた頃、三中隊の壕ではにぎりめしに梅ぼしをつめて出かける準備をしていました。兵隊さんたちは、「自分たちは出かけるから、あなた方は残っていなさい」と言われたため、私達は塚に残ることになりました。その場には、足に傷をうけた長谷川さんという兵隊さん一人に、他に民間人が四、五人残っていました。さらにその壕は奥で二つに分かれていたため、奥の方にケガをした人を含めて四人の人たちがはいっているのを私達は知りませんでした。

 

二、三日してから、私達の壕の前を、だれかがしきりに往き来している様子が伺えたので「こんなに危険な状態なのに!と隙間から外をのぞいてみました。仲間とばかり思っていたのに、いつのまにか米兵が上陸してきていたのです。

 

あんなに敵が歩き回っているのに、どこからか水谷少尉が入ってきました。私達の壕は米兵の上陸に備えて機関銃をとりつけていたため、水谷少尉は、「相手が撃ってこない限り、こちらからは絶対に撃ってはいけないぞ」と命令を下しました。

 

ところが言い終わらぬうちに、中に残っていた兵隊さんたちが、さかんに壕の前を歩いている兵隊におびえて銃を発してしまいました。それからというもの多量の手りゅう弾が投げられ、入口ふきんでは、あっちこっち「ポコ」「ポコ」と破裂音が聞こえ中の方からは銃を発し、しばらく撃ち合いが続きました。そこで水谷少尉が、「もうしかたないから玉砕しよう」と言いだしました。

 

私達女性群は、しばらくすみの方にちぢこまって「きょうまでの命か」と思いつつ戦闘の様子を伺っていましたが兵隊さんたちが玉砕しようというのを聞いて、「私もお願いします。私も」と我れ先に、伏せている兵隊さんたちの上におおいかぶさる恰好でとびついていきました。ケガした長谷川少尉は、傷が痛みだしたらしく、早く死んで、楽になりたいといった様子です。それを、「がまんして下さい。兵隊さんたちだけ死ぬような事をしないで、私達も一緒に死なせて下さい」と女の人たちは頼みました。

 

「これだけ大ぜいいては、手りゅう弾一個では全員死ねないな」とどうして死んだらいいかうちあわせている所へ、米兵からガス弾が投げこまれてきたのです。急に白い煙がたちはじめたので、兵隊さんたちが、「ガスだ、ガスだ」と叫びました。すぐさま、むしろなどを持ってガスをあおぎたてながら兵隊さんの毛布を大急ぎでかぶりましたが、急に目が見えなくなり始め、のどがかわき、息苦しくなってきました。その時兵隊さんたちは、「今のうちだ、自決しよう」とあわてましたが、どういう心変りか、水谷少尉は今度は、「自分が命令を下すまでは絶対に白決をしてはいけない」といいました。水谷少尉は防毒マスクをかけていながらも非常に苦しそうです。

 

煙がしだいに薄れてから各自の生存を確認しあい、そして水谷少尉手持ちの酒があったので、それで少しずつのどをうるおしてやっと落ち着きをとりもどしました。ところが、最初は全員無事だと思っていましたが、後で気がついてみると奥の方にケガしてはいっていた人は死んでいました。

 

その晩、「場所を敵に知られた以上、早めにここを出なければいけない」ということになりました。一緒にいた突貫隊の兵隊さんか

「三中隊に連絡をとるため自分たちはこれから出かけるが、お前たちはここを動いてはいけないぞ」と命令を受けたので、私達だけ不安ながら残っていなければなりません。まもなくすると大雨が降り出しました。

敵が外にいる上に大雨に見舞われたため、小用をたすにもそれができなくなってしまったのです。がまんしようにもがまんもできずしかたがないので、各々、入口ですませることになりました。

 

しばらくしてのどがかわいたため、さき程小用をすませた後流れていったものが、溜まった水と一緒になって逆に流れてきたのも知らず、それを飲んでしまいました。何という味でしょう、それでもがまんできないので、いやな顔をしながらもみんな、お腹いっぱい飲んでいました。

 

その後、これまで私達だけが残されているとばかり思っていたものの、私達の話声を聞いたのか隣の穴から久しぶりに顔を会わせる友人がでてきたので、お互いびっくりするやら喜ぶやら、感激の対面をしました。それと同時に、仲間が増えた事で、心強くもなりました。

 

仲間が増えた事も手伝って、きょうこそ、私達も壕を出て行こうと準備をしている所へケガした朝鮮人がはいってきました。「私達はこれから出て行こうと思っているのに、ここに何しに来たの」と腹だたしさも混じえて言うと、「もうどこにも逃げることはできない。敵は完全に上陸してしまっと言うのです。そうしているうちに、兵隊さん達もみんな帰ってきました。やはり壕を出るのは無理なようです。しばらくは動かないことにしました。ところが、嫁に留まることに決まってから少し気持ちが落ち着いたせいか、みんな水を要求してきました。無理もありません。先程から水らしい水を飲んでいないのです。がまんできないという事で、梅干しのゆが空いていたので、将校が朝鮮人に水をくんでくるよう命令して、いやがっているにも拘らず反発することなく水をくんできました。水がくると、みんなは飛びつかんばかりに水を飲みはじめました。ところが、容器が梅干し梅なので、すっぱくてかないません。それでも、飲まないよりはましだ、とみんながまんして飲んでいました。腹いっぱい飲んで終わった所へ水谷少尉が、「もう、みんな腹いっぱい飲んだのだから」と残った水に手や顔を洗ってしまいました。その後、やはりすっぱい水では水を飲んだ気がしないということで、手や顔を洗った後の水を、再び飲む人もいました。

 

何時間かしてから、やっとその壕を出ることになり、手りゅう弾を一個ずつもらって自由行動をとることになりました。手りゅう弾一個あれば、五人家族は充分死ねるのです。女の人四、五人は高月山の方へ登っていきました。下の方を見下ろすと車やジープが走りまわり、それに鉄帽をかぶった兵隊が行き通っている様子です。もう、いくさは勝ったので友軍はまっすぐ歩いているのだなと思いました。

 

ある程度楽観の気持ちで歩いていると、防衛隊として参加している村の青年達と会ったため、大和馬の整備中隊の蝶へ行こうと相談しました。そして、「手りゅう弾は男が持っている方がいいから自分たちによこしなさい。君たちは自分たちの後を追ってくればいい」と言うので、それに従うことにしました。ところが、私達が歩き出そうとした時、上の方で話し声が聞こえるため、顔を出してみるとちょうど私達を撃つのに都合のいい場所に、米兵が銃剣をかまえて立っているのです。団体で行動すると感づかれる恐れがあるため、別行動をとろう、と相談した所、いつの間にか男の人たちは姿を消していました。それからというもの、心細くても弾の中を縫っていかなければいけません。

 

途中、山が深くて避難に絶好の場所まではいりこんできたため、目的地の整備中隊の暴に行かずに、そこで一休みすることにしました。しばらくすると、番所の山から大ぜいの住民が下りて行くのが見えるため、何があったのだろうと、ふしぎに思っている所へ、今度は、阿佐道の方からたくさんの米兵が銃剣をかついでずらっとならんでおりてきました。そして、私達のいる方を向いてすわりこんでしまったのです。私達は、全く逃げる手段を失なってしまいました。しばらくは、沈黙の状態が続きました。

