戦争証言 本部半島( 2 )

 

 

ところが、意外にも、そのために軍と民間との板挟みとなり、随 分苦い思いをさせられた。三度三度の食事にも困っている村人たち に、軍命として供出を強要したこともたびたびであったし、また、 微用を済ませて、帰宅したばかりの人々に対して、情容赦もなく、 直ちに伊江島行きを命じたこともあった。そのために、随分、村の 人たちから反援を買ったし、苦情を持ち込まれない日は殆んどなか った。

日本軍のための食糧調達 米軍が上陸して来た時、私たちは、村の近くの壁に隠れていたが そのうちに艦砲が激しくなったので、みんなと一緒に山奥に逃げ 込んだ。そこでも私は、区長として、山の中に潜んでいた日本軍に 利用された。それは、食梱調達係ともいうべきもので、村人たちが 砲火の下をくぐって担いで来た食槌を、軍命によってかき集める役 割であった。たしか曹長だったと覚えているが、夜中にこっそり現 われては、「極秘だぞ」などといって供出を命ずるのであった。事 実、村の人たちも、ようやく食いつないで生きている状態であった が、そのたびに私は、無理じいにかき集めなくてはならなかった。

私たちのいた避難小合には、昼は米兵も来ていたし、もしも日本 軍と通じていることが露見したら、村中の者が殺される恐れすらあ るということで、いつも戦々恐々であった。

捕虜となって久志へ やがて米軍は、避難民に対して、四時間以内に下山するよう勧

告して来たので、私たちもついに下山することを決意した。そして 人々は、みんな今帰仁に向かったのであったが、その時の光景たる や、渡久地から今帰仁に至る県道は、いつ果てるとも知れぬ人の 波また波であった。老人も子供たちも、持てるだけの荷物を担いだ り、頭に乗せたりして、蛇々と行列をなしていた。

そして今 泊に着いた私たちは、そこに一泊して、その翌日に久 志へ連れて行かれた。それ以来、久志には六か月間もいたが、ひど い食糧難が続いて、栄養失調やマラリアで倒れる者が続出した。私 たちも、一か月ぐらいは芋の葉を摘んで食べていたが、間もなくそ の芋さえもなくなって、海の藻ばかり食べていた。殆んどの人々は 々越境々して具志堅へ食撤を取りに帰っていたが、私は、たくさん の子供をかかえていたので、そうするわけにもいかず、とうとう一 番下の子供を栄養失調で亡くしてしまった。

マラリアと食糧難 久志から戻ってからも、私の家族はみんなマラリアで痩込んでし まった。久志での耐乏生活の疲れがどっと出たのであった。また、 家も焼けてなくなっていたので、しばらくはテント小舎にいたが、 三、四か月もかけて登材をそろえ、家族総出で茅を刈り集めて、よ うやく山羊小舎のような住居を作ることができた。

もちろん、村に帰っても、食無事情はいっこうに好転せず、子供 らをたくさんかかえていたこともあって、かなり長い間、蘇鉄を食 べて過ごさなくてはならなかった。

今帰仁村の戦時状況(座談会)

今帰仁村字湧川糸数 昌 徳(三六)

字越地宮里政 正(四二競) 字諸志島 松 - (三一 ) 字天底与那 文 子(四十歳) 字諸志内間 敏(二四歳)

糸数 戦争も近づくとわたしらは役所に詰っきりでですね、家族ほ ったらかしておったんですよ。最後まで役所にいた。戦争期間は県 との連絡がストップしましたからね、もう上陸するときには。当間 重剛さんが沖縄県の翼賛会事務局長でしたが、あの人の指令ばっか りしかこなかったです。知事以上の権限のように感じました。ぼく ら今帰仁村翼賛会の委員でしたので、役所に最後に当間重剛さんか ら指令がきて、軍と行動を共にして、村民の保護にあたるようにし なさいと、最後の指令がきたんですよね。ちょっとの間だったんで すよ。ぼくらが集まってどうするか、この指令でもう最後というも んだから、それじゃもう、その指令対策をどうするかといって、も う誰も対策について発言する人いなかったわけです。歌次校々長の 玉城精吾さんが、村民とともに軍も一緒になって山に避難しよう、 そして米軍が来たときには、もう竹槍で突っこんで互いに死のうと 言ったので、みんなももうそうしようと、それでもうみんな解散し てですね、うちに帰ったわけですよ。それが最後の日ですよ。名護 あたりは上陸していた。するとあとで、精宮校長が生きとったもん

だから、あんた死のうと言ったんだが、死んでいないじゃないかと いって笑った。だが、しかしあれひとことでですね、非常に生きて ましたね。 宮里子ども連れて、山にはいって自分らで防空壕掘って。それか ら赤ん坊連れて、子ども六名連れて八名家族で疎明で羽地いったら、 一軒家に百二十六名でしょう。狭いところで庇にムシロしいてー半 年。カバーさがして、蚊は多いし、子どもは蚊にかまれてー。 糸数 今帰仁村疎開学童が全部命びろいしたです。謝花宮越さん といって、渡仁の人でね、その喜昭さんが殺されてです。その頃 は状況非常に悪くなっておるので、運送船でやってはこれはもう保 障できないのでー。那覇の警部で今帰仁出身の謝花宮福という方か ら軍艦にのせるから、明日すぐ出してくれないかと電話連絡があっ たんです。それでもう駄けまわってですね、もう準備もそこそこで いいから、軍艦にのせて、乗りなさいといっておくったら全員命び ろいしたんですよ。対馬丸みたいなものに乗せられたら全部犠牲に なって、疎開学童の命はなかったでしょう。 宮里 疎開先から帰ってきてからですね、人間が変わったですね。 糸数 わたしがその学童を連れて日本に行くように命令されておっ たんです。わたしがですね。それを玉城の新垣正男という役所の会 計係のひとが、ぼくと交代してくれないかねえ、家族が疎開するの でわたしはひとりになるから交代してくださいよと、もう泣きつか れたもんだから、わたしもう自分ひとり行く準備しておったもんだ から、家内が非常に心配しておったもんだから、帰ってこないかも しれないから、あんたがた覚悟をしなさいよと言うておったもんだ

 

から、あんたがもう家族がそんなにであれば交代していいよと。あ れの家族は一緒に出発したんですが無事につきました。それからは 今帰仁疎開者担当としてこっちからも給料送っていました。宮崎で あとから亡くなりました。

村民が一番苦しかったのはですね、駐屯部隊の後用ですよ。今度 は何人、今度は何人といって、役所に、出せといって、これを徴用 係、この方がさしておったわけよ。松一さんが。そしたら、いっぺ ん出しえないでですね、何十名といってきてあるの、それだけ出し えないで、そうしてかれて行ったら、もう海軍に、貴様これでも役 所更員か、やめろとね。離なぐろうとしよったといって、もう泣い て帰ってきてるわけ。もう村長に、わたしこの仕事、絶対できませ んから、今日ぎりでやめますといって辞表を書いて出しているわけ ですよ。あんたがやめたらこの仕事だれがもやりきれないから、わ しも激励して、やりなさいやりなさいと言ってさしたんですが、も う、あれこわがって、役所の行き帰りあれにみられたらやられると ばかりしか思っていませんからね。あれ、会うのもこわがってから ね。もう帰ったらまた、はや劇りあてされるのを許してくれと家に いっぱいしているし、こっち来たらまた役所にあれのところにいっ ばいするし、非常に立場を失ってね。伊江島に徴用やったときに、 もう伊江島、空要されたわけですね。そうしてもう連絡不通になっ ているから、もうどうなっているかわけわからない。親連中でも娘 全部徴用で向こうにあれがやってるもんだから、今うちの子ども返 せといって泣きつかれてよ、全部母親に。あれもう伊江島に行きま したよ。命を賭して。

