日本軍にとって「スパイ」とは誰だったのか ~ 沖縄語を喋るだけで日本軍に「スパイ」として処刑される

 

日本軍にとって「スパイ」とは誰だったのか

いったいどれだけの沖縄人が日本軍に殺されたことだろう。沖縄人に対してむき出しにされた偏見と憎悪はまさに植民地主義を背景とした軍事的な粛清であり、戦況が劣悪なものになるにつれ、悪意の敵意の矛先は沖縄人に向けられた。

 

沖縄人は日本軍に協力しなければ、即ちスパイとしての処刑があり、それは軍によって常に見せしめとして標 (しる) されていた。

 

1944年11月18日 - 「報道宣伝防諜等に関する県民指導要綱」

第32軍はスパイ防止策として1944年11月、「極秘 報道宣伝防諜等に関する県民指導要綱」を 作成。「民共生共死の一体化を具現化するため県民の思想動向を調査し、米軍のスパイ活動を封殺する」ことに重点を置いてきた。 同要綱に基づき、住民の情報を収集するため、軍は たえず各部隊、憲兵隊や県と密接に連絡して、「行動不審者の発見」「防諜違反 者の取締」を強化してきた。

沖縄戦新聞(琉球新報) 4月21日「第32軍 方言使えばスパイ 極秘の住民監視隊設置」

 

1945年3月12日 - 特務機関「国士隊」結成

国頭支隊秘密戦機関「国士隊」結成ノ件報告

軍は住民を監視するため、3月12日特務機関 「国士隊」をひそかに結成した。隊員は医師、教員、 県会議員、元市町村長、大政翼賛会支部長ら30人余。いずれも国頭郡翼賛壮年団員で地域の有力者だ。 国士隊は名護町に本部を置き、恩納、大宜味、羽地、今帰仁、本部、 久志、 金武などに支部を設置。隊員は各地で住民を監視し、 軍や行政に不満を持つ者、 対米協力容疑者などを発見して守備軍に通告、逮捕させる任務に就いている。 特に外国からの帰還者、二世、三世は危険分子として監視対象になっている。

沖縄戦新聞(琉球新報) 4月21日「第32軍 方言使えばスパイ 極秘の住民監視隊設置」

 

1945年4月9日 - 沖縄語ヲ以テ談話シアル者ハ間諜

1945年4月9日に第32軍(通称・球部隊)司令部は、諸事連絡通知「球軍会報」に次の方針を載せた。

爾後軍人軍属ヲ問ハズ標準語以外ノ使用ヲ禁ズ

沖縄語ヲ以テ談話シアル者ハ間諜(引用注・スパイ)トミナシ処分ス

沖縄の住民に対する疑心暗鬼が表れている。これまで陣地造りや砲弾運びなどに住民を大量動員のあげく、日本軍の情報を敵に漏らしてはしないかと、軍は神経を尖らせた。沖縄の言葉を理解できないもどかしさと、英語などの外国語を使える移民経験者が多くいることも、疑いを深める要因になった。もとより戦陣訓は軍隊の基本において、「軍機を守るに細心なれ。諜者は常に身辺に在り」と教導した。(103-104頁)

《「沖縄 戦跡が語る悲惨」(真鍋禎男/沖縄文化社) 103-104頁より》

 

沖縄人というだけでスパイ

沖縄初年兵が救えなかった沖縄の老人

沖縄人である、沖縄語をしゃべる、というだけで疑われる可能性がある。沖縄の初年兵は怖くてなにもできなかった。南城市玉城喜良原、4月頃。

◎ スパイ容疑で銃殺

中頭の人(当時七十歳くらい)が第一中隊の陣地前に来て、壕を覗き回っていた。そこへ普段から根性の悪い田盛兵長が便所から出て来るところを、そのオジーと出会い、すぐ、スパイとして捕まえてしまった。小隊長に申し出て「これはスパイだ、何故民間人がこんなところを覗き見するのか」ということでこのオジーは洞窟の入り口の木に縛らられていた。

 

私は気の毒に思っていた。このオジーは共通語を話せなかったので、兵長の言うことが分からなかったようである。兵長の言うのに返事もできなければ、説明もできずに兵長の言われるままになって縛られていた。私は便所に行きながら「オジー・ヌーンチ・ウマンカイ・メンソーチャガ」(叔父ー・なんでここに来たの)と尋ねたら、オジーさんは「ニーサンヤ・ウチナーンチュルヤルイ」(お兄さんは沖縄の人かね)と言っていた。

 

