終わりなき沖縄戦 ~ 牛島司令官、最後の命令

f:id:neverforget1945:20190810112010p:plain

 

6月23日は、沖縄の慰霊の日。この日は、多くの人が「沖縄戦終結した日」と考えているのではないでしょうか。しかし、正確ではありません。

 

牛島満軍司令官は自決の前に最後の命令を出しました。それは、「最後まで敢闘し、悠久の大義に生くべし」…つまり、最後の一兵まで戦えと命じたため、終わりなき沖縄戦が生み出されたのでした。残った日本兵は、その後も投降を許されず、遊撃戦を続行しました。その終わりなき沖縄戦によって、一体何がもたらされたのでしょうか。

 

渡嘉敷島久米島では、日本兵による住民虐殺事件が何度も起きました。それは、牛島満軍司令官が自決した6月22日以降にも、玉音放送のあった8月15日以降にも起きました。「防諜(スパイ対策)に厳に注意すべし」と生前の牛島満司令官が訓示した通り、スパイ対策は日本軍の最重要課題の一つだったのです。米軍と接触した住民は、スパイ扱いして虐殺するという徹底ぶりでした。久米島では、乳飲み子も含め、家族を皆殺しにするという残虐な事件にもなっています。

 

沖縄の日本軍が正式に降伏調印をしたのは、ミズーリで調印が行われた9月2日よりも遅く、9月7日のことでした。それまで沖縄の住民は、「殺されるかもしれない」という恐怖から解放されなかったのです。

 

ゲストには、牛島満軍司令官の孫である牛島貞満さんをお迎えします。貞満さんは、東京都の小学校の教師。沖縄戦のことや祖父・満軍司令官のことをテーマにした授業にも取り組んでいます。貞満さんとともに、『終わりなき沖縄戦』について考えます。

 

 

“立派なおじいちゃん”は沖縄戦で自決した司令官だった

〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

 運命に手繰り寄せられるように沖縄戦と向き合ってきた人がいる。東京都在住の小学校教諭、牛島貞満さん(62)だ。日本陸軍第32軍(沖縄守備軍)の牛島満司令官の孫として、沖縄戦の実相を探り、後世に語り継ぐ責務を自身に課している。

f:id:neverforget1945:20190810112610p:plain

 

 勲章と軍刀を身に着けた軍服姿の祖父の写真が実家の応接間に飾られていた。「立派なおじいちゃん」と聞かされて育った。6月22日の命日には毎年学校を休み、靖国神社に参拝した。

f:id:neverforget1945:20190810112637p:plain

 しかし、牛島さんは次第に祖父に対する周囲の評価に抵抗を感じるようになる。

「沖縄で軍のトップとして命令したことが、戦場でどんな結果をもたらしたのか。その評価をきちんとすべきだ」

 中学2年からは牛島家の命日の行事に参加しなくなった。

●沖縄で祖父の足跡追う

 長年決心がつかなかった沖縄訪問に踏み切ったのは1994年。糸満市の旧平和祈念資料館で、自決の数日前に発した「最後まで敢闘し悠久の大義に生くべし」との牛島司令官の最後の軍令が展示してあるのを見て、あらためてショックを受けた。キャプションには「牛島軍司令官の自決は戦闘の終結ではなかった。この命令で最後の一兵まで玉砕する終わりのない戦闘になった」と付されていた。

 牛島さんはこの後、毎年のように沖縄を訪ね、祖父の足跡をたどる。最もこだわったのは「南部撤退」だ。

「秋待たで枯れ行く島の青草は 皇国の春に甦らなむ」

 この牛島司令官の辞世の句には、本土決戦を信じて疑わなかった胸中がよく表れている、と牛島さんは指摘する。沖縄戦の本質は「沖縄を守るため」ではなく、「本土決戦のための時間稼ぎ」だった。だからこそ、牛島司令官は司令部を置いた首里城での決戦を避け、沖縄本島南部に撤退し、最後の一兵まで闘うことを強要した──これが牛島さんの導いた結論だ。

 南部撤退によって多くの住民が戦闘に巻き込まれ、犠牲者は大幅に膨らんだ。極限状態に陥った兵士が壕から住民を追い出したり、殺害したりすることも起きた。沖縄戦で語り継がれる悲劇が南部撤退によって凝縮して発生した。日本軍に対する強烈な不信は、沖縄県民の間に戦後も根強く残る。