 

何時間か経過してから、彼らが移動を始めたため、私遂もひき返すことにしました。

大急ぎで山道を歩いていると、三中隊の壊で一緒だった水谷少尉や、ケガした長谷川少尉らと会ったため、今までの状況を話すと、三中隊の壕へ全員、引き返すことになりました。暗い坂道をケガした兵隊をかついで夢中で登り、やっと城にたどりつくことができました。あたりは真暗やみで入口が見えないため、マッチをつけてみると、せっかくやってきたにもかかわらず、入口は、開けられないようにしっかりと閉じられているのです。しようがないので、また引き返すことになりました。山を登って行く途中で、夜が明けてきたため、明かるくなってからは、自由に道を出歩くことはできません。敵に発見されるからです。

 

竹やぶをかきわけ、安全な場所を見つけて、昼中はそこに隠れていることにしました。

 

あたりが暗くなりはじめた頃、月がでて、道をあかるく照らしてくれました。安全だから、と出かけようとした時、水谷少尉から、水をくんでくるよう言われましたが、不安なので、断わってしまいました。それからというもの、少尉はカンカンに怒り出し、別の人に言いつけてから、私に向かって、「お前は、俺たちについてきてはいけないぞ」と言うのです。そうは言われても、一人だけ置いてきぼりにされては心細いので、こっそり、うしろからついて行きました。ところが見られてしまったため、「おまえは来てはいけないはずだ」と日本刀をふりまわしてきました。私は、「どうせ、いくさで死んでしまう身です」と逆に反抗して行ったので、とうとうおどかすだけで、斬りつけてはきませんでした。

そのような事がありながらも、水谷少尉は、自分の手元にある食瓶を、兵隊や私たちに同じように分けてくれ、

「食糧はもう心配ないだろう。さて、どこへ行こう」と、案内してくれるよう言われました。ところが、みんな、自分の家族の塚一帯だと、地理的にも詳しいが、その他の所となると、全く皆無の状線です。さっぱり見当がつかないので、全員、自由行動をとることになりました。その頃からは、みんな疲れが出たということで木かげにすわったまま、だれも立てません。しばらく休んでいると、いつの間にか仲間の一人がいなくなっていることに気がつきました。あわてて彼女の名前を呼んだり、あっちこち調べてみると、ゆうゆうと大和馬の方からやってくるのです。どうしたのかたずねてみると、一人で大和馬の整備中隊の壊に行こうとした所、水の豊富な場所を見つけたので一人で飲んではもったいないと思い、私達をよびに来たとの事。さっそく、その場所に向かうことにしました。なるほど、着いてみると、水は豊富な上、山が深いため、敵に発見されることはありません。みんな思うぞんぶんに水を飲んでそこで一夜を明かすことにしました。ところが、やっと水が飲めたと安心しているところへ、ケガした長谷川少尉が破傷風になったら

しく、

「何か首すじが変だ、どうしたんだろう」

とくり返し言っています。少しずつ水を飲ませてやると、あの大の男が水を飲み込むのにもがきにもがいてからしか、飲み込めません。彼は自分の持っている日本刀でさし殺してくれるよう頼んでいましたが、生きのびられるだけは生きてくれるよう、私達は逆にお願いしました。しかし、あまりにも苦しそうなので、一緒にいた兵隊さん達も最初は断わり続けていたのに、見ておれなくなったのか

どうせ死ぬものだから、と念願をかなえてやることにしました。

残されたわずかの時間を同僚たちとあれこれ話しをしてから最後に、「私が死んだ後、上から何も見えないように土をかぶせてくれ。そしてあなた方は私の死ぬ姿を見ないように上の方に行っていなさい」と言葉を遺しました。私達は営われた通り彼の見えない場所に行き、銃声が聞こえた後、戻ってきました。長谷川少尉はすでに事切れていました。その後、遺言どおり、土をかぶせてから、銃声がした以上、そこに留まるのは危険だとして移動することになりました。そろって歩き出した頃、みんなまともに食事らしい食事もとってないので、少しでもつまずくとすぐひっくり返ってしまう状態になっていました。

月夜の道を、夜通しすべってころんでははい上がりとくり返しながらガケを登っていくと、稲崎山の中腹までやってきました。つまり、島の裏側に着いたわけです。海岸は軍艦がぎっしりと埋めつくしていました。これまでの疲れが一度におおいかぶさってきたせいか目もあけてはおれません。みんなも黙りこくっています。

いつの間に寝てしまったのか目をさますと、またまた先程の女の人がいません。どこへ行ったのだろうとみんなでさがしていると、夕方になってから戻ってきました。話を聞いてみると、山のふもとを二、三人影が往き来していたため、何だろうと、一人でさっさとおりていったという事です。彼女の話では、こんなに逃げ回って歩いているのは私達だけで、民間人は大ぜい一か所に避難しているということでした。なるほど山の上からみると住民が壊の中を出入

りしている姿が伺えます。一週間近くだれにも会うことがなかったため、住民はみんな死んでしまって、自分たちだけが生き残っているとばかり思っていたものが、こんなに大ぜい生きているとは、夢みたいな感じもします。そこでは、だれそれは捕虜になったとか、だれは玉砕したとか、あらゆる情報が聞かれたとの事でした。私達も仲間に入れてもらって山をおりて行くと、やはり顔見知りの人たちが大ぜいいます。その時から私達は住民と共に生活することになりました。

みんなは夜になると芋を人の畑からこっそりとってきたり、なべがないため、ちょっと大きめのゆがんだ空能をさがしてきて、それ一つで、芋を洗って炊いたり、水をくんできて飲んだり、野菜を洗ったりしました。

芋がやや炊けたと思った頃、大急ぎでつぶしますが、だれか来る気配がすると、それをやめ、火が残っているかまには水をかけて急いで消し、煙をかくそうと、一生懸命あおぎたてたりしました。

そのような生活が二日も続いた頃、敵にばれそうになったため、阿佐部落の裏海岸へ行くことになりました。食楓がないため、何か流れてくるのをさがしながら行こうと海岸ぞいを歩いていると、いつの間にか部落民の避難しているユヒナの壕へたどりつきました。

そこでは、この壕にいただれだれは出ていってしまったと話をしていましたが、そう言いながらも、やはり自分たち自身、食糧もないし、島全体は軍艦に囲まれているし、先が見えて不安になったのでしょう。だれからともなく、自分たちも出て行こうという話がもち上がりました。私達もこれ以上抵抗しても......、と、やはり決心

を固めました。みんなが支度している所へ、まるでうちあわせていたかのようにタイミングよく大発がやってきて、私達を座間味部落の方へ連れていったのでした。

渡嘉敷島の集団自決

渡嘉敷村字渡敷

元渡嘉◆郵便局長徳平秀雄

甲種合格全国一の渡嘉敷村私は昭和三年徴兵検証をうけました。県立師範を卒業して、郷里で教職についたばかりでありました。検査場の小禄村の学校には、地元の小禄村の他豊見城村、波必救村から若者たちが集められていました。

渡嘉敷は私も入れて、十八名、人数はいちばん少ないのですが、一目瞭然、私の村はぬきん出た屈強な若者ぞろいで、他村を圧倒的に押えて、十八名中ただ一人が第一乙でその他は甲種合格。しかもその年度の合格率全国第一になり、朝日新聞社から、賞状をもらいました。それ以来、述続五回全国第一位の地位を保っていました。