授 二回行ってきましたですがね。もうあそこの者と協力すると いう。どうしても戦争は勝たなければならないというみんなの気持 がなければですね。とても、あそこで一日でも作業できないです。 なぜかというと、もう十月十日の空襲でさえも全部省告も焼かれ、 家にもはいれないですから。また知りあいになった人でないと、恐 感な人でないと知ることもできない。だいたいもう誰か、団体なん か、青年学校とかね、全部にはいって。むこうの森はこのうちぐ らいのところがありますね。もっと大きなのもありますね。天井は 高いしですね。そしてもうとてもー。みなそこにはいって、寝泊り しとったんですが。この中やっぱり湿気あるでしょう。あの若いひ とたちでなければなかなかそうした生活はできなかったですよ。 糸数 語るみんな割りあてですから。野菜も、向こうまで行くまで には相当品物がいたんでですね、なんかー。 宮里迎ぶのは北の舟艇があったですね。本部まで荷馬車で、それ から舟艇ー。 糸数 農業会があって、向こうでも集荷して、伊江島まで民間や駐 屯部隊に配給するんです。が、向こうは、伊江島というところは水 は非常に少ないわけなんです。井戸水も海の水混ぜてー。手足を洗 うのも、水浴びするのもみな溜池の水で、非常にみじめです。 宮里 井上大隊などは、わたしのうち学校から近いので、毎晩十人 ぐらいずっ来よったですね。 糸数 陸軍は食札なかったですよ。 宮里 大晦日の日にですね、話もらいに十五名ぐらい来ていたです。 島袋 食糧は充分あるのはあったんですよ。だが、戦闘になった場

合のために、非常に節約したんです。販系のいっぱいのメシをです ね、だいたい三、四名ぐらいでわけてやりよったらしいです。だか らどうしても足りない。陣地作業にいくとき、民間に話があるわけ だから、それからたくさんもらってー。みな兵隊で、内緒で。公け にすると上のほうから兵隊を、それはもうひどいめにあわされよっ たらしいですが。 糸数 食べもの食べるの、いっぺん見たがね、御飯の上に味噌を、 生味噌このくらい食べよった。 宮里田中中隊長といってね、太った人、しょっちゅう家往復して、 これお酒でもあったらまた飲む。それから沖縄のうた教えたり。語 もあげたらね、おいしいといった。あの人がうたつくってね、沖縄 の諸うさがみて知る栗の味、うさがみというのは教語ですがね。そ の人も伊江島いかれてね苦労しとったよ。 島袋 うちらの関係ではね、 伊江島にもー これ地元の人ですから ね、ひとりも性者なかったね。ただ馬力徴用ですね、ひとり青年 が十月十日の空襲でー。 与那 けが人は、十・十空襲では、村民のけが人はいなかったんじ ゃないかと思うんですよ。石川さんは三月の空襲でー。 糸数 役所に夜明けに来てですね、帰りに空愛にあって、この大井 川の橋のたもとに、竹藪の中に隠れているのをやられてですね。

準備体制がよかったと思っておったわけですね。その当時、県の 輸旋で防空体制について講演してもらいましたが、その講師だった ラバウルから帰った将校の指導によってですね、たて穴を全部概穴 に、三か月で全部かえて、防空壕の整備が非常によかったと。また

土質上、みなサンゴ礁でしょう。サンゴ礁だから直撃あたっても生 きるわけですね、いい場所見つけて掘りました。 島袋 久志の大浦崎といって、今あそこにアメリカ部隊ができてい ますね。辺野古の上に大浦崎といって、あそこに今帰仁からも、平 敷からも、それから本部、伊江島からもちょっと、ここに強制収容 されたわけです。みな出てこいといって、これ集めなさいといって ですね、沖縄戦も終ってじき二、三日ぐらいー六月の二十三日頃だ ったと思うんですがね。そのときもういよいよ船に乗せられて、ど こか南洋かどっかに、それから海のまん中かどっかに沈められると いうデマがとんで、それで衣類・食想とかもてるだけもって、ひと かたまりになってですね、アメリカのトラックでみな乗せられてー。 本部廻りしていった。これはもう最後だからと思って、もうあきら めていたですね。そしたらもうみんな恐怖というの何も感じないら しかったな。湖辺底に大きな船が四、五てあるわけですよ。もうい よいよあの船に乗せられるなと思って、わたしらもね、あきらめと ったんですよ。そしたら許田からずっと山の方にあがっていくんで すよ。着いたところが大浦崎で、あそこはもうハゲ山で、木も、高 い木もないぐらいですからな。みんなむこうでおろされて、行った らテントもはられて、辺野古の上のほうです。下のほうではLST で食植運んでいる。もうテントで部落みんな、二百人ぐらい集団 で、翌くてねえ。夏だからめいめいで木を燃やして、煙だして敗ふ せいで。マラリアでねえ。熱は毎日四、五人ぐらい入れていた。わ たしはむこうで役所でー今帰仁村役所があった、村長もむこうで

す。

 

宮里 むこうから帰ってきたらですね、村の有志全部集まれという ことで、玉城の公民館にですね。百人以上集まったかね。その席上 です、アメリカの将校がきて、長田盛徳を今帰仁村長に合ずと言っ てね、村長に命じたわけ。それからね、友軍にねらわれてね。友軍 は山に隠れてますからね。盛徳さん殺すといってね。長田さんは、 兼次校に米軍がいたので、むこうに行っておった。

与那強静光という人、あの人が毎日弁当もって越地まわりして ね、狭次校に長田盛徳さんの弁当もって毎日ーその人また殺された ですね。長田盛徳さんは、友軍が引き返してくるうちに、表から逃 げて危機一髪で助かったという。 糸数そのときまではまだ戦争中ですからね、はやかったですよ。 宮里そのときは久志はまだ全員帰ってこないよ、あのとき。村長 選挙もね。久志も一緒に帰ってきてから、村長選挙にしようといっ とったんだが、それ待たんでね、すぐ長田さん、村長に選ばれたで しょう。 島姿全部はまだ帰らないとき。 宮里あとで文句でてね。なぜ村民全部久志から帰ってから選挙せ んのかと、親泊の連中が押し寄せてきてよ、十名ぐらい。そのころ 総務課長していたから、わたしね、ひどいめにあったよ。なぜ村民 全部集めてしないかといってね。公文はわたしが出しとるからね。 糸数それから分村問題でてね。西はもうお麟立てしたところに、 あれはあれらでやってるわけですからね。勝立てしてあるわけ。村 長松本吉英も決めて。そこに久志から全員帰って、そして対等合併 でなく吸収合併みたいな形になったものだから、むこう怒って分村

