V-J Day によせて ドキュメンタリー『ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦』

f:id:neverforget1945:20190902135618p:plain

 

人間の苦しみに国境はない。

ではなぜ人間は国と国とで戦争するのだろうか。

 

9月2日

実は今日がアメリカにとっての終戦記念日
太平洋戦争終結の日 V-J Day (Victory over Japan Day) である。

 

一般的に日本では、8月15日 のいわゆる「玉音放送」をもって終戦ということにしているが、実際には、連合国と日本とは、9月2日に降伏調印式を行っているので、この日をもって終戦と考えるのだ。

 

ところが、日ごろからずいぶんと公報戦略ネトウヨアピールに余念がない 在日海兵隊公式 SNS では、なんと今日一日、自国の V-J Day と退役軍人に関しての投稿が一切ないので、驚いている。

 

日本の思いやり予算で雇い入れた在日海兵隊のための広報スタッフは、米軍広報の太鼓持ちをしてくれる日本のネトウヨに忖度するあまり、米軍の V-J Day すら投げ捨てているのだろうか。

 

日本が始めた戦争で、沖縄戦ならびに多くの戦場でおびただしい兵士の尊い命を失った米海兵隊が、今日、終戦記念日だというのに、なんということだろう。

 

ということで、
在日海兵隊のかわりに当クラブがお届けする V-J Day 投稿

 

人間の苦しみに国境はない。
ではなぜ人間は戦争するのだろうか。

 

沖縄から帰還した米兵たち、どんな戦後を生きたのだろうか。

 

太平洋戦争だけではない。朝鮮戦争ベトナム戦争湾岸戦争イラク戦争・・・。先住民のコードトーカーズ から、アフリカ系アメリカ人部隊のバッファロー・ソルジャーズ、タスキーギの戦闘機乗り、日系アメリカ人の M.I.S. や 442 連隊・・・

 

延々と続くかに思える過去から現在に至るすべてのアメリカの戦争と米退役軍人の心の苦しみにも、心を寄せたいと思う。

 

ご覧ください。

今日は V-J Day である。

  

f:id:neverforget1945:20190809081102p:plain

#110919 ピュリッツァー賞作家デール・マハリッジの沖縄

 

日本兵を殺した父 ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦と元兵士たち  [ デール・マハリッジ ]

 

国防総省の準機関紙 Stars and Stripes星条旗新聞』。沖縄では何かと読む機会も何かと多い星条旗新聞だが、そのFacebook などのコメント欄などにもよく書き込まれるのが、戦場経験者 PTSD の生々しく切実な状況であり、いつか機会があればまとめてみたいと思っている。

 

戦争は兵士の心まで深く切り裂く。

 

例えばここでは米海兵隊が海軍アカデミーで行った、太平洋戦争時の新兵器 flamethrower (火炎放射器) の再現デモンストレーションを見てみよう。

 

これが沖縄戦にも大量に導入された。そしてこの兵器のターゲットとなったのは、日本兵や住民の区別もない、生身の人間だった。つまり兵士たちは等身大の人間を生きながら焼き殺す兵器を自分の背中に背負ったのである。

 

 

【意訳】アメリ海兵隊ヒストリカル・カンパニー、海軍アカデミー史学部、そして米海兵隊は海軍アカデミーで米海兵隊歴史的兵器イベントを主催しました。 その他のビデオについては、www.usna.comをご覧ください。 植民地時代から今日にかけて海兵隊が使用した兵器のスタティックな展示にくわえ、サイパン、ペレリウ、硫黄島、沖縄で使用された第二次世界大戦火炎放射器のデモンストレーションが、ファラガットフィールドで行われました。

WWII Flame Thrower Demonstration - YouTube

 

こういうデモンストレーションは観客受けするのだろうか。注目したいのは、コメント欄。

 

f:id:neverforget1945:20190902105137p:plain

【意訳】父が私に話してくれたんだけど、これこそが第二次世界大戦時の太平洋戦域での祖父の仕事だったって。そして父が子どものころ、よく大声で叫んではねおきる父親のことを覚えていると語ってくれた。