渡嘉村は水が豊かで米はよく採れ、元来が酔薬が生業ですから、主食と良質の蛋白質に恵まれ、人間の発育に影響したのです。それだけに国家の教育は徹底的に、すみずみまで行き渡っていました。この戦争ではそれを見のがしてはならないと思います。

上陸まえ私は十・十空襲あと、迫り来る戦争に、どうにか家族を疎開させようと、軍隊に掛け合ったのですが、許してもらえませんでした。

というのは、慶良間列島は、基地隊の陣地構築と同時に、海上封鎖し、村民は一歩も島を出られないし、他所からここへ来るととも出来ませんでした。糸満の漁師が封鎖一日まえに来て、そのまま帰れず、戦争に巻きこまれたのも数人いました。

私たちは、この島には、秘密兵器の基地が構築されているとは知ってはいましたが、誰も口には出しませんでした。私たちの背後には、いつも、監視の目が光っていたのです。

私の郵便局は、建物はもちろん電話、ストップオッチまで軍に接収され、私の仕事はもう何もなくなっていました。医介補の伊野波先生がいた診療所は本部の医務室に替り、小学校は兵合に、学校は海岸端に仮小屋を造って授業する仕末、渡嘉敷の全てがこのような戦争一色に塗りつぶされ、緊張の中で、いよいよ戦争を迎えることになりました。

村民の中にはいろいろ問題はあったようですが、私自身は、自分を国家に捧げたものとして教育を受けていますから、こんなことは当然の成り行きと思っていました。

三月二十三日この村では、適齢の男性は、ほとんど防衛隊にとられ、村長と私とが最後まで召集をうけてはいません。鈴木隊が引き揚げ、替って特攻隊の赤松隊が、戦闘の配備につく頃、村長も私も、仕事と云え

ば、軍の要求を民間におろすととで実質的には、私たちは赤松隊長の下で、動いていたに過ぎません。

三月二十三日、早朝、私は、その前の日に渡嘉敷を訪問していた鈴木基地隊長の宿舎に挨拶にいっていました。温厚な鈴木隊長は、渡嘉敷で陣地構築中、私の家にしばらく滞在していました。その時の謝礼にと、黒砂糖と煙草をわざわざ届けて下さったので、御礼を申し上げようと訪ねた所でした。突然聞き憶えのある爆音です。グラマンに決まっています。私は、鈴木隊長岐、御元気で、私は帰りますと、挙手の礼をして、一直線自宅にもどりました。

軒に吊したザルの中には、昨秋の彼岸祭りの、のこり物が入れてあります。私は、家に入りしな、ザルに手をやり、ワシ摘みに、豆関やら、モチやら、ほおばりながら、貴重品を皮鞄の中に収め役場の嫁に行きました。そこには、作業中の兵隊や役場の職員がつまっていて、寸分の隙間もありません。

私は、壕の外のついたてに、せいいっぱい身を寄せていました。機銃掃射は砂煙をたてて、地上を這い廻っていました。

その頃妻子らは、自持の山の避難小屋で寝泊りしていましたが、空襲の朝は、ちょうど山から下りて、学校の仮校舎に差しかかった所で、壕を求めて、遁走している私とばったり会いました。私は有無を云わさず、子供の手をとって、再び山の壕へつっ走りました。田回のアゼ道を二町にも足りない距離を、走って、一里もの道程のようでした。

空襲は今までにない激しいものでした。渡嘉敏はあちこちから火の手があがり、今に村全体を包まんばかりのいきおいで燃えていま

 

した。「私の家は、残っていました。しかし向い会っている役場といい、私の家といい形が変っているようでした。入口の福木の大木が二本、なぎ倒され、裏に廻ると、牛小屋は潜れ、それに仔牛が死んで、膨れていました。家の中に入ると、一番座敷に小型爆弾が投下され、屋根に直経二メートルばかりの穴を開け、一直線に、ちゃぶ台の真中を通り、床につき抜けていました。一面に飛び散っているのは、先祖の位牌、背籍類、古い道具類、もうそこは手のつけようもありませんでした。

福木のすぐ下には、米、味噌、鰹節など、壕を掘って保存してありましたが、影も形もありませんでした。二十三日は、しかしこれでおしまいではありませんでした。夜になると、山といわず、村といわず、焼夷弾を投下して、焼き払っていました。

初めて米兵を見る..二十三日から始まった空襲はそのまま、二十四、二十五日と激しさを増すばかりで、いっこうに、おとろえる気配はありませんでした。とうとう艦砲射撃を見舞わされるまでになっていました。

二十七日昼、壕を出て小用を足していました。ひょいとなんとなく前方の山の頂を見ていました。まさかと思った米兵が立って、こちらを双眼鏡でのぞいているのです。自分の眼を疑いました。沖縄にまで米軍が上って来るなんて信じられませんでした。

とたんに私は身がふるえ出し、言葉も出ません。小屋の中で家族の者にどう伝達したか記憶にはありませんが、「アメリカーが、ア

メリカーが・・・」と宮策はこれ以上出ません。手まねで納得させたのでしょう。

ここは危ぶない、と私たちは、かねて準備してあった西山陣地の後方、恩納川原の避難小屋めざして出発した。誰の命令だったか知りません。その時村民も、私たち同様、恩納川原に向かってぞろぞろ歩いていました。

集団自決那覇に嫁いでいた私の姉は、中学生の長男を残して、十・十空襲で焼け出されたために、私の所に同居していました。私の家族は妻と子供二人。私は末っ子をおんぶし、姉とその小さい子供たち四名をひきつれて、泥んこの中を歩いていきました。村はずれまで来ると、私の恩師の真喜屋先生御夫妻に会いました。真喜屋先生は、首里の人で、渡嘉敏小学校の校長を最後に永い教員生活を辞められた方で、渡嘉敷を第二の故郷ときめ、そのまま島を去らずにおられた方でした。

先生は、初めは私の誘いも断っていましたが、私は半ば強引に、西山へ皆な行くし、あそこなら万一のことがあっても、私がど一緒していますから、面倒を見ることも出来ますと、いうと、そうですかと、ひとことおっしゃって、しぶしぶ私について来られました。私にはこの次に何が起きるのか、見通しがつきませんでした。

私たちは真暗間の中を、手さぐりで進んで行きますと、しのっく雨はいよいよ強く、私たちの行く手をさえぎっていました。末っ子をおぶって、その上にすっぽり被っていた綿入りの丹前は水を吸い

込んで、重い荷物になっていました。

恩納川原に着くと、そこは、阿波連の人、渡嘉敷の人でいっぱいでした。そこをねらって、艦砲、追燃砲が撃ちこまれました。上空には飛行機が空を覆うていました。そこへ防衛隊が現われ、わいわい騒ぎが起きました。砲撃はいよいよ、そこに当っていました。

そこでどうするか、村の有力者たちが協議していました。村長、前村長、真喜屋先生に、現校長、防術隊の何名か、それに私です。敵はA高地に迫っていました。後方に下がろうにも、そこはもう海です。自決する他ないのです。中には最後まで闘おうと、主張した人もいました。特に防衛隊は、闘うために、妻子を片づけようではないかと、いっていました。