するとー。西は西、もうつくるといってね。分村問題もでたです よ。 島袋 むこう、わたしら行ったら、もう毎日マラリアで、年寄りは みな倒れてですね、年寄りはほとんどもうー。 宮里跡花西睦さんという波Uの人ですね、殺された。あの人は 兵事主任ですね、村の。あの人ぐらい友軍に協力した人はいないん だろうとー。 糸数あれ、軍関係もたしとったから、自分の野菜を持ってきてく れる、バナナを持ってきてくれる、アヒルを殺してくれる、平の将 校述中に相当な資材を出してやってるんですがね。後殺されたで すよ。 宮里 長田整徳さんの隣りであり、友人でですね、与那嶺静光さん が自分のうちで殺されたんです。

アメリカの将校が村長を命ずるでしょう。やらなければやられる から。当時友軍は全部山ですね。 島袋 あのとき集まった、村長命じられたとき集まった人、百人ぐ らいですね。全部友軍の手帳に載ったそうです。 糸数も、マブヤマも弱かったので全滅してるんだが、中南部はち ょうど滅戦中ですからね。そのときにここは後方陣地になっておる ときにー。 島袋ここは休養地になっておったんです。あっちで戦闘して疲れ たらこっちで休むという。 糸数軍と相談して、マブヤマの宇土部隊は弱くてすぐ降参しまし たからね、わしらは最後まで山に残っておったんですが。今帰仁

理するときですね、そういった連中、戦闘中にもかかわらず、はや アメリカの軍と一緒になってからに、村をつくるとかなんとかいう もんだから、それで全部整理するといってからに、名刺を持って歩 きよったんですよね。それをわたしに見せて、能々を殺す、みんな 殺すといって、手帳にねー。 「あんた方、誤解ですよ。これはね、宮里政安さんは戦前から料亭 をもって、料亭の女をたくさんかかえておるので、そして一般の婦 女子が米軍に強姦されて、たいへんなことになるので、それでその 女を提供して慰安所をつくって、婦女子を護ろうという精神からで たものであってですね、決してスパイ活動ではない。こんなにりっ ばな、住民を護ろうとする考え方に対してね、あんた方もうこれ整 理するのか、大変ですよといったら、事実か、そうか、スパイでな いかっていってね、追及、わしにさんざんしたんですよ。 絶対も う。 あんまり早かったので。 みんなこっちで村民の若いの徴用し て、カンパンなんかに行かして仕事させる計画なんかしておったも んだから、みなスパイだといって、今帰仁整理するといって、みな 犠牲者になっとるわけですよ。 島袋 米軍の憲兵隊、今泊の馬場に行ったんですよ。孫一さんのう ちのあたりに上里という店があった、そこが憲兵隊長の事務所だっ

た。

糸数長田盛菊さんもわたしも山から探して歩きよったです。あれ が村長になるから、ぼくを役所人だから、役所にでてからどうする って、ぼく山から探して歩きよったー。今頃なんかでたら、もう友 早は今帰仁整理するという計画たててるのに、もうすぐやられると

思って、わたし逃げまわって、あれらに会わなかったですよ。あの ときなんか、あれらと行動をともにしたらね、すぐやられておるー いくらわたしが山で釈明してもね、きかなかったですね。 宮里気づかなかったらやられていた。こわかったですね。長盛さ んのときも危機一変だった。当座さんとも知り合いの人ですよ。ア クセントで日本兵とわかってすぐ逃げた。 糸数 役所に電話ひとつしかないでですね、役所の除貝がスパイを その電話でしはせんかといって、季鋭さげて電話口のところにね、 ひとりは替戒しどおしですよ、将校が。役所の職員を襲って。その ときは電話は、村には郵便局と役所しかなかったから。湧川に上陸 する寸前ですよ。 宮里友軍こわくて。上陸してからアメリカはね、洗濯物もってく るですよ。先濯しなさいといって。これもう、洗濯するの、友軍が みたらね。すぐやられますからね。これもう一番こわかったです よ。 糸数友軍は、敗残兵はずっといたですよ。 島袋宇土部隊はね、マブヤマにおったわけですから、あの八重岳 の下。一、二回ぐらい戦闘したかしらんが、ここはもうあれだから、 こちらに転戦したわけです。羽地多野に、大宜味、国頭の山に。そ したもんだからアメリカ軍ー。 宮里宇土部隊、海軍ともう最後は宇土部隊と一緒になったわけで す。陸軍と海軍みな一緒になってですね、こっち宇土部隊が全滅 したといってー。陸軍はマブヤマ、海軍は運天。白石部隊は潜航

艇ー

 

糸数 井上大隊はこっちから離れて、泊(那覇)でですね、白兵戦 で全滅してるんです。 宮里こっちはもう十月十日の空襲で相当やられて、相当やられた んです。 糸数上陸前にあれら、船は全滅してるんですよ。もう一隻ものこ らない。 島袋上陸前にこっちから特殊潜航艇ですかね、魚雷艇という、ビ ューッというて、もうここは、沖縄は、あんた、アメリカの軍艦で 全部まかれておるわけですからね。ここ伊江島と本部との間に、も うアメリカ軍艦、もう集中してるわけですからね。ああ、これもう 十四、五隻ぐらいおったですよ。 そこにむかって、むこうから攻 撃に行きましたね、 よく行きましたよね。行って、そして攻撃し てー。 宮里もう魚雷艇というのも、ただもう肉弾みたいな、ベニア板で つくってですね、国は十米ぐらいの、こんな大きな魚が二つかか えて、敵艦船のところまで千米ぐらい近づいていって、そして火の 玉を空に打ちあげるわけですよ。そしたら夜であるもんだから、友 軍機がきているというふうにだまして、高射砲ばかりバンバン撃た せて、そして横っ腹からあれらの魚雷を、千米から発射して引き返 してくる作戦であったわけです。これ、はじめは敵もうまくだまさ れて、火の玉ばかりに向かって高射砲を発射して、檻っ腹からあれ らにやられるのわからないで、大戦果をあげて、凱歌をあげて帰り よったんだが、最後はもう、これらの作戦すっかりあれらにわから れてしまってですね、もうちゃあんと磁石で、探知機でどこにきて

るか、ここにきてるか、前もってやられて、そして沈没させられ て泳いで帰ってくる者もおるし、もうあと役に立たないようになっ て、また基地もあれらに発見されて、上陸前に船は全滅したですな。 糸数 いちばんはじめ上陸したのは、ぼくの地元の湧川ですけど、 ぼくらもわからないでですね、自分の防空壕のうしろでピストルの 音がするもんだから、おかしいねえ、沖の機銃とか大砲の音ばっか りだが、もういよいよ地上でピストルの音がするもんだから、あや しいなあと思って、防空壕の上にあがってみたら、もう米軍がたく さん来てるわけですね。そしたら、すぐにはわからないもんだか ら、みんな壊の中におるもんだから、わからないで、壕の入口まで 米軍がきたところもあるんですよね。河川に安仁屋という首里か那 柄のほうから来た人の親戚の方で仲松という人の壕の中におって、 もう米軍がすぐ防空壕の前にヒョッコリ現われたもんだから、敏と って言てすぐ闘ったわけ。すぐそこで殺されてですね、それから もうクモの子のように全部壕からでて、真展ですよ、山に行ったん ですよ。そんなときには、ほかのひとはみな、米軍が羽川に上陸し ていることを知って、ぼくらが行くときには最後で、もうみんな行 ってるわけ、村民は山にいった。 宮里 精神がその精神であるので、わたしも子ども五名連れて家内 にも!。

 

わたしは羽地行ってからよ、二か月ぐらいして、友軍全部が投降 してね、銃剣全部没収されてよ、かえされたよ。 糸数 わしはマブャマにしか友軍いないからといって、乙羽の頂上 からずっと伊豆味に向って行ったら、向こうからもうどんどんこっ

