久米島の戦争を記録する会『沖縄戦 久米島の戦争』インパクト出版 (2021年)

久米島の戦争を知るための必読書

沖縄戦 久米島の戦争 私は6歳のスパイ容疑者 [ 久米島の戦争を記録する会 ]

 

 

谷川一家虐殺事件

牧志義秀(字久間地大正2年生まれ)

後ろから袈裟斬り

谷川さんは島の人に慕われていた。ナービナクーをしてあちこち回っていたから。中には彼が朝鮮人だということで嫌いな人もいるわけで、その人たちが作り話で噂を立ててそれが、山の兵隊鹿山に伝わったのだ。久間地にも住んでいてよく知っていたので谷川さんの家族殺害のことはあまり話したくなかった。彼は決してスパイではなかった。

 

事件の発端は、1945年の旧暦7月5日、お盆の日だった。僕は、家の東側で月を見ながら涼んでいた。そしたら山の兵隊が5~6人入ってきた。その中には友達が2~3人いた。電信長といってね、殺害事件の実行責任者で名前は常といったかね。それに僕と同年の宮里という恩納村出身で上等兵後に鹿山隊長に殺された花岡兵曹長。僕は炊事夫の砂川という人とも友達になっていた。鹿山隊長から谷川を殺せという命令が出されたことを聞いて谷川さんは鳥島に逃げていた。殺害実行部隊は、西銘のハッタには、アメリカ兵がキャンプを張っていたので、そこを避けて久間地に回ってきたのだ。僕の家に1時間ほどいて、鳥島にむかった。僕の家の隣には鹿山に殺された仲村渠明勇さんの兄さんが、僕のいとこと結婚して1人でいた。明勇が殺された後だから、自分は明勇の兄弟だから山の兵隊は自分を殺しに来たのだと、兵隊を僕が連れてきたと誤解されてしまった。それまでは、おじさんのように親しく付き合っていたのに、仲直りするのに4~5年かかったよ。

 

鳥島へ行ったのは、兵隊7人はど、民間人は僕と当山君2人であった。その中に鳥島の人がいた。彼は谷川さんが隠れている家を知っていたのだ。久間地から鳥島までは、シミズバルを通って農道があった。なぜ上の県道を通らずにそこを通ったかというと、西銘のハッタには米軍のキャンプがあったからレーダーに引っかかって察知されないよう下のシミズバルを通って腰をかがめ、足音を立てないように鳥島まで行った。

 

2、3人の兵隊が谷川昇さんを隠れていた家から引きずり出してきて護岸の方へ首に縄をかけて引っ張っていった。僕は殺すところは見なかったが、鳥島の青年たちに聞いたのだが首を絞めて殺し護岸から突き落としたらしい。遺体は鳥島の警防団と青年団が片付けたそうだ。谷川昇さんを殺した後そこから引き返して字上江洲に行った。家には妻と子供たちがいた。兵隊たちが誘いだしたらびっくりして、妻は子供を負ぶって逃げた。ンジュノハタ(溝の端)、當間さんの家の前に灌漑用の溝があり、小道が通っていて傍にガジマルの木があった。今もあるかもしれない。その下に母子をつれてきた。電信長は日本刀を持っていた。ワラに包んで肩にかけていた。刀を抜いて後ろからばっさり袈裟切にした。そこから再び谷川さんの家にいった。女の子が2人いて、兵隊が、お父さん、お母さんのところに連れて行ってやるからと連れ出し、今度は山里の方へ行った。山里の西側に松の木が3本あるでしょう。そこに連れて行くので僕はついて行かなかった。女の子たちの遺体は山里の青年団が片付けた。母親と子供は、久間地の青年団が片付けた。ンズノハタの前で、僕は目の前で殺すのを見た。民間人で見たのは僕だけではないかと思う。書かれた記録はほとんどが伝聞で、目撃した人はいない、だから事実がちがうところもある。お盆の日だから皆家にいて見ていない。翌日谷川一家が殺されたことを知ったという人が多い。僕は電信長をよく知っていた。谷川昇さんには、誰かが鹿山の動きを知らせたと思うが、察知して鳥島に逃げていた。まさか家族まで殺されるとは思わなかっただろう。家族は家にいたのだから。

 

見せしめに部下を斬殺

久間地のカンジンバルに墓があってそこに5人の日本の海軍兵が寝泊りしていた、僕は青年団長していたから助けようと思ってご飯を炊いて持っていった。花岡が隊長になって斬り込みに行こうとしていた。斬り込みといっても銃も何も持っていない。山ナタを持っているだけ。そんな状態で斬り込みに行くのは馬鹿らしいので止めたほうがいいと僕が言ったので止めて引き返した。すると鹿山は、隊長命令違反だということで花岡を殺した。僕は現場を見ていないが、現場で目撃した友だちから花岡兵曹長がやられた時の状況を聞いたのだが、日本刀で切り殺されたが、一刀では死に切れず、ギャーともの凄い叫び声を上げて、3メートル位走って藪に倒れこんだ。その時の何ともいえない声が忘れられないといっていた。

 

山の通信隊は、最初澤田が隊長であったが、鹿山に代わった。鹿山は髭を蓄えて人相も悪かった。空襲の時も一人で日本刀を引っさげて一番高いところに仁王立ちに立っていたのを見たことがある。威厳を示すためだったと思う。鹿山は、降伏するとき威厳を保とうと日本刀を下げていたが、それも取りあげられて、PWとかかれたHBTを着せられ惨めな格好をしていた。

 

僕は友だちの兄さんが軍にいたので山の兵舎にはよく出入りしていた。兵隊はみな顔を知っていた。鹿山は人相が悪いだけでなく性質が悪かった。僕は部下の兵隊と付き合っていたので、鹿山隊長には憎まれていた。敬礼の仕方が悪いと殴られたこともある。兵舎は普通の木造板壁の粗末なものであった。隊長の部屋だけは立派で、そこに16歳の愛人を連れ込んでいた。