比嘉太郎 (トーマス・タロー・ヒガ) - ウチナーを救ったウチナーグチ「んじてぃくみそりよー」(信じて出てきてください)

f:id:neverforget1945:20180113164144j:plain

 

比嘉太郎 (トーマス・タロー・ヒガ) さん。

 

海を何度も往復したひとりのウチナー。彼についての英語版の Wikipedia はあるが、日本語版のものが、ちょっと探しても見つからない。残念である。

Thomas Taro Higa - Wikipedia

 

また BS のドキュメンタリー『戦場の良心(ちむぐくる)〜沖縄を救った日系人』、現在は見ることができない。再放送を切に願う。

 

移民の世紀

比嘉太郎は、沖縄移民の歴史のなかでもユニークな人物といえます。両親が中城村字島袋(なかぐすくむらあざしまぶくろ)出身の移民一世で太郎がハワイで生まれたことから、沖縄・本土・米国と度々の往復をしたことで実に多彩な人生を体験しました。太郎はこの両国の文化や精神を知る経験から移民を語っているのです。たとえば戦争の語り部・戦災救援運動の推進・出版や映画などを通して移民の真実を深く伝えています。


 両親は1905年(明治38)にハワイに渡りました。太郎は1916年(大正5)に生まれ、二世であるゆえの人生を生きていくことになります。小さいころは、いったん沖縄の祖父母のもとに預けられます。それから、中学を中退して出稼ぎで大阪の紡績工場を最初に職を転々とします。その時、数々の就職体験から沖縄出身者への差別も感じました。やがて、ハワイの両親のもとに戻ります。1937年(昭和12)には電気技術の勉学のため再び来日、1940年(昭和15)にまた、ハワイに帰りました。まさに戦争勃発の前の年でした。


 大平洋戦争が始まると、太郎はアメリカ日系二世部隊として過酷な欧州最前線に送られました。「日系兵は前線でタマよけに使われるのだ」という偏見や差別の噂(うわさ)のもとでの召集でした。また、戦火が沖縄に及ぶと両親の郷里で通訳兵として壕の投降を呼び掛けるなどして恩師(おんし)を始め多数の人命を救いました。戦後も13万人余りの日系人の収容所を訪れ慰問しました。

 

 太郎は熱血漢と正義感にあふれる人で、戦後の沖縄の戦災復興運動や政治運動にも取組みました。戦争で破壊された沖縄救援の大運動をおこし、同郷人に応援を呼び掛け、多くの救援物資を送ることに努力を惜しみませんでした。

 

 さらに注目すべきは、1946年(昭和21)日本人だけに許されていなかった帰化権を米国の差別として抗議し、獲得に向けて大きなうねりをつくりあげたことです。当時、1946年の末から1947年(昭和22)の春にかけて米大陸の帰化権獲得期成同盟会は、ハワイの日系人たちの呼び掛けて応援運動を展開していました。このとき、太郎はハワイで発刊されたコロラドタイムス)の編集長でしたが、講演・宣伝・寄付募集などに駆け巡り、帰化権獲得(きかけんかくとく)に向けて奮闘しました。ハワイでの一大運動の展開も功(こう)を奏(そう)し、1952年(昭和27)には日本人の帰化が認められました。

 

 比嘉太郎ほど、愛郷心に燃えた不屈の開拓精神を貫き、移民の真実を伝えてやまない人はいないでしょう。ウチナーンチュ(沖縄人)の肝心(チムグクル)(暖かいハート)とハワイアンのホスピタリティー(歓待心(かんたいしん))を兼ね備えたハワイ移民二世といえます。

 

 

再放送が見たい !