防衛隊とは云っても、支那事変の経験者ですから、進退きわまっていたに違いありません。防衛隊員は、持って来た手榴弾を、配り始めていました。

思い思いにグループをつくって、背中合せに集団をなしていました。自決ときまると、女の子の中には、川に下りて顔を洗ったり、身体を洗っている者もいました。

そういう状態でしたので、私には、誰かがどこかで操作して、村民をそういう心理状態に持っていったとは考えられませんでした。「私のグループは、私は四歳の長男を膝の上に置き、二歳の長女は妻が抱いて、私の向いには、私の妻の兄の村長一家がもどっていました。

何とか村長はいっていました。私は目をつぶって今、自分が死ぬのを待っていました。私は、何も考えませんでした。つとめて、正

常ではなかったかと思います。村長はパカパカ叩いては自分のふところに入れ、それをくり返えしていました。

発火しない手榴弾に私はいら立ち、村長から奪いとって、思いきり、樫の木の根っこに叩きつけるのですが、やっぱり発火しません。周囲は、どかんどかん爆発音を発していました。その時、米軍の追撃砲がいちだんと激しくなり、ばたばた倒れる者が居りました。この時の迫撃砲で死んだのも少なくはありません。

どかんどかん撃ち込まれる迫撃砲をのがれて、私たちは死にそこねていました。たぶんそうだったでしょう。その時私は悪夢からはっきり覚めたようでした。村長をせかせて、私たちは、そこを離れました。

姉の長男と長女が手をつないで立っていました。そばには姉と赤児の死体がころがっていました。私たちは西山の日本軍陣地に向っていました。日本軍に何かしてもらわなくてはならないと自然に足がそこに向いたのは、当然です。

西陣地には着剣した兵隊が立ちふさがり、陣地内に一歩も入れてくれないのです。ワイワイわめきながら侵入しようとした村民に、日本軍は発砲していました。追撃砲も更に激しく、陣地を追われて逃げまどう村民をおっかけて来るようでした。終始、私の後についていた妻が、「うん」とうなって、しゃがみ込みました。妻は苦しそうに腹を押えているのですが、指の間から腹わたがとび出ていました。

子供だけは必ず助かるよう、私に早く皆と一緒に逃げるよう哀願していました。私は水を惚いて、そこを離れ、恩納川原下流めざして下りて行きました。

 

二日間どうしていたか、記憶にありません。私は再び自決場に戻っていきました。もしや妻が生きているのではと、しかし妻はどこにも見当りません。妻がどの辺に倒れていたのか方向を知りませんでした。私はその時どうせ生きられまいと思うことと、死んでたまるかという生への執着心が交錯しているようでした。この地獄の如き様相をまのあたりにしていると、はっきり自分というものがわかって来たようでした。

私は死んだ人たちの持ち物から、米を探して生米を嚙み、唾液と一緒に二歳の娘の口に流し込んでいました。私は、山を降り茶山を通って、自持の壕にもどって来ました。自決の日から三日目の三月三十一日でした。

食糧に窮す。さて、私たち親子は生き伸びていました。幼児二人面倒を見ている私は、生産をしなければなりませんでした。私の嫁の上方には、第三中隊の分所があって、たえず二、三〇名くらいの兵隊がいました。

この兵隊たちは、自活班といって、本隊からの支給を一切断たれて、いろいろなものを漁って、自給自足を営んでおりました。隊長の田所少尉は、時々私の壕に下りて来て、よもやま話をしていましたが、食順に窮していることは誰も同じだ、私たちは夜間一緒に稲刈りすることになりました。

米軍の陣地をくぐり抜けて、田岡に入り、遺う姿勢のまま穂先だけを切りとり、カマスに入れて、持ち帰ってきました。三〇名の兵

隊ですからいくらつみ採っても足りません。とうとう米軍陣地に近づき、地雷に触れて死んだのもおりました。

日本軍は、もつぱら食根あさりにあけくれている仕末でした。ところが、この日本兵たちは、私たちを監視しているのです。私たちも、米軍は住民に危害を加えないことは、とっくに知っていました。渡嘉敷村内には伊江島の人たち約千名が、米軍の保護を受けていましたし、私たちが、米軍に投降することを恐れたに違いありません。私の一挙手一投足には、背後から日本軍の目が光っていたのです。

米軍に投降する八月八日朝、私は投降しました。二人の幼児は弱り果てていました。私はそのまま米軍の幕舎に入りました。天気のせいですか、すがすがしい気持でした。米軍は私を問しました。そして日本軍の所在を知らしてくれというのです。日本軍は凶おうにも、出て来てくれないので、微底的に野砲を撃ち込むのだというのです。「私は途方にくれました。まさか知らすわけにも行かないので、夜中に歩いて来たので一体どこになっているのか知らないと、答えると、アメリカ軍は、それ以上つっ込んだことは聞こうともしませんでした。

私を砲台につれて行き、それから迫撃砲を撃っから、当って白い煙が出るはずだからだいたいそこだと思った所から煙が出たら、ストップをかけてくれといってどんどん採ち始めました。口をもぐもぐさせながら、楽しそうに、喋っているこの迫撃砲

私たちをどん底に落したり、私の妻も入れて何人もの人がこれに殺されたのだろうか、感無量であった。かたわらの双眼鏡をのぞくと、なるほど白い煙が出ている。私はいいかげんにストップをかけておきました。

百年まえペルリが来たことそして一枚の地図を広げて、今、弾の当った所はどこか地図で指摘してくれと、いうのです。私は地図を見てびっくりしました。山の名、谷の名、小川名まで逐一記入され、しかも俗名で、トゥトンジャーラとか、ヒランチーだとかローマ字で書かれてあるのです。

私が小学生の頃、まで生きていた、私の祖母の話を思い出しました。私の祖母は、那覇に上陸するまえ、渡嘉敷にペルリが来て、海と陸地を測量していたというのです。この地図はその時に出来たものかも知りません。アメリカの物基だけじゃなく、科学の水準の高さに今更ながら舌を巻いてしまいました。

日本軍に軍使を出す。私は収容所では配給カード作りを命ぜられていました。ある日、収容所長格の大尉が私の幕舎にやって来て、軍使を出してくれというのです。前にも軍使が殺されているし、私には人選することは出来ませんと断わりましたが、日本軍陣地へ最後の手紙なので是非というのです。私は中国で戦争の経験のある者がよいだろうと、二人の若者を選定しましたら、米軍について来た少年二人も、行くというのです。この少年たちは、日本軍には顔なじみで、いかなる事態

が起きようとも、自分たちは大丈夫だといって出て行きました。

帰って来たのは、経験者二人で、少年たちはとうとう帰って来ませんでした。少年たちの持って行った手紙が届いていたことは、その翌日早朝、知念少尉らが、降伏に応ずると、山から降りて来たことでもわかります。

言い足りないことどうしても云い足りない感じがします。集団自決は、私のことのみかれましたが、私は痛み入ることばかりです。それは真喜屋先生御夫妻の遺体が無惨な姿のまま、ころがっていたからです。私は面倒を見るどころではなかったわけです。

生真面目で通っていた先生は、自決しようと主張したといいます。そして、兵先に果ててしまいました。このようなことは一体誰の責任でしょうか。あの時、特攻舟艇を自沈させ、うつろなまま上陸を迎えて途方に暮れ、統率力を失っていた赤松隊長の責任か、また、村民の責任なのか、私はこれから更に、この問題を考え続けて生きて行かなければならないだろうか。