ちへ帰ってくるわけさ。あっちへ行ったらもうすぐあんた死ぬよ、 もう戦死者こんなにだよ、もう友軍もむこうにいないよ、全部もう 全滅したよ。 そうかといって、また引きかえしてね、こっちへき て、で、最後まで山に行ったんだが、もうみんないないし、うちに きたら友軍が仲宗根の橋で斬り込みした、海軍が斬り込みしたとい ってね、米軍怒ってからに、それから今帰仁の掃蕩戦だといって、 翌日わたしこの抑滅戦にひっかかってしまってね。子ども抱いてい たのに、十名ぐらいの米軍がすぐぼくをとりまいて、試問を始めた わけです。あのときだけは死ぬと思ったね。 島袋 事務所の前のモウ、消防の前のアメリカは術兵で普戒して、 兄さんと玉城ヒロシ先生と新城さんの四名、機銃撃たれて、命から がら逃げて、朝未明にうちの方に来た。散兵して部落にきてー。 宮里越地の人が久志からね、許可されてね、もどってきたらしい が、ちょうど宮里政族さんらが出て湧川に来る時分に、米軍将校 に手榴弾投げてよ、湖川の南海の塔の前あたりで、友軍が投げたら しい。それからもう米軍が五十名ぐらい、わたしの部落(越地)に ね、全部着剣して、わたしのわっていたよ。わからない通訳連れて 軍人が歩いてくるんですよ。そして便所もタンスも剣であけて、配 給あった国民服のズボンもってきて、これ兵隊のものでないかとい って、全部調べられた。そしてようやく足が悪いから軍人でないと 許されたよ。今帰仁校に米軍がおるときに、山から夜友軍がきて斬 り込みしたら、その翌日はもう総動員のアメリカーが散開してね、 わたしの部落ね、一軒一軒しらみつぶしに調べたよ。 糸数あのとき政安さんがね、あれは米軍とずっと前から一緒にな

ってつかう「良民証」もらって、馬車もって、堂々たるもんであっ たよ。もうあれ堂々と歩けるわけ。そしたらぼくらのとこ塩あるも んだから、その塩をもらうために心平をもって、水盤ですね、あの アメリカが使っておった水艦、それを置いている家にわたしがおっ たわけさ。これが一番悪かった。友軍ではないというんだが、もう その水艦をみつけて、きみ、これは米軍のもんだ、これ盗んでき たー。もう十名ぐらいで、わたしまん中において、全部銃をもって 構えたもんだから、これで撃ったらあれらもあたるから、今は撃た ないだろうと。そしたらわたしひとり前方にたてて、十米ぐらいう しろで立ち撃ちをしたもんだから、ダメだ、観念せんといかんなと 思った。そしてもう神様にー。もう無念でですね。あのときは無念 で無念で仕方なかったんだが、もうこれは逃がれられないと思っ て、頭骨あたって即死をお願いして、もう神様にね。心のうちで即 死をお願いしまして。すると子どもがきて泣きついたわけですね。 そしたら米軍が、わしの子か他人の子かを確認していたらしい。し ばらく議論していたが。

そして銃をつきつけられて歩かされた。そこに道が二つあるわけ さ。どっから歩いていいかわけがわからないものだから、そのとき はわたしは田んぼにこうしてすわっているわけ。もうやられるとい うことは覚悟しているもんだから、この道に行きますか、この道に 行きますか、振りむいたら米兵は一斉にしりぞいて、びっくりして からに逃げてね、向こうへいってまた銃を構えているわけ。そして 田んぼ道にでたら、もう山から全部、友軍探しているアメリカの兵 隊が百名ぐらいになっていた。それから、わたしが友軍であるか一

 

般人であるか、裸にして調べるわけ。わたしは役所へ動めているも んだから、靴マメはあるしですね、農業はしていないから手マメは ないんですよ。米軍は半分半分別れておって議論しているわけで す。片一方は友軍でない、片一方は友軍であると議論しているらし い。一時間ぐらい待たされて、さんざんやられてからに、あとは 二世だったでしょうね、ちょっと将の小さいのがきてからに、肩 をたたいて帰れと合図したんですよ。うしろからやられるかなと思 って、もう振りむいたらまたやられはせんかと思って、もう振りむ きもしないで、どうなったかわからないが、わざとゆっくりゆっく りと帰ったら、わたしを許してそのあとすぐ、沢艦の安定さんと安 治さんという人が、逃げるために二人やられてですね、ぼくのよう に落ちつけば、あれらも射殺されないで逃げたと思うんだが、もう これ保段できないと観念して、こんなところにおっては安心できな いので、わたしはもう運天原ですね、我地の、愛楽園が非常に安 全だというもんだから、むこういって、泉さんといって事務長しと ったから、屋我地の村長養愛楽園の事務長しておったから、わたし 泉さんにお願いして、むこうにわたしの親戚―妹の避家があって、 主人が出征していなかったんで、そこの長男だといって、泉さんに お願いして、もうずっとそこにおったんですが。すると家内やおじ の連中が、もう羽地にきても大丈夫だから、きなさいといって、わ ざわざ呼びにきておるもんだから、むこうに行って。おじは我部祖 河収容所の替察署長しとったんですが、何か仕事あったら仕事させ てください、こうしとったらまた米軍に会ったらいけないからとい ったんです。すると、一応カンパン (田井等の収容所。若いものだ

け集めて抽プみたいにして使った)行ってこないとどうにもならな いね、すぐ発覚するから、一回は、カンパンに行っていなさい、ぼ くがアメリカに相談して出すからというんです。もう、そこへ行く ぐらいなら、ほくもうせめて屋我地に帰るといったんですよ。そこ も行かんで、ようやくむこうで設営隊に入って。良民証もまだ若い のでもらいに行けないで、六十のおじいさんにお金くれて、あれか らもらってくるんです。わたしの分もらってきなさいと言って五十 円金あげたら、営んであれがもらってきとったですよ。六十歳とい ってつけておるんだが、わたし三十台だから、カードの年令書いて あるところ、中に折り曲げてですね、そしてここにさげて行きよっ たんですよ。さあ、これまた検査あるわけ、米軍の隊長がひとり来 て。その券がですよ、これ発していよいよカンパンにやられるな あと思って。もう若い者全部、きみダメダメといってカンパンにや るもんですからね、耶もってきて。その組になるのは間違いだと思 って。ところがあとは浜さんという呉我(収容所)の村長が、も う時間がないのでね、非常に急いでおるので、来いとぼくにいうも んだから、これ幸いだと思って、もう行ったところは見せないで、 そしたら、もう券を非常に大事にしてあるもんだから、オ、上等、 オ、上等だといってね、帰してもらったんですよ。命びろいしたと 思っておったら、木の陰でこわがって出きれない者が、エッ、どう してのがれたね、どうしてのがれたねとぼくのところに集まってき ておった。もうそれ言ったために、あれらに言われて、来いといわ れたら大変だと思って、教えもしないでですね。 島袋 白髪ですよ。若い人でよく白髪が多い人がありますね。こう

