伊平屋島 ~ ヒ素のはいった井戸水

 

 

伊平屋島

f:id:neverforget1945:20200601164551p:plain

伊平屋島と沖縄島の位置

 

1945年6月3日、米軍が伊平屋島に上陸

75年前の今日、島民の人口3,000人ほどの小さな島、伊平屋島に、米軍は6000人もの部隊を引き連れて上陸した。日本軍の拠点もない、この小さな村になぜこれほどの部隊で上陸したのか。

f:id:neverforget1945:20190528024003p:plain

空爆を受ける伊平屋島揚陸艦で向かう海兵隊(1945年6月3日撮影)

Marine laden LST's move toward Iheya which is being pounded by an air assault.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

容赦ない攻撃で47名の死傷者がでたが、米軍の記録には「抵抗は皆無」だったと記されている。

f:id:neverforget1945:20200601173925p:plain

我喜屋集落に入る海兵隊。抵抗は皆無。

Marines entering Gakiya on Iheya-no opposition.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

そして、米軍は伊平屋の里を「絵のように美しい」と、ロマン主義的な審美的価値観を最も体現する形容詞で表現しながらも、・・・

f:id:neverforget1945:20190607015533p:plain

《AIによるカラー処理》我喜屋の風景。赤瓦、藁葺き屋根、遠くに水田のある風景は絵のように美しい。(1945年6月8日撮影)

Gakiya looked like this; rainwashed and picturesque with its red tile roofs, grey thatch huts, and green rice fields in the distant valley.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

その藁屋根の家々を「ばい菌の巣窟」と呼んで、徹底的に火炎放射器で焼き払った。人々の営みと文物には何の価値もないかのように破壊した。

 

f:id:neverforget1945:20200601174157p:plain

新たに占領した伊平屋島我喜屋集落で、病原菌の巣窟である藁葺き家を、高速火炎放射器で焼き払う

Iheya Shima, fast working flame throwers destroy germ infested grass houses in the village of Gakiya on the newly covered island of Iheya Shima.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

伊平屋島の離島残置工作員「宮城太郎」

 

この島には、日本軍が密かに「宮城太郎」という名で国民学校の「特別派遣教員」として送りこんでいた陸軍中野学校出身の離島残置工作員がいた。この斉藤義夫という男は、その他の離島残置工作員と異なり、この島に流れ着いていた日本兵が米軍を攻撃し「玉砕」すべき、というのを引き留め、投降することを説いたと言われている。もしここで日本軍の手榴弾一発でも投げこまれれば、どんな更なる惨状がこの島にもたらされたか知れない。

 

neverforget1945.hatenablog.com

 

米軍は、工作員のほかはほぼ非武装伊平屋島を本土攻撃の拠点にしようという計画であったのかもしれないが、やがてすぐに島を離れる。

 

結局、米軍は日本軍が作った基地を接収し拡大する形で米軍基地を作っていくのである。いったん基地化された土地は、どんどんと軍事的に再利用される。

 

伊平野島は工作員はいたが、非武装の島だった。

 

しかし、米軍が去ったあと、戦後ふたたび思いもよらない形で米軍基地の毒が人々を襲う。

 

伊平屋村我喜屋、当時17歳の証言から

 

ヒ素のはいった井戸水

... < 中略 > ...

 

 私たちの戦前の家は大きなカヤ葺家でしたが母屋も牛小屋も豚小屋も焼き払われて石垣囲いもブルで敷きならされていました。

 マリン部隊が引揚げていったので我喜屋の人たちはみんな一緒に部落に帰ってきたわけですが家はないからしばらくは前の海端にある製材所の小屋に居て山から木を切りだしてきて親戚どうしでめいめいの家を建てたわけです。この時、村長さんの相談で、私たちの元の屋敷はどうせ運動場の拡張に使われるから近くの空地と交換しないかと言われて、それで現在の屋敷に家を建てたわけです。この屋敷はもともと空地で井戸が一つだけありました。米軍はここを弾薬集積所に使っていたそうです。

 症状があらわれたのは1947年ごろからでした。最初に目がチクチク針でさされるようになって、涙がでてですね、肌が茶褐色になってあっちこっちに斑点ができて見られたザマではなかったですよ。手足がしびれてきて、肝臓と腎臓と心臓が全部やられたんですね。重くなると体ぜんぶから力がぬけて立つことも食事をすることもできずただ寝ころがっているだけです。そのうち腹に水がたまってふくれあがりんでいました。家族がぜんぶいっぺんに同じ症状になってしまいました。

 私の家族は父正徳、母モウシ、長男正敏、次男正宏、長女名嘉カネ、その子敏子、次女ヨシ子、その子蒲、それに私をいれて九名おりました。カネの長女敏子が四歳ぐらい。ヨシの長男蒲がまだ一か月ぐらいの赤ン坊でした。