渡嘉敷村長の証言

元渡放村長米田惟好

集団自決私たちは、米軍が上陸すると恩納川原に向っていた。恩納川原に

 

は恰好な隠れ場所があった。また一つ山越せば頼みとする日本軍が陣どっていた。恩納川の下流は細く二手に分れていて、左右は絶壁である。

ここからは、米軍は上っては来れまい。この谷間は全体が完全に死角になっていて、そこには十・十空襲後、村では、唯一の隠れ場所として小屋も二、三棟建ててあった。

安里喜順巡査が恩納川原に来て、今着いたばかりの人たちに、赤松の命令で、村民は全員、直ちに、陣地の裏側の盆地に集合するようにと、いうことであった。盆地はかん木に覆われてはいたが、身を隠す所ではないはずだと思ったが、命令とあらばと、私は村民をせかせて、盆地へ行った。

まさに、米軍は、西山陣地千メートルまで迫っていた。赤松の命令は、村民を救う何か得策かも知らないと、私は心の底ではそう思っていた。

上流へのぼって行くと、私たちは、そこで陣地から飛び出して来た防衛隊員と合流した。その時米軍はA高地を領占し、そこから機関銃を乱射して、私たちの行く手を拒んでいるようであった。

上流へのぼると、渡嘉敷は全体が火の海となって見えた。それでも艦砲や迫撃砲は執拗に撃ち込まれていた。盆地へ着くと、村民はわいわい騒いでいた。

集団自決はその時始まった。防衛隊員の持って来た手榴弾があちこちで爆発していた。

安里喜順巡査は私たちから離れて、三〇メールくらいの所のくぼみから、私たちをじーっと見ていた。「貴方も一緒に......この際、

生きられる見込みはなくなった」と私は誘った。「いや、私はこの状況を赤松隊長に報告しなければならないので自決は出来ません」といっていた。私の意識は、はっきりしていた。

私は防衛隊員から買った手悩弾を持って、妻子、親戚を集め、信管を抜いた。私の手榴弾はいっこうに発火しなかった。村長という立場の手まえ、立派に死んでみせようと、パカッと叩いては、ふところに入れるのですが、無駄にそれをくり返すだけで死にきれな

周囲では、発火して、そり返っている者や、わんわん泣ている者やら、ひょいと頭を上げて見ると、村民一人びとりがいたずらでもしているように、死を急いでいた。そして私は第三者のように、ヒステリックに、パカパカ手榴弾を発火させるために、叩いていた。

その時、迫撃砲は私たちを狙っていた。私は死にきれない。親戚の者が盛んに私をせかしていた。私は全身に血と涙をあびていた。すぐうしろには、数個の死体がころがっていた。

私は起き上って、一応このことを赤松に報告しようと陣地に向った。私について、死にきれない村民が、陣地になだれ込んでいた。それを、抜刀した将校が阻止していた。着剣した小銃の先っぽは騒いでいる村民に向けられ、発砲の音も聞こえた。白刃の将校は、作戦のじゃまだから陣地に来るな、と刀を振り上げていた。

陣地を追っばらわれた私たちは、恩納川原にひきかえした。一部は俄志保島に対面する、この島の北の端に移動していたようだった。その時自決用の手榴弾の爆発音と、生き残って途方を失った村民の阿鼻叫喚に、迫繋砲が誘われたように撃ちこまれていた。

私は恩納川原への道すがら、盆地にひきかえしていた。救助に来ていた防衛隊員が、あなたの妹さんは死んでいました、といっていた。しかし私が着いた時、妹は虫の息で、まだ生きていた。

妹は私と一緒なので自決ではないはず、米軍の撃ち込んだ迫撃砲なのか、あるいは誰かに殴られたのか、とにかく土の中から、這い上って来た、といっていた。しかしこの妹はそこで二人の子供を失った。

私自身、自殺出来ないことが大変苦痛であった。死ぬことが唯一の希望でもあったが、私は村長の職責をやっぱり意識していた。今に、日本軍が救いに来るから、それまで、頑張ろうと生き残った人たちを前に演説していた。

生き残った中から看護婦の心得のある者を探し出し、防衛隊が救い出して、陣地に運んだという十数名の村民の看病に当てられた。たしか、今、糸満市で教師をしている仲村茂子さんと、小禄に住んでいる北村春子さんではなかったか......。

私には、問題が残る。二、三〇名の防衛隊員がどうして一度に持ち場を離れて、盆地に村民と合流したか。集団脱走なのか。防衛隊員の持って来た手榴弾が、直接自決にむすびついているだけに、問題が残る。私自身手榴弾を、防衛隊員の手から渡されていた。

この問題を残したから、死に場を失って、赤松隊と自決しそこなった村民とが、この島で、苦しい氷い生活を続けることになった。

赤松と私集団自決以後、赤松が私に対する濃度はいよいよ露骨に、ヒステ

リー症状を表わしていた。私を呼びつけ、命令ということを云い、おもむろに腰から軍刀をはずし、テーブルの上に、右手で差し出すように立って、「我が国の軍隊は......」と軍人勅諭をひとくさり唱えて、今日只今から村民は牛馬豚の歴殺を禁止する、もし違反する者は、処刑すると云い放っていた。

副官の証言

海上挺進第三隊副官

元陸軍少尉知念朝睦

渡嘉敷島へ私は昭和十八年召集をうけて、惚児島第四連隊に入隊しました。その後幹部候補生に合格して見習士官となり、昭和十九年七月、当時編成して間もない、水上特攻隊」(マルレ)の搭乗員として、四国に居た赤松隊に配属されました。

約一か月、厳しい訓練ののち宇品港を出て、門司、天草、鹿児島と点々として、南方に向ったのは九月も中葉すぎていました。

九月末に、着いた所は、南洋ではなく沖縄でした。船はそのまま私の郷里の首里を向いにして、波救に入りました。

赤松隊では、県出身は私ひとりでした。方言が通ずるので、いろいろ問題がありました。それだけに、私はつとめて、村民との交渉を必要以外はさけていなければなりませんでした。戦争ですから兵隊優先は止むを得ないことです。民家に分宿して

 

いる兵隊たちは母屋を占領していました。小さい島ですから、いやおうなしに軍、民接触せざるを得ません。

いろいろなしわ寄せが村民にかかり、たちどころに行きづまっていました。はじめは、そうでもなかったのですが、私は聞かぬふりしていたのですが、「この兵隊どもがここに来なければ......」と方言で愚痴をこぼしていました。それが日がたつにしたがって、兵隊に対する不満は大きくなり、広がって行きました。「そういう状態でしたから私は方言も使わないし、村民と用事以外は殆んど口をききませんでした。村民の生活が、まともに出来なくなるのですから感痴も仕方のないことでした。

このようなことは、沖縄の縮図のようなもので、兵隊が来て数か月で沖縄全体が、そういう雰囲気になっていました。

私は隊長のお供で那胡に出ることがありました。首里は私の生地ですし、私の家族は限本に疎開して首里にはいませんでしたが、出覇の度ごとに親戚の者を訪問して、安否を気づかっていました。

とある一日、私はその親戚の家族とくつろいでいました。そこへ陣地構築にかり出されて、モッコやツルハシを背負っている男女がぞろぞろと、私のすぐそばを通り、ちらっと私を見て、「此奴らのために難儀するよ」と過ぎていきました。