●自決した司令官の命令

 天皇の「玉音放送」が流れた8月15日以降も、沖縄では日本兵による「斬り込み」が相次ぎ、戦死者はさらに膨らんだ。9月7日、マッカーサーの命令で沖縄守備軍の代表が現在の嘉手納基地で降伏文書に調印する。

 なぜ調印が必要だったのか。牛島司令官の「最後まで敢闘し」の命令と、本来武装解除を伝えるべき司令官の「自決」により、沖縄守備軍の兵士は戦闘し続けなければならなかったのだ、と牛島さんは解説する。

 6月23日は、沖縄戦の組織的な戦闘が終結した日として「慰霊の日」と定められている。だが、牛島さんには腑に落ちない面もある。

「6月23日以降の戦闘は何だったのか。彼らは勝手に戦闘して死んでいったのではない」

 牛島さんは、当時の「本土」のマスコミ報道にも注目する。

 6月25日に大本営が「全戦力を挙げて最後の攻撃を実施せり」と発表すると、派手に書き立てていた本土の沖縄戦の地上戦報道がピタリとやむ。8月15日以降は「戦後」が始まり、「沖縄」が本土メディアに取り上げられることはほとんどなくなった。

「『本土の防波堤』の役割を終えた沖縄に対して、本土の人々の関心は向かなかったのです」

 全国メディアの「沖縄」の伝え方は今も、「他人事」だと牛島さんは指摘する。

「沖縄で米軍の事件事故が起きると、本土マスコミの多くは『沖縄の人たちが怒っている』と書く。基地被害や戦争と隣り合わせの現実を、自分たちの問題と感じる意識が決定的に欠落しています」

(編集部・渡辺豪)

 

 

牛島司令官・二つの命令 祖父は沖縄県民を救えたか!?

– QAB NEWS Headline

f:id:neverforget1945:20190810065931p:plain

  

63年前の6月23日、沖縄守備隊の司令官が自決して組織的な戦闘が終わったとされていますが、実際はそのあとも多くの犠牲者が出て「終わりなき戦闘」に突入したことがわかっています。

 

牛島司令官の二つの命令が住民の犠牲を大きくしたのでは、という視点で平和教育を実践する先生がいます。

牛島貞光さん「私の名前は牛島貞光といいます。この人は知ってますか?」

東京の小学校の先生・牛島貞光さんは、牛島司令官の初孫にあたります。

冒頭、32軍が沖縄に来た目的を聞くと「住民を護るため」という意見が多く出ました。

牛島さん「50メートルや100メートルは短距離だよね。持久走は?できるだけ長く?持久戦っていうのは、短くではなくできるだけ長く闘う。これが大本営の方針でした」

牛島さん「(5月22日に)首里の司令部号の中で作戦会議が開かれました。1案はこのまま首里で戦う。2案目は南部に下がって闘う。もし自分だったらどちらの作戦をとりますか?」

先生はすでに日本軍は9万人から3万人まで減ってしまったこと、南部には多くの住民がいることなどの情報を示します。

児童「南部に撤退すると少しの間でも劣勢を立て直して持久戦ができる」「首里でまとも戦ったら負けるから、南部で敵をおびき寄せて」

児童「南部の方が人が多くいるから、首里で戦って犠牲者を減らした方がいい」「首里には軍が堀った洞窟陣地があるから、持久戦だったらそっちの方がいい」

実際の命令は「南部撤退」でした。毎日1000人が死ぬ壮絶な状況を生んだこの命令に、牛島先生はこだわります。

牛島さん「住民もここにいたら日本軍が突然来たわけです。そして作戦の邪魔だからと言って壕を追い出されたりしたわけです」

そして自決直前に出した最後の命令についても問いかけます。

牛島さん「『最後まで敢闘し悠久の大義にいくべし』。有名な、君たちもよく知っている、最後の一人まで戦いなさいという命令が出た。沖縄戦は、戦争をやめる人が死んでしまったので、終われなくなってしまった」