いった人はもう年をごまかしてね、オッケー、オッケーだったんで すがね。 糸数我屋宗助という方、ここに三本白の髪があるわけですが ね、これをわざとこうしてうえにだしてですよ、こうしてわざと中 に隠れているのうえにだして、これでもう大丈夫だろうと。白髪、 非常にうらやましかったです。 内間 また聞きですが、うちの家内から聞いてみると、うちのヤス 子のために一家が助かったという話です。うちのヤス子はあの時分、 三歳ぐらいだったと思うんですがね、うち七名家族でした。上陸さ れてから、山のほうから、伊豆味から、湖川の米軍部隊がずっとや ってきて、むこうからきたもんで、もう山におれなくなったんです ね。腕のうちに諸志あたりの人が全部山をおりて、こんどは海岸の 基に、おやじに引っぱられて自分たちの祖先の墓にきたんです。基 の中でもだいぶやられた組がおるんですが、うちのもー。あんとき はもう、うちのおやじが、トオ、もうここよりほかに逃げ道がない から、ここが最後だから、もうお互い逃げ道ないから、よそで死ぬ よりは、ここで死ぬほうがいいと、自分たちもみな殺してここで、 祖先の前で死ぬほうがいいんだからといって、やがてやられたそう ですがね。そのときにはうちの弟が、みんなどうか、みんな元気で あるのに、うちだけがそんなに早まることはないと。しのぐだけし のいでみようということで。そしてから、こんどはまた逆に、山に また逃げるつもりで、暗いところを、今のめがね橋ですね、耕地整 理の。うちの部落から耕地整理の橋のところに、晩きたらもう柄は やられてしまってですね。そしてもうこんな道は歩けないものです

から、田んぼにとびこんでいったら、手榴弾とか、小銃弾で大分や られて喉たれて。プスプス田んぼに弾が入るのがわかりよったそう ですね。強い子なんですが、そのとき全然泣きもしなかった子が、

に家内の背中でもうワァーッと泣いてですね。 ワーッともう二、 三べん泣いたのを、撃ちよった米軍の連中が聞いてですね、ああ、 これはみんな車ではないということがわかったので、撃ち方やめて ですね、照明弾をうちあげたんですね。そしたらやはりみな民間人 ですから、民間人、そのまま、また山に逆もどりして逃げることが できたというはなし、青年が話してくれたんですがね。もうやがて 基の前で死によった。もうおしまいたからと、ここで祖先の前で死 ぬほうが一番いいんじゃないかとー。わたしはその頃、仏印、いま のベトナム武装解除されてですね。そこで沖縄に上陸されたとい う情報があるのを聞いて、これはもう恐らく上陸されたんであれば 戦争はあまりいい方向にむいていないとー。一番よく聞かされたの は、大浦に収容されていたときのことですね。わたしの弟の吉松と 辰夫いって、すぐ下の吉松は摩文仁でやられてますがね。この子た ちもみな兄さんたちと一緒に、むこうから、腕は食極とりに帰って きとったんですね。そして食概とってまた見るわけなんですが、そ のときにこわかったのは、この敗戦兵ですね。敗残兵が途中に待ち かまえておってですね、食物くれと。少しでもいいからくれと。い うことを聞かなければですね、もうケンカにもなりかねない。しま いにはほんとにもう、一人二人の人がいっても聞かん、こっちは 五、六名のグループ組んでいきますからね。もうぼくらもこれがな ければ死ぬんだから、死ぬというより食癌たりないんだから持って

 

いくんだというようにやりよったそうですが。うちの一番弟がおや じやおふくろあたりはですね。晩ごはんを食べて子どもたちが遊び に行ったら非常に心配だったようですね。ちいさいもんですから、 どんどん遊んでですね、股嫌らして帰ってくるでしょう。晩もう、 何もなければですね、一番弟がやんちゃで、何かなければ、もう、 との足をすって尻をすって、どうしても寝ないというんですね。夜 っぴて泣いて。やはり食種というとー。

それから女でも、若い女の人たちは鍋の下の練ですね。これをぬ って、こうしてボロを着て、行ったり来たりしよったですね。男装 してですね。大浦からは毎説ではないですが、来てですね、そこで まとめたら、また行くというようにして。ですからこの大通りを通 れないわけですよね。大浦では食梱はないわけです。配給では全然 足りなかったから、やはり帰ってくるわけです。自分の畑にくれば 語はあるし、残していた豚とか山羊なんかおれば、それをからめと ってですね、食べる。 宮里あのころ越境といって捕まえよったわけですからね。呉我か ら羽地にくるのは越境ですよ。 羽地からまた今帰仁にくるのも越 境。越境という谷でこう捕えるわけだから、嘉太郎さん(財政課王 任番記)が大浦から食糧とりにとっちへきて、越境で捕えられて呉 我のブタ小屋、監獄にぶち込まれていよったね。役所の同じ職員で すからね。 糸数をれでもうびっくりして、嘉太郎さんから救いださないとと れもう大変だと思って、わたしのおじが呉我の解察署長(米軍任 命)しておるもんだから、おじにお願いして、村役所にいる先輩、

呉我のブタ箱にぶち込まれているから、あんた相談してね、出して くださいとお願いして、相談して出さしたんですがね。越境のとき にはもう少しで逃げきるというのまでも排まえたんです。 宮里こっちから十里の道を食徴担いでいっても、むこうでC・P といわれた、もと馬車ひきや体の大きな男が多かったんですが、そ れに食細かっぱらわれたりしたんですよ。羽地でも、途中でも、名 後でもですね、みなー。 糸数あれらもまた、とったものを分けておったんですよ。 島袋晩出てきて、食植なんか荷作りしてまた帰っていきよったで

す。

羽地に疎開中、子どもが掘った謝を巡査がとったんです。口惜 しかったから忘れないでいたんですよ。のらに長女の翔(八重山の 方)のところに遊びにきた人にむかって、これだうちの話をとった のはー。こんなことがありましたよ。当時巡査というのは、田井等 の米軍任命巡在でした。 与那 わたし那覇津波生れです。わたしが駐看したのは昭和十八 年月ですね。まだその頃はサイパンで戦さしている頃でした。戦 争前、県の衛生課から今帰仁村は愛育指定村にされ、諸志の愛育館 に駐在する保健婦として村中を歩いたんです。あの頃は産めよ増や せよの時代ですね。妊却を大事にするという主要任務があったんで す。各隣保班を通して人愛育カードVを配ったりしたんです。この ほかにフィラリアハンセン氏病などの伝染病予防の仕事がありま した。村民にとけこんで、村民の健康をまもりなさいと、がんばっ てくれと、うんと指導されて、あんたがたはどこにも行くことがで

きない、この沖縄でもし戦争があれば住民と生死を共にしなければ ならない人である、看護婦であると、こんこんと言われておるもん ですから。今帰仁へきて、あの頃は若かったものでー。村役所にく るとですね、わたし希望をもってですよ、ぜひ健康を、今帰仁の健 康を、住民の健康保持にあたらなければいけないという大きな希望 を抱いて村役所にー。それからどうしても国民皆兵になるかもしれ ない。全部健康にするようにしなさいと。わたし意気込んで、今か ら考えるとちょっとはずかしいですけど。役所職員が朝出勤してく ると、外に出してラジオ体操をですね、したのですよ。今から考え ると、今の保健婦でそういうことしないものですよね。あのとき意 気込んでいるものですから。 糸数 裸にされて何か一物あれに見せたかった。 与那 ラジオ体操したりですね。青少年の人々、全部保護しなさい と。全部健康健康でもうやったんです。今と反対ですね。今はもう 家族計画、受胎しないといいますがそのころは十名でも二十名でも がんばるようにということしかいわないんです。そしてサイパンが ですね、十八年の七月頃と思うのですけど、玉砕してしまって。今 度はこっちにむいてきたわけですね。六、七月だったと思うんです よ。わたしがきて七日か八日。大変だねえと思って。七月だったか ね、井上隊がこっちにきましてね。きたらさっそく保健婦のわたし が呼びだされたわけなんですよね。それで行ってみたら、保健婦は あんたひとりか。はい、ひとりです。じゃ各字からひとりづつ、し っかりした、看護婦を養成してほしい、どうですかねえと。わたし が相談したのは喜友名さんでした。今、民生係している人。