沖縄県人の心の中には本土人に対し特別の英和感があったことは素直に認めなければならないと思います。どうにも他府県の連中のために自分の生活が毎日破壊されて行く状態には、我慢がならないと、いうことでした。私は県立工業学校を卒業して、大蔵省に入り、大分と東京から採

用された同年の二人と一緒でしたが、その時、私には東京は全く別世界でした。私は祭で毎日出てくる「おかず」の名さえ知らなかったのです。「琉球者」とさげすまれ、苦しいことばかりで、なじむまでに永い時間がかかったように思います。

そういう私は、いつの間にか、他府県人には負けないぞ、という生き方にかわって行っていました。これは大なり小なり、他府県で生活した沖縄県人が体験することです。

このように他府県人に対する異和感と、他府県人が持っている差別意識とが、まぜあわされて、この戦争でさまざまな形になって現われたと思います。

はじめての敵十・十空襲は那制でぶっつかりました。当日は第三十二軍の兵棋演習の行われる予定でそれに参加する赤松隊長のお供で私は波之上にあった旅館に校泊りしていました。

兵棋演習は参謀本部が招集し、第三十二軍の綜合的作戦計画ということで、水上特別攻撃隊の部署についても、討議されることになっていました。

当日、爆撃と同時に私たちは近くの高射砲陣地に避難しました。何十機と群がっている敵機に、高射砲隊はひるまず応戦するのですが、弾は米機にあたりませんでした。「私たちはその場を出て、今の山形屋うらにあった船舶司令部に行きましたが、大町司令官はどこに避難したのかわかりません。司令部の近くの壕に避難していると、那覇の街は燃えていました。はじ

めての敵は、あまりにも強烈でした。

海上挺進隊e海上特攻隊は、慶良間には三つありました。梅沢少佐のひきいる座間味の第一戦隊は、単郵中隊で、司令官大町大佐はときどき、そこへ、作戦計画で現われているようでした。

やは米軍上陸まえ一回だけ実弾で合同演習を行ったことがありました。のは当時公表してはいけない秘密兵器でしたので、演習は当然村民を村内から出さず、峠には衛兵を立てて、厳しい監視の中で行われていました。

渡嘉敷、座間味、阿嘉で丸く囲んだ内海で全舟艇は二百五十キロの爆雷を抱えて、内海の中心に向って全速力で三方から押し寄せ、敵艦に三〇度の角度で接近し、舟艇の先きが、敵艦に接触したと見るや、爆雷を投棄して、六〇度方向転回をして、即ち三〇度の角度を保ちながら遁走します。その後、四秒で爆発するので搭乗員は助かる算段は、充分にあるわけです。

赤松隊は百隻の舟艇を持ち、三つの中隊に分かれて、おのおの渡嘉志久、阿波連に配備していました。

私は本部付の警戒小隊長で、出撃の時は私の舟艇が先頭を切ります。私の次に赤松隊長艇、そのあとに三中隊が横に広がって続き、突撃の態勢にうつると、ばーっと散兵して、目標に向うことになっていました。

当初は、舟艇は搭乗員もろとも「体当り」することになっていたのですが、むざむざ、搭乗員を殺すべきではないと、改められてい

ました。一説には、河風球を扱った映画を天皇陛下がご覧になって、若い者を殺すな、といわれて、改められたと聞きました。さて私たちは、ただ一日きりの演習で、敵艦を待っていました。

自沈したの」「三月二十三日、早朝から始まった空襲は二十四日、二十五日と続いて、激しさを増すばかりでした。二十五日駆逐艦を先頭にして、巡洋艦、潜水艦と二十災ばかりの米艦が慶良間列島の内海に侵入して来ました。

その時、基地隊は「出撃準備せよ!」と各中隊に連絡していました。搭乗員は、爆雷を点検したり、給油をしたりして、最後の調整に余念がありません。

夜に入って、芝水作業が、軍民一体となって行われました。水盃をかわし、基地隊は、〔機を構えて、背後から授護射蝶にそなえていました。

だ水も無事終わって、先頭を切る私は、機関銃を抱えて、今か今かと、出撃命令を待っていました。

しかるに、その時、内海に居ったのは、哨戒艇一隻、他には何も見あたりません。このことは、隊長に私が報告しました。止むなく司令部へ敵艦の所在について、指示をあおいでいました。返って来たものは、「赤松隊は、本品に合流せよ」という命令でした。

気の早い連中はモーターを回転させて今にも飛び出して行かんばかりです。行く者も、見送る者にも緊張の瞬間でした。折から慶良間列島視察中、阿嘉から渡嘉敏に来ていた大町司令官

 

は、受水を中止し、すみやかに揚水するよう、命令しました。

勇躍出撃しようとしていた隊員たちは、気をそがれて唖然としていました。二五〇キロ爆田のついた舟艇を海面から引きあげ、レールにのせるだけで隊員たちは精根つきていました。

とうとうグラマンの飛びかう中に、その秘密兵器の姿をさらけ出してしまったのです。どうにか一部は塚の奥に穏し、揚水出来ない大多数は、破壊してしまわなければなりません。隊員たちは命令どおり、ピッケル状のもので船底に穴を開け、底に沈めてしまいました。

私の部下の結城伍長は、出撃するといって聞きません。隊長の命令でも聞けないと、まさに飛び出さんとしていました。私は結城の舟に穴を開けました。彼は舟もろともごぼごぼ沈んでしまいました。海底で棍を握っている彼をひき上げたのは、やはり私の部下で

した。

これで、我が隊の当面の目標「敵艦百隻撃沈」は遂げられぬままに、むなしく終ってしまいました。目標を失った若者たちは、酒を飲む他仕方がありませんでした。

二〇歳にも満たない若者たちは、よっぽど腹のすわった述中でした。二十三日の空襲は渡嘉敷を徹底的にたたいていました。ちょうど部下を引きつれて、阿波連に状況視察に出ていた私ははいつくばって一歩も動けません。

私の軍刀と傍に居た部下の拳銃が、かちかち合って鳴っているのです。不思議に敵機の爆撃の中でよく聞えました。私の体がふるえてとまらないのです。その部下が隊長殿、寒いのですか、「ばかた

れ、何が、......」と私は気ばってみせていました。

米軍は上陸していました。私たちは、あらかじめ設営していた西山陣地にひきあげました。

集団自決のこと西山陣地では電話も通ぜず各隊との連絡は容易ではありません。かろうじて各隊が集結していた頃、西山陣地の後方では、村民の自決が行われていました。

十歳くらいの女の子と、兄弟らしい男の子が陣地に私を訪ねて来て、お母さんが自決したというのです。はじめて自決のことを聞きました。

この子らは阿波連から恩納川に行き、西山陣地近くで、この子が手榴弾を発火させ、母親に投げたところ、赤児と母親の間におち、死んでしまったということでした。その自決場所には、妻子を殺したという男が半狂乱に、私に、自分はどうしても死ねないので斬ってくれと、わめいていました。この男も、姉弟も元気に居ります。

どうして、こういうことがおきたのか。その動機は、おそらく、数日まえ阿嘉が全滅し、村民は自決したときいて、いずれ自分たちもあのようになるんだと、きめていたに違いありません。そこへ、米軍の迫撃砲です。山の中をさまよい、わいわい騒いでいるところへ、どかんと飛んで来たのがそれです。