ジーの話では、「私は中頭にもいられないから、島尻に行こうといって、家族全部で与那原まで一緒に来たが、砲弾で皆散りじりになり、行く先は玉城方面と聞いたが、こちら辺りにいるのではないかと、壕のありったけを探していたんだ、…… 兄さん、自分は方言しか話せないから、兄さんが訳を話してくれないかかと頼んでいた。しかし、日ごろからこの兵長は、性の悪い人間だったので、初年兵の私には怖くて、オジーの頼みも請うことができず、今でも心残りのする出来事だった。

そのオジーは、三日くらい水ばかり飲まされ、そのまま縛り付けられていた。後で聞いたが銃殺されていたとのことだった。

平和祈念展示資料館「生き残った沖縄戦の初年兵」pdf

前田高地から南部まで、奇跡的に生きのびた外間守善の証言。

住民はもっと可哀想だった。子どもをつれた女や老人が、艦砲が落ちる戦場をさまよっていました。壕には日本兵が一杯で、追い出されていたのです。沖縄の人は方言しか語せない人もいて、何人かの住民がスパイとみなされて殺された。

南部では、沖縄の女性がスパイだと捕まってきたのを、私が通訳して助けてあげたことがある。中部では、やはりスパイといわれて引きずられてきた老人も助けました。

外間守善の言葉 沖縄戦と沖縄学 地獄の前田高地と沖縄語の美のはざまで - Battle of Okinawa

 

沖縄人だというだけで「スパイ」

那覇市天久の壕でのこと。大城さんが壕の入り口の1つを開けると「誰だ!」と中から日本兵の声。「避難民です」と言うと「何、避難民か。動いたら撃つぞ」と言われ、出てきた日本兵たちが大城さんの上半身を裸にして電話線でうしろ手に縛った日本兵は「貴様、スパイだな」と言うばかりで、違うと言っても信じてもらえなかった。どうにもできずにいると、3日前別の壕で話をした日本兵がきて「この人のことは私が保証する」と口添えしてくれて、ようやく解放された。直後、同様にスパイの疑いがかけられた沖縄の青年が日本兵に連れられ壕から出るのを見た。
10メートルも行かないうちに銃声がし、振り向くと沖縄の青年は死んでいた。大城さん『スパイ容疑をかけられて生きている人はごく少ない。私は幸い生きているし、同じ容疑で人が捕まって殺されるのを目撃しているから話せる。前も後ろも敵だったが、途中からは日本兵の方が怖かった。戦争になったら人間が人間じゃなくなる』

スパイ容疑をかけられた私 |戦争|NHKアーカイブス

 

笑っただけで「スパイ」

喜瀬宏さんは「南方で乗っていた船が敵の攻撃で沈没、死線をさまよった体験もあって、豪傑肌の人」と言う。沖縄戦が始まってからも砲火に憶することはなかった。時折、壕の外に出て艦砲のもようを眺めていることもあった。ある日、少し走っては隠れ、また走り出す陸軍将校のようすが、あまり憶病に見えたのか、高笑いして見ていた。それが「スパイだ」と疑われ、あやうく殺されかけたこともある。

沖縄地方気象台 - Battle of Okinawa

 

外国語を喋るだけで「スパイ」

ある日隣に住む親戚を頼って一人の少年が来ました。この少年は知念村の出身で父親はペルー帰りで外語が話せるというので漢那の収容所の班長を命ぜられ避難民の配給や住居の世話をしていた。それを知った日本兵が山の麓に呼び出しスパイだといって日本刀で斬ったということでした。それからは日本兵が恐くなり彼等の行動を信じなくなりました。

沖縄戦証言『玉城村史』玉城村 (2004年) - Battle of Okinawa

 

白い服を着ていただけでスパイ

白い布は投降するための白旗として使われうるため「不吉」だと思われる。

何かあるとスパイ嫌凝をかける時代で、内心こわくなりながらも意地になっていた。… あの当時、校長は自いシャツを着けていただけで、 スパイ嫌凝をかけられ、大変困っていた。

戦争証言 宮古島 ( 3 ) - Battle of Okinawa

天久先生は、白は清純だというお考えから、御真影を運ぶとき白い風呂敷で包んだそうですね。処が、その事も、軍がスパイよばわりする因だったんだそうですよ。白は不吉だということで。天久先生は、白は清純だというお考えから、御真影を運ぶとき白い風呂敷で包んだそうですね。処が、その事も、軍がスパイよばわりする因だったんだそうですよ。白は不吉だということで。

戦争証言 宮古島 ( 1 ) - Battle of Okinawa

 