各字からひとりづつですね、看護婦の―。忘れませんが、十月五 日だったと思います。井上部隊のところで担架教練があったんで す。その日、飛行機雲が見えましたね。そしたら血液検査をして、 上陸して状況が悪くなったら、きみたちも一緒に従軍看護婦とし てーわたしはか二十名だったんですが。アケノという字がありまし てですね、天底の鉱謝堂と首里原とあわせたアケノという字があり まして、その頃村は二十二か字でした。全部で二十何名かであそこ に行って血液検査をしたり、担架教練ですね、いざというときにと いって担架教練を五日間ぐらいやって。十・十空襲の前のことです から。そしたら担架教練って腰が痛いですよね。つらいけれども、 これがもうあれだと思って一所懸命、一日練習してー。さあ、それ からというものは、もう住民を守らなければいけないし、衛生課の いうことも聞かなければいけないし、軍部から言うことを聞かなけ ればいけないし、もう大変でしたです。乙羽の山にハンセン氏病の 方がいたんですが、あとではなします。

こっちに医者がひとりおったんですけど、疎開したのか、故郷に 行ってしまってですね、もう東に医者は上運天に年寄りひとりしか いなくて、西にひとり、こっちに仲宗根にひとりおったんですけど そう働かないんですよ。わたしは看護婦であるうえ医者であるみた いなんですね。 もう住民がわたしをみると、助けてくださいよう といってすがってですね、 わたしもやりたいが、 あともう苦しく てー。もう住民が怯えてますからね。病気ではなくて、あのときは 顔色はあれするし、怯えてしまっている頃に十・十空襲がきたんで すよね。わたしはその頃ァルの海の近くにいました。そしたらら

 

ょうど空襲がきた。朝の六時か七時頃でした。乙羽山から、なんと いいますかね、飛行機が三機編隊できたんです。どこかねと思って, ました。むこうがわの、アメリカの星のついたのが。子どもが、お 母さん、お母さん、アメリカの飛行機だよというんです。すぐ運天 港へ行ってボンマカしたんですよね。アーサョー、これ大変したね えといって、子どもはもう、壊に入れて落ちつかして。練習だから 心配するなといって。おばさんも落ちつかないで、わたしは担架数 練で痩れているから、お話もしないで黙っていたんです。午前中は ずっとうちにいました。午后からは空襲が遠のいたので出勤したん です。その日は天底の軍(白石部隊)慰問のために婦人会でいろん! な御願走をつくってあったんですけど、こちらでいただいてしまい、 ました。空襲によるケガ人はなかったんですね。そして空襲のあと。 三時か四時頃、井上隊長と副官が馬に乗って大きな声でアビヤーし、 ながら視察にきたですよ。

その日は飛行機がいったらすぐ、わたし出勤しなければいけな い、保健婦だから。どうなってるかねえ、住民の方が。うちのこと が気になるし、住民のことが気になるし。そしたら飛行機がまたや。 ってくるんですね。やんだと思ったらさ。わたしが数急変を、あの 救急カバンをかけて、防空頭巾かぶって、待機して、わたしすぐ出! ていこうとしたら、またやってくる。また休んでというふうで。運 天港はもうほとんどやられたんじゃないかねえと、それだけ思った、 んです。そのときわたしは天底の近くです。そのときもう早や、 う海軍もきています。天底の学校にですね。大変だようおばさん。」 空襲だようといってからに、あの人たちがみな木陸から、ワルきめ

がけて行ったんです。わたしは、待機していなさいよ、看護婦さん たちと。わたしが救急箱を持っているので、今どこかに行ったら大 変ですよと。そしたらわたしは十二時頃、もう御飯を食べないで、 もうガタガタしてますからね、子ども二人とおばあちゃんと四人家 族だったから。ようやくやんだ頃が四時か四時半頃か、すっかりや んで。それでわたしは、おばあさんもまだ若かったから、おばあさ んに子ども預けて村役所に出てきたんです。そしたら山獄というと ころまできたんですね。

製糖工場がやっぱり爆弾で迎突がやられてる。そして山線のほう はと見たら焼夷弾ですね、あれが落ちて二、三戸また仲宗根のほう では焼夷弾が落ちて焼けてるうちがあったんです。そしたらわたし がこうして通ったら、アレー、与那さんよう、大変ですよう、とい ってもう、わたしにこうしてすがりついて、何とかあれだち助けて よう、心臓がもう止まりそうですと。わたしも心臓が止まりそうで すけど、落ちつきましょうねえといって。今口海軍に慰問に行くん ですけど、どうしようかねえ、これでは慰問にも行けないしさ、た くさんの食べ物あるが、どうしようかねえといって。そしたら、さ あこの食べ物は、あんなに火を消したりした人たちにね、焼夷弾で 建物焼けてしまったそういう人たちに、ご苦労だからあげたらどう なのかねえと。わたしもいただいたんですよ。そして海軍極岡はや めちゃったんですよ。

その日に、ハーニチおばさんのうちの前まできたんです。そした ら隊長はすぐ馬に乗ってね、副官つれて、アビヤーして(どなりち らして)歩くわけですよね。あの人は戦が済んでから、え、空襲が

済んでからしか来ないんです。これはもうだいぶん焼けたねえ、と おっしゃってるんです。 「わたし三か所は消してはあるんですけど、住民は大きな声でわた しにいったんですけどね。そうしてわたしは、とこのハーニチおば さんといって、そこに救急品がおいてあるんです。そこから救急品 もってあれして、ここ来たんですが、役所職員は半分ぐらい出勤し ておられたんですがね、遅くから。その日はまああれしたんですが

十五日になって、また日本兵井上隊に呼びだされて、婦人会やら 村役所員全部呼びだされたんです。忘れませんですよね。井上隊長 がいたですね。それで訓示をうけたんですけどね。住民は十・十空 襲で負傷はしてないけど、みんながもう半病人と同じではないです か。人をみるとすがってくるくらいですね、恐怖といいますか、怯 えてもう、生きた心地のないという状態でした。わたしも、これと そ、今こそ私が向うで指導されたものが行くべきだなあと思うので すが、うちのことは気になるしですね、また、空襲がきはしないか と怯えながら自分は働いたんですけどね。家族訪問はしなければい けない思者がおったりして。 そしてその頃の乳幼児のミルクです ね、ミルクは屋武さんといって配給係がおったんです。配給係に 券をもらってー。乳不足の方が多かったんです。赤ちゃんはみんな お母さんが怯えて、乳が止まって。券を喜屋武さんからもらって。 照明弾の明かりを頼りに乳を取ったりしたんですよ。喜屋武さん非 常に几張面な方ですから、きっちりとしか渡さないんです。ああも っとくださいね。可哀相だからー。西方面、謝名にもおったし、西、 東みな母乳不足のお母さん方のところに配給しなければいけない