 

米軍か記録した沖縄戦の数々の白黒写真を公文書館で見ることができるが、これらの白黒写真を現時点の AI でカラー化しても、うまく再現できないのが、この火炎放射器 (flamethower) の恐ろしい火炎である。米国スミソニアン博物館、日本軍が壊滅したペリリュー戦のカラー映像から。

 

www.youtube.com

 

f:id:neverforget1945:20190902092902p:plain

 

f:id:neverforget1945:20190902232424p:plain

糸数さんが今の糸満市で投降し壕から出た時に見た光景。米兵が、赤ちゃんを背負っている中年男性のポケットを触っていたかと思うと少し後ずさりしてこの男性ののどを撃ち抜いた。のどからは鮮血が噴き出し、男性は間もなくうつぶせに倒れて動かなくなった。後に大人たちから聞いた話では「殺された男性は日本兵からもらった『自決』用の手榴弾をポケットに入れていたのではないか」ということだった。糸数さん『戦争が無くならない今の世の中を思うと、将来も戦争は繰り返されるのではないかと不安な気持ちに駆られる。しかし、戦争の悲惨さを地道に切々と語り伝えれば、戦争を知らない世代にもきっと伝わると信じている』

米兵に撃たれた男性 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

NHKスペシャル (2011)

昔 父は日本人を殺した ~ ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦 ~ 


近現代史の戦争の中で、もっとも凄惨な戦いとされる沖縄戦。日本側の死者は18万人以上、米軍側の死者も1万人を超える。


ピュリツァー賞作家、デール・マハリッジは海兵隊員だった父が死ぬ直前、「自分は太平洋戦争末期、沖縄戦に加わり、多くの日本人を殺した」と告白を受ける。デールの父は、戦場から持ち帰った多くの遺品を遺族に返してほしいと言い残し、息を引き取った。父は生前、デールに一度も笑顔を見せず、絶えず何かに怯え続けていた。

 

父をあれほど、苦しめたものは何だったのか、デールは父と同じ部隊の生き残りを探し、全米を訪ね歩いた。その結果、父の所属した部隊は沖縄戦240人中31人を除いて、みな戦死したこと、生き残った人たちも多くがPTSDに苦しみ続けたことを知る。

 

今年4月、デールは父の託した遺品を持って、初めて沖縄の地を踏んだ。それは、デールが全米で集めた貴重な証言や資料と、日本側の証言を付き合わせ、これまでベールに包まれてきた沖縄戦の実像を浮かび上がらせる旅でもあった。

 

アメリカと沖縄のデールの旅に密着しながら、沖縄戦の過酷な現実をアメリカ人ジャーナリストの目線から、浮き彫りにする。

 

 

  

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

 

アメリカ軍/沖縄戦
カール・ブラザーズさん「銃撃した住民や子供」

アメリカ軍/沖縄戦
フランク・ヘイグラーさん「部下半数を失った激闘」

アメリカ軍/沖縄戦
トム・プライスさん「手榴弾投げ合う安里の戦い」

アメリカ軍/沖縄戦
フェントン・グラナートさん「米兵が起こした婦女暴行」

アメリカ軍/沖縄戦
エド・ホフマンさん「爆弾と火炎で壕封じ込め」

アメリカ軍/沖縄戦
チャールズ・レパントさん「夥しい数の日本兵の死体」

アメリカ軍/沖縄戦
グレン・ニュートさん「南部で自決した住民たち」

アメリカ軍/沖縄戦
ジョー・ドラゴさん「住民を巻き込んだ戦場」

アメリカ軍/沖縄戦
ジャネット・キープさん「戦後悪夢にうなされた夫」

アメリカ軍/沖縄戦
マール・ライキンさん「民間人が混在した戦場」

アメリカ軍/沖縄戦
ジャック・エバソールさん「崖下に見た多くの遺体」