そして自決した23日以降も、毎日、どれだけ犠牲者が出続けたのかを数字で示しました。

薩摩隼人の豪胆さと温厚な人柄で知られる牛島満は、士官学校の校長も長く勤め、軍人より教育者タイプといわれます。牛島先生は同じく軍人だった二男の息子にあたります。

牛島さん「(祖父に会えたら)何で南部撤退にしたの?って、それを一番聞きたいですね。その時どう思っていて、どういう判断でそうしたのか」

牛島さんが初めて沖縄を訪れたのは14年前。簡単にはいけない場所でした。

牛島さん「自分の祖父が司令官であるっていうことから、沖縄に行ったらなんて言われるかっていうことがすごく不安だった。旧平和資料館にはいると、最初にオブジェがありますよね。その横に『最後まで敢闘し悠久の大義に生くべし』という牛島司令官の最後の命令があって、そのことによって県民の犠牲は非常に多くなったという趣旨の説明があって。僕自身ショックを受けたんです」

それから猛然と沖縄に通い、資料を読み、一大決心をして「沖縄戦の特別授業」を始めます。東京の6年生の反応は様々です。

感想文「私は自殺をするのは戦争から逃げることと一緒だと思う。残された日本軍がすごくかわいそう」「きっと本土側の人たちは、住民だけではなく送り込まれた兵隊も、沖縄すべてを捨てたのだと思う」「もし自分が牛島満という一人の人間の立場にいたら、頭がおかしくなっちゃうんじゃないかと思う」

牛島さん「一番大切なのは、東京や他府県の子どもたちが沖縄戦の姿を知ることなんですね。別に僕が沖縄で授業をやる必要はないわけですよ、沖縄の先生がやれば一番いい。だけど、やっぱり東京だけでやってた場合に、沖縄でも通用しなかったらそれは違うかな」

そして6年前から毎年沖縄でも授業をするようになった牛島先生。しかし、今回は滞在中にニュースが飛び込んできました。

牛島満司令官直筆の命令文書がアメリカで見つかったのです。沖縄の高校生たちで組織する「千早隊」に対し、「遊撃戦」=ゲリラ戦を命ずるもので、解散命令が出た6月18日、同じ日に出されていたのです。

文書を見つけた大田昌秀さんは千早隊の生き残りで、解散命令の後、隊長に呼ばれたことを鮮明に覚えています。

大田昌秀さん「解散となり、もう自由になると思っていた。そしたら益永大尉がわれわれ千早隊をあつめた。地下工作をやれということを言ったわけです。地下工作という意味がわらなかった」

結局、大田さんは10月23日まで戦場をさまよい、戻ってみれば、同級生150人のうち、生き残ったのはわずか35人でした。

大田さん「だから悔しいわけ。そこまで生きているのに。あの時に(友人が遊撃戦に)行かなければ、確かに生き残ったんじゃないかと思えて。その中に非常に惜しい人物がいたわけね、とても優秀で生き残っていたらどんないいことをしたかなと、今でもいつもそのことばかり考えているけどね」

牛島さん「たぶんこれは直筆じゃないかと思っています。終わりなき沖縄戦を作り出した命令書だと思いますね。(Q:どんな気持ちで書いたと思われますか?)使命とはいえ、まだ高校生にあたる人たちを継続して戦闘をさせようと書いているわけで、それはかなりつらい部分もあっただろうなと思いますね」

こんな命令を出した牛島司令官は、鬼のような人間だったのか。残酷な人だけが戦争をやるのだろうか。後半の授業では、特に司令官の人物像を説明します。

家ではよく子どもとよく遊ぶ父親で、沖縄でもいつも金平糖と乾パンをポケットに入れ、子どもにあげていた。優しいお爺さんだったという証言も紹介します。

女子児童「満さんさあ、自決?って、あれって逃げたの?」

牛島さん「逃げたんじゃなくて、天皇と国民に対して申し訳ないっていう気持ちで」

女子児童「何で首里で終わらせなかった?」

牛島さん「そこが疑問だよね」

女子児童「孫としてみればいいの?悪いの?」

牛島さん「それはだから単純には言えないから、みんなに聞いてる。どう思う?って」

女子児童「人柄がよくて、やったことが悪いから、優しいんだと思う」「戦争も人を変えるんだね・・・」

沖縄の人にも優しかった。そんな優しい人が、なぜ残酷な状況を生むような命令をしたのか。そこに戦争の正体があるような気がします。

二度と被害者にならないためにどうしたらいいかを考える人は多いと思いますが、二度と加害者にならないためにどうしたらいいかという問いは難しく、でもそれこそが戦争を止める直接の力になるのではないかそういう視点を、牛島先生の授業から学んだ気がします。

 

https://dai.ly/x388z4n

https://dai.ly/x388z4n