し。金城商店にミルクがあって、自分で買わせるより買っていった 方が早道みたいなんですから、自分の考えで、自分で買ってまた向 うもってって、こんなことしておったんです。

ところで微用のことですが、役所のほうに微用割当とか、陣地構 築とかなんとか言って、海軍がくる、陸軍がきて、軍刀をさしてき て、村長は局変松次郎さんでしたが、刀抜きそうにしてですね。徴 用が少ないとかいって。宮里さんが総務課長。 はあもう村長さんが もう返答に困りましてですね。微用は全部あててこなかった。病気 の人もいるんですよね。さあ、村長さん、看護婦がおったんじゃな いか、はい、わたしですがと、あ、こっちへ来なさいといってから に、微用出てこないじゃないか、本当に病気か仮病か行ってみまし ょうといってからに、またわたしをつれて、体温はかったりするん です。体温はかったら、普通なんですよね。どこがわるいか。下痢 しているんです。下痢すると体温はあがりませんですね。下痢して からにやせこけているのに、このぐらいでは働けといってですね、 陸軍やら海軍やら行って、熱がなかったら大丈夫、 出れば下痢が なおると、言ったこと今でも覚えてますけどね。こっちは員数が足 りないといってしかられて、それで裾日のように太刀をもってきて は村長さんをおどすし、村長さんも非常な苦労なさったと思うんで すよ。あの、自分の子どもぐらいの年の兵隊にこんなに太刀でおど されて、悲しいことだねえといって。わたしはきばって下さい、元 気をだしてください村長さん。戦さが勝ったら金鈴勲章もらえます よ、とわたしは慰めたことがあるんですけどね。それから、十・十 空襲から三か月あとですかね。そのとき、また、伊江島からはじま

 

って徴用が多いし、十・十空襲までは何ともなかったですね。 宮里そのときはもうける人は師地構築ですね。山のほうはずっ と本部のあっちまで、全部防空蟻でつづいていました。 島 当時働ける人は脅年学校生以上だからね、うえは六十歳ま

宮里うちにいるのは年寄りと子どもだけ。学童までもだされると いうふうでした。 島袋もう地元では軍隊協力があるしね、部隊では伊江島の飛行場 があるし、また海鼠根拠地があるし、やがてまた防空壕なんかの坑 木ね、坑木つくり出しや、山の徴用があるし。もうほとんどうちで 農業する人は子持ちと年寄りだけでした。増産することができない くらい年寄り。 殺されはしないが、足腰立たないぐらい働かされ た。 宮里 戦争中に五十代の女の人がね、嘘で精神がちょっと異常しと った。友軍がここたずねてもね、返事できないです。これがスパイ だといってね、松にこうして後手にくびって、たいへんやられて、 もう半死半生になってね、役所の前からこうして帰っとってね、毎 日いじめられとった。あと、役所のうしろに小屋つくってありまし たがね、ここに入れて、そして給仕がですね、弁当つくって運んだ ですよ。その人がここで死んでですね。そしてわたしは給仕と二人 で担がしてね、今の金城幸一さんの畑よ、モクマオ生えて密林だっ たです。そこに埋めさしたわけですね。そしてその人の子孫がね、 わたしのうちに来て、あのときに埋葬した人はあんたでしょうか と、場所を教えてくれといってきたんですよ。

与那 十一月頃だったでしょうね。そっともう夜のうちに移動して いなかったんです。わたしらは、従軍看護婦と、井上隊におったん です。十一月頃、秘密だったんでしょうね。玉城村の学校に行って いたとかいっていた。秘かに夜のうちに移動したらしい。 宮里泊で、白兵戦でね、ただ六名残ったと。千二百名から。 与那それからは塚の生活でした。いつなんどき、また空要が来る かというような豪生活で、わたしは、蝶から壊へ、どうしても乳幼 児を抱えて、乳幼児を指導するようなあれでしたから。母親は、か わいそうですし、お乳は飲むし、ずっと球の生活しながら、あの環 この暖とですね、病人も結核心者もおったですから。どの壊にいた といえばそこの壕へ行って家庭訪問みたいにやってですね。してい るうちに四月八日と覚えていますが、上陸して来たんですよ。湯川 から女の方がね、ああ与那さん、大変ですよというんですよね。ど うしたのというと、上陸して来たよ、上は、どうでもいいです。も う上なんか気にする必要ありません。山に山にというんです。とう とう上陸したんだねえと思ってー。首里からの避難者が呉我山でし て、呉我山と、南のほうから来ているマッチャクのワキマチは、み んな疎開者です。そこもまた県庁から医者がきてわたしにそこを訪 問せよでしたですから、わたしもマッチャクにこんどは山登ったん です。そこに首里の人とか、今帰仁にそうとう避難しておりました からね。それをみなさいと医者から指示されていましたからね。わ たしはおろそかにできませんし、年寄り速巾が多かったもんですか

島一万人ぐらいの小屋(疎開小屋)作って来る連中皆受け入れ

与那 マッチャクのほうにある疎開者の小屋は村がつくるんです。 糸数 一軒に対して、いくら保障するといって、県にそれを六百割 り当てられて、村民みんな、ブー作業出して作らせて、各字割り当 てて作らせた。そこに各民間にはめて七千七百人受け入れているん だから、民間だけに全然入らないわけですよ。 島袋 陣地構築の徴用もあるし、そういうふうな県の方針での疎開 小屋も作らなくてはいけないし、自分の防空壕も作らないといけな いわけです。 与那 はい大変なことでした。 島袋微用も出なければいけないし大変でしたよ。 与那わたしは自分の家もあれですけど、今帰仁村の住民の健康も 考えなければいけないし。もしケガ人が出たらということもあるし ですね。ちょうど救急品が、ここの前のですねこっちに防空壕があ ったんです。ここにもこっちにも、両方にも疎開させ、わたしの家 にも疎開させてあったんです。今の石筋コウリョウさん、あの方 が、あんたは家にもおいておかないと、すぐ家から出ていく場合も あるし、ここまで来れなかったら、こっちにも、ここにも付いて、 三か所においてあったんです。そしたら自分の家から持って行く、 こっちにはもう来れないわけです。上陸してからは。救急薬品を道 にこぼしてあったという話でしたよね。救急薬品は、マーキュロ・ ヨーチン・包帯・ガーゼ・胃腸薬(わかもと)・熱さまし、こんなも んです。マラリアの薬は、アメリカーが持っていました。あっちに 収容されてからです。マラリア歯はアメリカーが持って来て撒いた