もう生きられる望みを断たれたと、思っていたのです。それが自決をさせたと思います。しかし私が問題にするのは、十歳の少女がどうして手榴弾を手に入れたか、ということです。

それにしても私が見た自決者の遺体は六、七体でした。記録に残る三三九体というのは見ていないし知りません。三三九体なら、それは、恩納川上流に累積していなければならないはずですが、そんなのは知りません。

赤松隊長は、村民に自決者があったという報告を受けて、早まったことをしてくれた、と大変悲しんでいました。

私は赤松の側近の一人ですから、赤松隊長から私を素どおりしてはいかなる下令も行なわれないはずです。集団自決の命令なんて私は聞いたことも、見たこともありません。

もっとも、今現存しているA氏が機関銃を借りに来ていました。村民を殺すためだというので赤松に追い返えされていました。

軍隊と村民との間小さいこの島ですから、軍は軍、民は民というわけにはいきません。集団自決や米軍の攻撃で深い傷を負った人たちが、米軍に救われ、回復して戻って来ると、とたんに村民は、米軍に対する考へ方が変って来たようでした。

村長や助役や郵便局長が、山から降りて、米軍に投降し、こんどは、村民を山から降ろすために、いろいろ宣撫工作をしていることにまでなっていました。

軍隊にとっては許しがたいことで、スパイ行為です。夜陰にまぎれて村民がぞろぞろ山を降りる情景が見られました。

そのような中で、米軍の捕虜になって逃げ帰えった二人の少年が歩哨線で日本軍に捕えられ、本部につれられて来ていました。少年

たちは赤松隊長に、皇民として、捕虜になった君たちは、どのようにして、その汚名をつぐなうかと、折かんされ、死にますと答えて、立木に首をつって死んでしまいました。「少年たちは年が年ですから、戦争の恐ろしさも、軍規の厳しさも何も知らなかったのでしょう。死隊では当然利敵行為は許しません。村民が捕虜になって、陣地や兵力に関する情報が敵に通じないという保証は出来ません。そういうことで私も人を斬りました。

伊江島の女性を処刑する伊江島の女性を私が処刑しました。伊江島の男女四人が、投降勧告文書を持って、陣地に近づき、捕えられ処刑されました。ところが、その中の女性一人が生き還って逃げてしまったのです。基地隊の西村大尉は私を呼びつけ、おまえが逃がしたのだろうというので、私は非常にしゃくでした。

今度は捕えたので来てくれというので、行ってみると、女性は首を斬られて、頭がぐきりぐきりと小きざみにふるえていました。破傷風に罹っているのです。破傷風で死んだ高島少尉と同じ症状でし

た。

この女性はすっかり観念し、刀じゃなく銃でやってくれといっていました。銃は敵に向けるべきものなのですが、私は自分の短銃で殺しました。

私はこの女性は以前から蹴見知りでした。伊江島の人たち一千名が強制収容させられた四月下旬、私は決死隊として、収容所内に潜り込み、「知念少尉だ」と名乗り出たことがあります。その時の村

 

民の狼狽の色は並たいていではありませんでした。

村民は私をかくまい食事一切の世話をしてくれました。昼は床下に、夜になると這い出して、情報の収集をしていました。私を世話した中にその女性がいたのです。顔をよく憶えています。

私がやったことは軍隊でやったことで、命令に従ってやったまでのことです。私には何もやましいものはないと信じています。渡嘉敷の戦争に関する何冊かの本の中には、私に同情的に書かれているものがありますが、「やられたのは沖縄人、やったのは日本軍」と。いう考え方には賛成しません。私は沖縄県人といってる赤松隊の一兵士です。

朝鮮人について知念軍隊は作戦を遂行しただけです。やましいことは何もありま

せん。むしろ沖縄県人の内部に問いかけてみるべきではないでしょうか。私も会いたくないことはあります。云うと現存

している人たちに迷惑がかかるかも知りません。筆者では地元に迷惑のかからない朝鮮人について。知念朝鮮人は陣中日記にもあるように、いち早く逃げ出し、米軍

に投降しました。しかし中には、逃げ出したが、米軍に投降しない者がいて、その連中は村民から物は盗んで喰うし、強

姦はするし非常に危険な存在になっていました。筆者食糧を盗んだり、強姦事件もありましたか。知念村民からそのような報告を受けていました。赤松隊長の命令

で私は討伐隊を編成して捜索をしていました。村民の通報で

海岸にひそんでいる三人の朝鮮人を捕え、私は「おまえたちの名誉にかかわることは一切公表しない。靖国神社にも祀る

から......」と説得して斬りました。よろこんで死にました。筆者村民の要請は村会か常会かの決定によるものですか。知念いちいち村会か常会にかける間なんてありません。個人的な

るのでした。おそらく強盗も強姦もしなかったでしょう。筆者村民が殺してくれと要請したのですか。知念殺してくれとは云いません。しかし報告のとおりだと、軍規

にふれますから殺さなければなりません。筆者殺された理由は何ですか。知念逃げた連中が畑を荒らしたことは事実です。私たちは何とい

っても村民の生命が大事ですし......。

朝鮮人は軍夫およそ二百四、五〇名、慰安婦六名が私たちが上陸まえからいました。鈴木大隊が引きあげたあと、軍夫は赤松隊が引きとり、各中隊に五、六〇名ずつ配して使役していました。朝鮮人は米軍上陸あと自活隊を編成して食無の自給自足をさせていましたが、投降してしまいました。

慰安所は今の小学校のすぐ向いにありました。主も朝鮮人でした。慰安婦の中には女学校を出たという、教養と品位の高い者が居りました。一回の遊びが一円五〇銭でした。一人は空襲で焼死しましたが、残り五名は、軍夫と同じ行動をとったに違いありませ

ん。

日本軍は実際は朝鮮人までいちいちかまっていられなかったので

山を下りる八月十七日、米軍の投降勧告文書を持って陣地にやって来た二人の男が処刑されました。この投降勧告文書について早速将校会議を開いて、私が軍使となって、投降の交渉をすることになりました。私たちは二日まえ、ラジオで日本が無条件降伏したことは知っていました。

集団自決とそのあと

渡嘉敏村阿波連金城ナヘ

集団自決阿波連は、一日目の艦砲射喉で、焼け野が原になっていました。アメリカ軍は、阿波連から上陸するので、早く渡嘉敷の山へ逃げるようにと、私は小さい息子二人をせかして、追いかけられるようにして、渡嘉敷に向っていました。

大粒の雨が、私たちの行く手をさえぎっていましたが、今、目の前に浮いている、山のような黒い軍艦から鬼畜の如き米兵が、とび出して来て、男は殺し、女は辱しめると思うと、私は気も狂わんばかりに、渡嘉數山へ、かけ登っていきました。

私たちが着いた時は、すでに渡郡波の人もいて、雑木林の中は、人いきれで、異様な雰囲気でした。上空には飛行機が飛び交い、こんな大勢の人なので、それと察知したのか、迫撃砲が、次第次第に、こちらに近づいてくるように、こだまする爆発音が、大きくな

す。しかし捕虜になって本島に渡る時、処刑した三人も焼死した!名も遺骨を持ち帰って、阿嘉収容所で、朝鮮人に引き渡しました。

阿嘉収容所で朝鮮人グループが私を私刑にかけたことがありましたが、本部に居たという軍夫にかばわれ雅を逃れました。私たちは、朝鮮人については、その姓名も知りません。ことばは通じなかったし、立場は違うし、あまり関心もありませんでした。

