教師たちの沖縄戦

戦争は教育から手をつける ~ 軍事教練 - 教育機関からはじまる軍人教育

1925年の陸軍現役将校学校配属令の公布により、中学校以上の教育機関で実施された軍事教練。だが、戦局が悪化するに連れて厳しさを増した。 陸軍省は1928年、青年訓練修了者検定規程を公布し、軍事教練を成績に加えた。武器の使用法や行軍などが国語や数学と…

沖縄県立水産学校 - そのとき学校の教師たちは

今回の復刻は、沖縄県立水産学校について。生徒48人教師2人のうち、生徒31人教師1人のいのちが奪われた。水産学校の上級生十数人は国頭へ、そして下級生の通信隊は首里へ。教師も伴わないで激戦地の首里に送られた通信隊の子どもたちはその多くが亡くなった…

御真影奉護隊 - 校長の沖縄戦 - 95%の学徒が犠牲になった沖縄県立工業学校の通信隊

御真影とは、そして御真影奉護隊とは !? 琉球新報『戦禍を掘る・学徒動員』[7]工業学校長の沖縄戦 生徒が兵舎を建築 校長も作業の“現場監督” 詔書類に火つける「鬼畜のじゅうりん」回避 沖縄県立工業高校では、生徒97名教師7名のうち、生徒88名が戦死しま…

「教育者」の沖縄戦 ~ なぜ「教育者は、戦争協力者になってしまった」のか ① 内政部教学課

なぜ日本の教育現場は政治の介入に脆弱なのか 教育委員会が推進する愛国教育 親学、モラロジー、竹田研究会、という愛国ソフト 琉球新報『戦禍を掘る』【2】内政部教学課 (1)学校にも戦局迫る 校長は視学にびくびく (2)召集で教員が不足 生徒は農家で…

一枚の写真が物語ること ~ 米軍に「パンチョ」と呼ばれた教師について

資料コード:0000112250 (1945年4月3日)「捕虜になるより銃殺」 《AIによるカラー処理》【原文】 An Okinawan teacher about 42 years old and a farm boy, 14, are brought in for questioning. The old man wanted to be shot rather than be taken. The b…