んだはずです。数念品は県から配給して、こっちとこっちの防空壕 に、こっちにあるのは自分で取りに来て。みんな山に避難した。だ からわたしもよかったわけ。避難しながらわたしもあの壕、この壕 と行けることができました。術生課の医者が一度来て、こっちの術 生主任とわたしとずっと疎明小屋をまわって、検診して、もうその 先生はそれっきりおいでにならなかったんですよ、わたしに預けて ですね。首里の方は、呉我山の民家の脇にできるだけおいてあった んです。できるだけ年寄りのところをあれしました。年寄りと子ど もですね。マッチャクにも、こっちも見なさい、あっちもみなさい 住民もみなさいと、わたしも医者はいないし、大変なことでした。 もう医者代わりさせられたんです。日本の衛生兵は、伝染病(ハン セン氏病)はですね、そこだけは自分らと関係があるから、万一状 況が悪くなったら乙羽山に登らなければいけないんじゃないかとい う懸念から、今帰仁校にいた軍医はあぶない病気だから、乙羽山に いた病人を愛楽園やりなさいと言ったんですけど。この人は、どう してもいうこと聞かないんです。あれはあとアメリカが上陸してか ら、奥さんがいつも一升ビンを、三つこうしてね、二つはこうして 三つを組んでですよ、これにソーリ川というところで水くんでー。 わたしは話していたんだが、どうして生活していますか、奥さん。 日本人できれいな奥さんだったですがね、ただわたしね、水がなけ れば大変だからねと。三つ一升ビンに水をくんで頂上まで行って。 ちょっとした小さい小屋でした。活聴もたくさん持ってきて、住 民に危険なことさせませんからとわたしに香っているんですけど、 衛生主任は困るしわたしも困ってしまってですね。そうこうしてい

 

る間に上陸したのです。人の話をきいたら、上陸してあと下に水く みに奥さんは行って、アメリカに強姦されたという話をきいたんで す。助けてくれーといっていたんらしいですけど。その後どうなっ たかはわからない。食棟熊詰類とかー。病人の御主人はとってもお 金持ちの坊ちゃんだったという話ですから。村の方とは全然関係な く住んでいたのですが、下に降りてきて野菜なんかは買っていたん じゃないですかね。軍医は軍医でおこってくるしですね。 島袋 結局隔離みたいなもんだったんですよ、ハンセン氏病だった から。 与那 ハンセン氏病になっていた主人は、帰ったんじゃないです か。奥さんは病気じゃなかったんです。わたしも四、五回ぐらいは 訪問しました。 あとはわからないんです。その頃はまだいました が、わたしが衛生主任とふたりで行くと、いつも済まないような顔 をしてかわいそうでした。そのあとがわからないです。 糸数 各家庭に、その家族構成を見て、配置したのですが全然おさ まらないですよ。七千七百名ですから。その疎明小屋の補助金も一 銭ももらわないですよ。 島袋額はわずかですよ。首里那覇・宜野湾・伊江島から疎開し てきた。 宮里 伊江島の人で、わたしの部落に疎開してきて、アメリカをみ て逃げたといって浜辺でやられたー。 島袋乙羽岳では、首里疎開者がたくさん死にました。夜、山羊 つぶして焼いて食うために。食程にうえているもんだから。そして 友軍機に見られて。敵の陣地と思ったんでしょう。そうとう死んだ

ですよ首里の力。疎開の主任で絵防課長をしている当間という人も みんな死んでしまった、直撃を受けて。 宮里魚ですね、湖川の内海、我部井でですね、家の長男が三中三 年でしたから家に知されて、一郷間に一回羽地の本部に敵状報告す るようになっていた。木の枝かぶって羽地の帰りに、六斤あるカッ オを持ってきてあったが、石洲くさくて食べられなかったですよ。 糸数 海は魚がいっぱいいたらしいが、船がやられて海はもう石油 が浮いていますから、大きな魚が派にプカプカ浮いてから、子ども が喜んで集めて、山のように積んでありましたよ。 与那 海軍が十一名か戦死しました。十・十空襲の日に。 あの時 は、石油とか耳油とかが流れて、熱をとって来ても食べられなかっ た。家畜はみんな放してあった。 宮里駅に一頭喉の山割当てあったよ、白石部隊から。わしら既 長だったからわしの豚六十斤くらいの出したことあった。 与那夜出てきて話を掘ろうとしたら馬がこわかったですよ。馬は 十頭ぐらい群をなして歩いていたですよ。 糸数 わたしがとっちに収容されてから、隊長の証明もらって婦人 連中を連れて、激兵も一緒になってお掘りに行きよったです。透兵 も一緒につかんと、この辺の兵隊がいたずらするもんですから、み んなで護衛して訴撮らして、また逃れて帰りよった。この辺は馬が いっぱいいて、リー、とっていこうといって、男の速巾集まってそ の馬をとろうとするが、どうしてもとれないわけさ。ぐるぐるまわ しているのを、この辺のアメリカさんが見て、あれらも一緒になっ て、とってくれるといって、投げれ投げてから。あれらが二つとっ

てぼくらにくれて、これぼくらは持っていたら、これはニミッツ布 告でこっちに全部登録しなければいけないといって、むこうにみん な登録させて。ひとつは足にケガをしていたので飲医に相談してっ がしたんですが、これを許可を得ないでつぶしたら、死刑に処する といって、これも許可得てからつぶしたんです。羽地に相当馬が集 っていましたよ、この辺から。今帰仁の農具・家畜・家具一切全部 羽地の疎開者が持っていってすっからかんでしたよ、こっちは。大 消や羽地の方へ収容されたあと、ずっとこっちに残っていた人は一 人か二人と聞いています。 与那 呉我山辺に年寄りがひとりふたり残っているという話があり ました。老人が山羊を養うために一人残っていたが、黒人兵がきて どうのこうのという話はありました。 島袋七千名の南部から来た人たちも一緒に収容されたのです。あ れらが先です。今帰仁疎開命じられたのは、食糧面では良かった ですよ。 糸数十・十のすぐあと頃に来たんです。三か月ぐらい。その間各 民間に配位したら、首里那覇のほうから来た疎開者はいばって上 座にしかおらないといって、家主は台所におらして上座に陣どって いた。そこの子どもらがさわいだら、バカといって足もってひっく りかえしよった。伊江島の方はその御礼に村の記念運動場の芝生だ けでも提供させてくれといって実現しているが、他の村からは何の 連絡もないですよ。 宮里 首里・那潮の人はいばっていた。わたしは足が悪いから徴用 にいかなかったんですよ。そしたら毎日、ムチもって各家庭見廻り

にきて、わたし体が悪いから農業できませんといってわびしている んだが、この人はバカヤローいってムチで叩いて毎日怒っていた。 わたしは純ないしていた。漁労隊でしたから。そのあと踊りの大会 があって、一駅から十班まで勝負。その人はコティ節、団扇もって とても上手。翁長という人。わしは三味線弾いて歌ったら、その翌 日から仲よくなったがー。 糸数 疎開小屋が出来次第、入れました。それまでは各家庭に分散 させてやった。あと、上陸したら全部一緒だった。 与那 宜野湾の人たちは謝名だったですよね。 糸数 一番気の毒だったのは伊江島疎開者でしたね。その人たち は、慶良間に移されて、また今帰仁にきてですね。その頃は今帰仁 の村民は家に帰って食種も作っているのに。新規にまた慶良間から 入ってきて、あっちこっちに小屋を作って。あれらはもう、のみが まっ黒くしていました。伊江島の人たちは漁業がうまくて、昼は海 行って魚をとってきて、ぼくらに提供してくれた。久志から帰って きてから。 島袋 米軍が四月に上陸した頃までは、戦闘状態はなかった。 糸数上陸してから戦闘が始まったわけです。 宮里四月九日に、今帰仁の巡査部長、大湾朝光さんが亡くなられ た。呉我山で住民に対して食紙を配給するために、制服つけて指導 していたわけです。そのときにやられた。殉職ですね。 島袋食額を配給しているときに。 与那名護から来て米軍に撃たれた。 糸数あのとき、マブヤマにむかってたくさんの米軍が、地形地物