大城訓導の処刑当時、渡嘉敷小学校の校長は戦後立法院議員になった宇久真成氏で、私の同郷の先輩です。びっこのために軍隊にとられなかった崎田訓導は、私とは付属小学校のクラスメートでした。そういう関係で大城訓導とは多少面識がありました。

昭和十九年十月頃、三十二軍の方針によって赤松隊も現地から防衛隊を召集することになりました。「大城訓導も入隊すべし」という村民の強い意向で、やむなく入隊したようで、兵隊になるにはちょっと年をとりすぎているようでした。

大城訓海は同じく教師である夫人と女の子一人をつれて那覇から赴任したばかりで間借生活をし、まだここの生活にもなじんでいなかったといいます。身重の夫人と幼子をおいて、入隊することは不本意だったといいます。

戦争状になると、土地も食植の考えもない母子に、村の人たちが分け与えた生活をしていたといいます。それが続くはずはありません。妻子の網状を聞いた訓導は、逃げて妻子のもとへ帰りました。三回逃亡しては捕えられ、とうとう処刑されてしまいました。

 

ってきていました。

村長の音どで天皇陛下万才を唱和し、最後に別れの歌だといって「君が代」をみんなで歌いました。自決はこの時始まったのです。

防衛隊の配った手榴弾を、私は、見様見まねで、発火させました。しかし、いくら、うったりたたいたりしてもいっこうに発火しない。渡嘉敷の人のグループでは、盛んにどかどかんやっていました。

迫撃砲は、すぐそこで爆発した。自決しようとしている人たちを殺していた。若い者が、私の手から手榴弾を奪いとって、パカパカくり返えすのですが、私のときと同じです。

とうとう、この若者は、手榴弾を分解して物をとり出し、皆に分けてパクパク食べてしまいました。私も火薬は大勢の人を殺すから、猛毒に違いないと思って食べたのですが、それでもだめでした。私のそばで、若い娘が「渡嘉坡の人はみな死んだし、阿波速だけ生き残るのかー、誰か殺してー」とわめいていました。

その時、私には「殺してー」という声には何か、そうだ、そうだと、早く私も殺してくれと呼びたくなるように共感の気持でした。

意地のある男のいる世帯は早く死んだようでした。私はこの時になって、はじめて、出征していった夫の顔を思い出しました。夫が居たら、ひと思いに私は死ねたのにと、誰か殺してくれる人は居ないるのかと左右に目をやった時です。私の頭部に一撃、クワのような大きな刃物を打ち込み、続けざまに、顔といわず頭といわず...。目を開いて、私は私を殺す人を見ていたのですが、誰だったか、わかりません。そのあと死んでいっ

た私の義兄だったかも知りません。私は、殺されて私の側に寝ている二人の息子に、雨がっぱをかぶせました。

蘇生した私土の臭いをかぐように、うつぶせていた私は生きていました。あれからどれくらい時間がたっていたでしょうか。土の臭いをかいで生きかえったのです。しかし体は動きません。うつぶせのまま、手を動かしてみたり足を上げてみたりしていると、どうやら、首から上が自由はきかないのです。頭と身体とは別のもののようでした。

雨は、大降りではないがまだ降り続いていました。ちょろちょろ流れ落ちて来る水を左手で受けとめ、口に持っていったのですが、口が開きません。.

またしばらく、じーっとしていると、戦争は終ったのでしょう。弾の音は一つも聞こえません。側に居た二人の息子は、そこにはいません。しかし、私は死んだ人たちの中に、ひとりでいましたが、恐いとも何とも思っていませんでした。

私はこの島には私ひとりが生き残って、他はみな死んだものと思っていました。私は早くシマに帰ろうと、残っているだけの力をかりしぼって身を起してみました。側に居た息子はいません。点々と死体の上に目をやるのですがそれらしいのは見当りませんでした。

私の帯がほどかれて、ふところのものは、全部なくなっていました。こんな時に泥棒するものもいるものだ。私は下へ下へと降りて行くと、ジーシップに面した海岸に出ていました。そこは渡揺數のちょうど反対側なので、私は、シマと逆の方向に向っていたわけで

阿波連の老人たちの中には、自決の日、雨の中を山道は歩けないので、部落に残っている人たちがいました。この老人たちは、米軍に保護され、部落に帰って生活していました。ひょっとすると、自決の日、私たちとはぐれて姑も居るかも知らないと、部落に下りて来ると、老人だけの中に、姉はいました。

そのまま、私は阿波述に居付いていると、米兵が来て、私を舟にのせて、座間味へつれて行きそこの病院に入院させました。

そこには、私の他に、やはり自決未遂の思者が十四、五名いました。時々映画に掘られたり、記者らしい者もやって来て、珍らしそうに、私たちを見ていました。「カミカゼ」とか私の知っている言葉もいくつか出ていました。私の傷口は、彼らの興味の対象でしたので写真は何回撮られたでしょうか。

入院した時、米兵は、ちっともきたなさそうにもせず、私の体を熱湯で洗ったり、髪を刈って丸坊主にしていました。私の傷は、背中と首と頭は、三ツ又鍬でやられ、顔は丸太ん棒でやったようだと米軍は云っていました。

口は、初めは、一粒ずっ米粒を入れていましたが、毎日ヘラで上下運動していると、明くようになっていましたが、歯という歯が一本もありません。口じゅう丸坊主になっていました。このようにして二か月、私たちは、再び阿波巡に戻って来ました。阿波連は、概争の生活の続きでした。病院でのぜいたくな食事は夢を見ているようでした。

私の体は回復したとはいっても、そもそも私は未だ口が開けないし、足はよちよち歩きのままでした。それでも食紙を迎んでくれる

す。

山全体が、雑木を少し残しているだけで、はげ山となっていました。私の目の前をアメリカの船が行ったり来たりしています、その度ごとに私は、エビのように小さくなって、身を隠していました。

そこへ五、六名の日本兵がやって来て、口もきかずに、小さいにぎり飯一こ置いて、今来た道をすたすた去ってしまいました。未だ生きている人たちがいたのだと、私は不思議なほど安心感がみなぎってきました。しかしおにぎりは、一粒でも、口に入れることは出来ませんでした。

私はまた眠り続けました。一昼夜寝ていたかも知りません。目を覚ました時、おにぎりはまだ左手ににぎられていました。私はふるい起って、歩きはじめました。一つ山を越えては、そこで眠り目を覚ましてはまた歩くと、何回かくり返しているうちに、とうとう阿波連の自分の壕に来ていました。

そこには親戚の者たちが居て、私を見て大変びっくりしていましたが、集団自決のことは知っていたのでしょう。子供たちはどうしたのだと聞いていました。「死んだ」と答えると、子供を死なせて、なぜ生きているのかといい、私の働の手当どころか、壕にも入れてくれないのです。

私の首は質って、悪臭を発していましたので、親戚の人は私を壊の中に入れてくれなかったのです。しかし私は食べ物も何もほしくありませんでした。そのようにして時間がたつに従って、二人の子供のことや、いろいろなことが、頭によみがえって来て、くやしさや、悲しさやで止めどもなく涙が流れてきました。