 

【TV】中江裕司監督が沖縄戦で地元住民を救った米軍日系通訳兵のドキュメンタリーを制作

沖縄島ガール

2015年7月21日

 

NHK BS1では、8月10日(月)、沖縄在住の映画監督・中江裕司氏が演出を手掛けたドキュメンタリー「BS1スペシャル『戦場の良心(ちむぐくる)〜沖縄を救った日系人〜』」(仮) を放送する。

同作は、太平洋戦争中、激しい地上戦が行われた沖縄で、アメリカ兵として従軍しながら、国家の枠を超えて数多くの命を救った、ハワイの日系二世、トーマス・比嘉太郎氏の知られざる物語を綴ったもの。

比嘉氏は、米軍情報部の通訳兵として活躍していた。太平洋戦争中、両親の故郷・沖縄に従軍することに。

 

艦砲射撃が降りそそぐ中、旧日本軍の抵抗が続く洞窟(ガマ)に丸腰で入り、住民の投降を沖縄の方言で、「ワンネー、ヤマグスクヌタルーヤイビーン。ンジティクミソーリヨー (私は中城村の比嘉太郎です。信じて出てきてください)」と呼び掛け続けた。時には、1日に3つの壕を武装解除させたという。

そんな比嘉氏の行動を支えたのは、心の底から相手を思いやる沖縄の真心「ちむぐくる」だった。番組では、比嘉氏が残した本や手記を手掛かりに、当時を知るハワイや沖縄の人々の証言を加え、一部をドラマ化。

ドキュメンタリー部分では、沖縄出身のお笑い芸人・ガレッジセールのゴリも出演し、日本人でもアメリカ人でもなく、一人の人間として戦争に従軍し、沖縄を救った比嘉氏の真実に迫っていく。

 

比嘉太郎氏が救った屋良鶴子さん(左)と当時、行方がわからなかった朝助さん  (握手の相手)と面会

 

沖縄公文書館で比嘉太郎氏の足跡を追うゴリ

BS1スペシャル『戦場の良心(ちむぐくる)〜沖縄を救った日系人〜』」(仮)
2015年8月10日(月)  21:00~22:50 NHK BS1にて放送

 

 

命の恩人忘れず 元米軍通訳兵の長男来沖 北中城

琉球新報

2015年5月6日 06:08

 【北中城】米軍通訳兵として沖縄戦に従軍した比嘉太郎さんの長男で、米カリフォルニア州在住の県系3世、比嘉アルビン(愛作)さん(68)が4月24日、「帰米2世」の父が9歳まで暮らした北中城村島袋を訪れ、住民約120人が集まった。地元の島袋自治会は「戦時中、うちなーぐちで投降を呼び掛けた太郎さんのおかげで多くの命が救われた」と太郎さん宛ての感謝状を贈呈し、アルビンさんと抱き合った。

 

f:id:neverforget1945:20180113162617j:plain

 

 「太郎さんのおかげで今の自分がいる」と感謝されたアルビンさんは「父を覚えていてくれてうれしい」と笑顔を見せた。住民と固い握手を交わし、カチャーシーを一緒に踊ったが、「戦争から村民が苦労して生活していたことを思うと悲しい」と複雑な表情も浮かべた。


 「悲しい気持ちとうれしい気持ちがある」と話すアルビンさん。太郎さんは従軍中に目の当たりにした県民の生活を戦後ハワイの人々に「島に人影なし、フール(豚小屋)に豚なし」と伝えた。ハワイの人々を説得し、ヤギや豚、医薬品などを船で送る支援の先駆けとなったことで知られる。

 「父は自分の行いをほとんど話さなかった」が、多くの写真を撮り、詳細を書き残した。その資料は県立公文書館などに寄贈された。

 父について調べているアルビンさんは、太郎さんを主人公にした音楽劇の米国公演で、太郎さんの役を演じたこともある。

 大田昌秀元知事とも親子2代で付き合いがある。「大田先生には『まるでお父さんを見ているようだ』と言われる」と照れる。

 「いばってはいけない」という父の教えは今も生きている。「沖縄の友人を増やし、父がつくった関係をつないでいきたい」とほほえんだ。


 アルビンさんは今回、沖縄戦で父の軌跡をたどるため宜野座村などを訪ねたが、その前の晩、亡くなった父の声で目が覚めた。「父は『うちなーぐちが沖縄を助けたが、今は話せる人が少なくなり危機的な状況だ。うちなーぐちを助けてほしい』と言った」。アルビンさんは「これからうちなーぐちを勉強したい。離島の言葉もいろいろ話せるようになりたい」と今後の目標を語った。(清水柚里)

 

夢にでてきたという比嘉太郎さんの言葉、私たちも忘れないで覚えていきたいものだ。

 

うちなーぐちが沖縄を救った。だから今度は私たちがうちなーぐちを助けなければ。