食糧の供出を拒んだだけでスパイ

結局、最終的にはこれに行きつく。

日本兵毎日のように住民の避難小屋に食糧徴発にやってきました。あと一週間したら (本土から) 連合艦隊がやってくるから隠してある食糧は軍に供出しなさいと、デマをとばすのはまだましな方で、刃物をつきつけたり、手榴弾をふりかざしたりして乏しい食糧を奪っていくのがいました。私の家もやられましたが、床下から天井までさがしてもっていくわけですが、とくに米軍陣地から命がけで盗んできたカンヅメを途中で待ち受けてっていくのもいました。お前はスパイだろう、敵に通じているだろうと脅かして強盗を働くわけです。

これは後で捕虜になってからですが、避難小屋に蒲団を取りに行く途中、日本兵の小屋の前を通りかかったんですが、そこは住民の小屋より四、五倍も大きいもので、二段式の寝台まで付いて十二、三名の敗残兵が住んでいるようでした。その小屋の後にアメリカのカンヅメが山のように積まれているのを見て憤慨したのを覚えています。私らがカンヅメを持っているのがみつかるとすぐスパイ扱いにされたのに、彼らはそれを取りあげてたらふく食っていたわけです。実際にカンヅメを持っているというだけでスパイ扱いされて処刑されたという話もありました。

沖縄県史 国頭村 - Battle of Okinawa

 

女性というだけでスパイ

極限状態でミソジニーが極まり、女性スパイ陰謀論が横行する。

スパイは沖縄出身の妙齢の婦人で、彼らは赤いハンカチと、小型の手鏡をもっていて、陰毛をそり落としているのが特徴である、という情報がまことしやかに流れて、私たちもそれを信じていた。激しい戦闘がおわった28日の夕ぐれどきのことだった。雨が小降りになって硝煙がたれこめたわが頂上陣地の中ほどで、突然、自動小銃音が、パパパパンと鳴りわたった。「スワ敵襲」とばかり、南側の稜線陣地にいた私たちが、おっとり銃で駈けつけたところ、すでに惨劇はおわっていた。スパイをしたという住民の密告で住民の60歳くらいの老人が、狂暴化した兵隊に処刑されたのである。ついに味方が味方を殺す修羅場が現出しはじめた。

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 216頁より》

女性がスパイかどうかを確認するために、陰毛まで調べるという愚劣な口実が醸造される。

そのころ、「赤いハンカチと手鏡を持ち、陰毛をそった女性があれば通報すること」との伝達があった。それはスパイだと言う。まじめな顔で、そんなことが将校の口から出るようになっていた。

一中鉄血勤皇隊 急造爆雷を背負わされ - Battle of Okinawa

戦場にいる女性は慰安婦かスパイ、という構図に落とし込められる沖縄の女性たち。永岡隊の隊長は那覇の安国寺住職で沖縄一中教諭であったため助かったケース。

山部隊という所から患者を運んだお姉さんたちが戻る時、焼野原になった首里の町で隠れる場所がなくて迷っていたら、日本兵にスパイではないかと疑われて永岡隊の所に連れてこられました。焼野原になったあんなところを女が二人でうろうろしているということは、スパイに違いないと疑われました。石部隊の渡辺という少佐に散々悪口を言われて、このお姉さんは自分が持っている手りゅう弾をぶつけてやろうという気持ちになって、方言で「殺してやろう」ともう一人のお姉さんに言ったところ、永岡隊長が方言を使ったけどどこの出身かと聞かれました。そして「いきさつを方言でもいいから話してごらん」と言いました。そうすると、その人は隊長の中学生時代の同級生の子どもだった。同級生の弟さんも小学校の校長をしておられた。永岡隊長と縁のある人だった。「お前らはスパイか慰安婦だ」と疑われていたのですが、その証言でスパイ嫌疑が晴れ、そのお姉さんたちは永岡隊に合流することになりました。看護のベテランだったので大変助かりました。

長安子さん講話「永岡隊での活動」(2019年) pdf

 

米国海兵隊: Civilian woman with child on back and one walking. Taken d plus l at l plus 5
子供を背負う女性。上陸6日目。1945年 4月 2日

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

 

子どもや幼児でも「スパイ」

「私は、四歳で『スパイ』として処刑された」。沖縄県読谷村(よみたんそん)出身の仲本政子さん(74)=大阪市=は、悲しげに笑う。日本兵が住民を虐殺した「渡野喜屋(とのきや)事件」で生き残った。

1945年5月12日 渡野喜屋の住民虐殺 4歳でも「スパイ」 - Battle of Okinawa

沖縄戦時の久米島は、島に駐屯する日本軍34人によって支配されていた。陸軍中野学校出身の残置諜報工作員が送りこまれ、住民20人が「スパイ容疑」で殺害された。なかには「終戦」後の8月20日朝鮮人家族7人の皆殺しも含まれている。住民虐殺は日本軍による組織的犯罪であった。

久米島の戦争を記録する会『沖縄戦久米島の戦争: 私は6歳のスパイ容疑者』2021

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■