 最初に死んだのはで四七年の十一月ごろでした。二、三か月して芳子が亡くなり、それからは次々と死んでいき、一年のうちに八人も死んでしまって私ひとりがやっと生きのこったわけです。体力の弱い者から順に死んでいきました。

 初めのうちは、ながいあいだ原因がわからなかったわけです。島の診療所ではただ皮膚病の薬しか塗ってくれませんでした。部落では悪性梅毒だとか何かのたたりだとか言って、家にも寄りつかないし道ですれ違っても向う側へ逃げていくありさまでした。葬式もごく近い親戚だけで出しました。島の習慣では普通部落全部が参列するんですが。

 他の家族の者たちは島ではどうにもならなくなって名護病院に入院しました。そこでも原因はよくわからないが内臓の治療を受けていると少しはよくなって、それで家へ帰ってくるとまた悪くなるわけです。二回目に入院するともう手のつけられない状態になっていました。

 私は比較的体が強い方でしたから、寝ている病人に御飯をつくってやったり看病しておりました。私が本島に出たころは母と合せて二、三名しか残っていませんでした。母は私に向って、自分たちはもうあきらめているけれどあんただけは生きて、自分の思うように生きて、婿養子でもとってこの家を継いでくれと遺言のように言っていました。それで私は本島へ出て名護病院にはいっていたわけです。その間に母も他の残りの者も全部死んでしまいました。私は葬式にも出られませんでした。

 私はひとりだけ残されて、名護病院、コザ病院、赤十字病院石川病院と入院しましたが全然原因がわかりませんでした。戦前私の家は部落でも二番目の財産家だったんですが田も畑も山も二つの屋敷も入院費に売り払ってあとには田と畑で六百坪ぐらいしか残っていませんでした。財産が全部なくなるまでは救済も受けられないわけです。

 調査員が来たのは八名が死んでしまって私が石川病院にいたころですが、私の空家に無線技師の松本さんが借りて住んでいたんです。家じゅう消毒して井戸水も全部汲みだしてからはいったんですが、この家族にも私たちとまったく同じ症状が現われたんです。それで名護保健所に水を送って検査してみたらヒ素がはいっていることがわかったわけです。松本さんの家族は二、三か月ぐらい治療したら退院できました。

 私の病名も慢性ヒ素中毒ということになって治療法も変わりましたが、もう体じゅうに毒がしみこんでいるのでこれ以上よくなることはありませんでした。今でも少し無理をするとすぐ倒れてしまいます。鍬を二、三回振っただけで体がフラフラになってしまうし昼間じゅう起きていることもできません。今は小さな店をもって子供相手の十円商いをやっています。

 去年(昭和46年)の夏、いつまでも毒のはいった井戸があると目ざわりだし、思いだしたくもないものですから、人を雇って埋めさせたんですが、井戸のまわりの石を掘り起こしたら下から空カン(鉄製円筒形のボンベ)が二個でてきました。警察に知らしたのですが爆弾ではないし中は空っぼでした。私はこれがヒ素の罐ではないかと思います。ある人に聞いてみたら、ヒ素は米兵の死体に塗るものだそうで引揚げるときいらなくなったので捨てていったんだろうと言っていました。

沖縄県史第10巻(1974年沖縄県教育委員会編)

 

豊かな暮らしをしていても、家族を失い、全財産を切り売りしながら、それでもすべての財産がなくなるまで何の支援もない。

 

軍政下で、情報もなく、家族は病の苦しみだけではなく、ひどい偏見にさらされ、警察に知らせても、爆弾ではない、と片付けられる。

 

いったいこの不条理はなぜもたらされたのか。

 

軍事基地は島から水を奪い、汚染物質を垂れながす。そして何の責任もとらない。今も、米軍は基地汚染に何の保証義務も問われないと日本政府が認めている。

 

日米地位協定 第4条

1 合衆国は、この協定の終了の際又はその前に日本国に施設及び区域を返還するに当たつて、当該施設及び区域をそれらが合衆国軍隊に提供された時の状態に回復し、又はその回復の代りに日本国に補償する義務を負わない

2 日本国は、この協定の終了の際又はその前における施設及び区域の返還の際、当該施設及び区域に加えられている改良又はそこに残される建物若しくはその他の工作物について、合衆国にいかなる補償をする義務も負わない

 

f:id:neverforget1945:20200603135718p:plain

旧米軍用地の原状回復に注がれた日本の129億円 - 島袋夏子|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

  

戦後から75年もたつというのに、

 

このあまりに腐りきった日米地位協定のうえに胡坐をかいているのは、米軍だけではない。米軍基地の苦しみを一部に押しつける、日本の国民と、日本政府も同じである。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■